コラム

【災害時】ペットの避難と防災対策

この記事は2017年1月18日の記事を再編集しました。

日本は地震が多く、これまでもいくつも大きな震災が起こりました。もちろん、これから先も震災が起こる可能性は高く、災害時にはペットを守り、一緒に避難をする必要があります。

いざという時に困らないように、日頃からペットとの避難について考え、必要な防災グッズを揃え、使える状態にしておくことが大切です。

【災害時】ペットの避難と防災対策

ペットの同行避難

日本では住んでいる場所がどこであっても、地域ごとに災害時の避難場所が決められています。多くの場合、近くの公共施設や小学校、公民館です。

災害時に大切なのが「ペットの同行避難が可能な避難場所であるのかどうか」ということです。予め指定されている避難場所へペットの同行避難が可能であるかを確認しておくようにしましょう。

「緊急時だから大丈夫」「ペットも家族だから」という考えは飼い主さんだけに過ぎません。もちろんペットは家族の一員でありますが、家族以外の全ての人たちがペットを受け入れているわけではありません。

世の中には犬や猫によるアレルギーを持っている人もいますし、災害時のような緊急時には人間が優先されることが多いです。そのため、事前に近くの避難場所にはペット同行避難が可能であるのかどうかを確認しておくことで安心できます。
また、決められた近くの避難場所では同行避難ができなくても、他の場所で許可していることもあります。

近くの避難場所での同行避難ができない場合には、少し離れていてもペットの同行避難が可能な場所を見つけておくことで、安心して避難することができるようになります。

避難ルートと避難場所の確認が大切

地域の自治体によっては、災害時の避難の関する「防災計画ガイドライン」を公開しているところがあります。WEB検索をすることで確認が可能です。

この時気をつけておきたいのが、避難場所の管理は、県や郡単位ではなく、市区町村ごとになるという点です。役所の代表番号へ問い合わせ、「災害時のペット同行避難について知りたい」と伝えると、担当部署へ回してもらうことができます。

役所へ問い合わせをする際には、以下の項目を確認の上、避難対策を立てましょう。

  • 同行避難の可否
  • 避難所にペット用の備蓄があるか
  • 避難中のペットの待遇

チェック

ペットの同行避難が環境省によって推奨されているとはいえ、まだまだ浸透していないのが現状です。そのため、自治体によっては担当部署が存在しないところもあります。

それでも災害時の避難は、ペットと同行避難が一番良いです。

※東日本大震災の際、福島では「すぐに帰れるだろう」とペットを自宅に残し、避難した結果、立ち入り禁止区域に指定されてしまい、ペットが取り残されてしまうということがありました。このようなことからも、災害時にはペットと共に避難をするのが良いでしょう。

災害時の防災グッズと備蓄品の準備

災害時に大切なことは、ペットを連れて避難することだけではありません。避難をする際のペット用防災グッズを準備しておくことも重要です。

災害時の備蓄は、「最低でも一週間分の蓄えがあると安心」と言われていますが、東日本大震災では二週間物資が届かなかったところもありましたので、二週間以上の蓄えがあると安心できると思います。(最低でも一週間分)

防災グッズとして準備しておきたいもの

  • ドライフードとウェットフード
  • フード入れ
  • 常備薬
  • 予備のリードと首輪
  • キャリー、ケージ
  • ペットシーツ、猫砂など
  • ポータブルトイレ
  • 保温用具やタオル
  • ビニール袋
  • 写真(ペットが行方不明になってしまった時に探すため)
  • 病歴のわかる手帳など

マイクロチップで逸れてしまった時に備える

マイクロチップは、そのペットの所有者等のペット自身の身元情報を皮下に埋め込むものです。

マイクロチップをペットの皮下へ埋め込むことに抵抗のある飼い主さんも多いと思います。しかし、万が一災害時にペットと逸れてしまった場合、マイクロチップはとても有効な手段であることは間違いありません。(マイクロチップに抵抗がある場合には、迷子札も有効です。)

※参考記事
マイクロチップを使うメリットとデメリット

災害時は動物もパニック状態に陥っているため、逃げ出してしまうことも考えられます。災害時だけでなく、ペットが行方不明になってしまった時、写真等を用意しておくことで捜索することもできますが、予めマイクロチップや迷子札を付けておくと安心です。
※犬の場合は、狂犬病予防法によって鑑札及び注射済表の装着が義務付けられています。

避難所ではルールやマナーを守りましょう

避難所へペットと同行避難ができた場合、避難所でのルールやマナーを守りましょう。一人の飼い主さんの勝手な行動が原因で、他の飼い主さんやペットたちにまで迷惑をかけてしまうこともあります。

最低限のしつけと訓練を身に付けさせておく

避難所で飼い犬を放して走り回らせたりしたことで、他のペットたちまで避難所を追い出されてしまったという悲しい事例もあったようです。

もしもの時のことを考え、最低限のしつけと訓練を日頃から行い、身に付けさせるようにしましょう。

ここで言う最低限とは、「おいで」「待て」「ハウス」等に加え、他人慣れをさせ、無駄吠えや噛み癖がないようにしておくことを指します。この訓練は最低限行い、身に付けさせておきましょう。

ペットを安心して眠らせる

避難所での生活は、人間にとって過酷ですがペットも同様です。特に、眠れないことから夜鳴きをしてしまう場合があり、こうなると周囲に迷惑をかけてしまいトラブルになる可能性が出てきます。

そのため、日頃から安心して眠らせるための策を講じる必要があり、災害時に備えてシミュレーションしておくことが必要です。

安全のためにも、キャリーやケージが安心できる場所であり、落ち着いて眠れるところであるということを覚えさせ、慣れさせておくと、いざという時にも安心できます。

少し難易度が高いですが、避難所でも普段と同じ環境を作ってあげるのも一つの方法です。
たとえば、ペットがお気に入りのタオルや毛布がある場合には、予備を用意しておくと役に立ちます。もちろん、飼い主さんがなるべくそばについて安心させるといった気遣いも大切です。

避難所でのニオイやペットのトイレ問題

避難所は閉鎖された空間なので、ニオイに関して敏感になるのは当然です。そのため、ペッとと同行避難をした際に、鳴き声に次いでトラブルになるのが「ニオイとトイレ」の問題です。

避難所にはアレルギーを持った人、動物嫌いな人もいるかもしれません。「気にしすぎかな?」思うくらいがちょうど良いのかもしれません。

ペットの同行避難が可能な避難所では、ペットのトイレ用スペースが設けられていることが多いので、そこでトイレを行い、後始末を丁寧に処理する必要があります。トラブルを生み出さないためにも、トイレ処理は丁寧に、きちんと行うようにしましょう。

トイレ問題で必ず守るべきことは、居住エリア内で粗相をさせないこと、もしも粗相してしまった場合には、速やかに片付け処理をし、ニオイが残らないようにしましょう。
尚、フンの始末については避難所の管理者が指定する方法で処分をするようにしましょう。

おわりに

災害時を想定して普段からできることはたくさんあります。自治体によってはペット同行避難が可能な避難訓練を実施しているところもあります。

避難訓練のような行事へ積極的に参加をすることは、近隣住人との交流や情報交換もでき、仮にもマイナスになってしまう要素はないと思います。そして自治体での避難訓練が無い場合には、ペットを連れて避難ができるかというシミュレーションをしておくことが大切です。

災害時は、人間だけでなくペットも怖い思いをし、パニックになってしまいます。そのため、普段はしないような、人を咬んでしまったり、吠えたり、威嚇したりという行動を取ることもあります。

普段と違う行動がみられたら、むやみやたらに叱らず、まずは安心させてあげるようにしましょう。防災グッズの中に、ペットがお気に入りのおもちゃを予め準備しておき、リラックスさせるのも一つの方法です。

万が一の災害時に、悲しい思いをするペットや飼い主さんを減らすためにも、今一度防災対策について考えてみてください。家族も含め、周りの人、ご近所さんとも防災について話し合いができると良いと思います。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加