コラム

加入前にチェック!ペット保険の加入条件

この記事は2016年5月18日の記事を再編集しました。

医療技術が発達することによって、犬や猫といったペットたちもより良い治療を受けることができるようになってきました。しかし、動物病院は自由診療となるため、ペット保険へ加入していない場合には、治療費の全額(10割)を飼い主さんが負担することとなります。

手術を必要とする大きな治療の場合には、治療費用も高額となるため、ペット保険で備えておくことをおすすめします。

今回はペット保険の加入前に確認しておきたい「加入条件」についてまとめました。

加入前にチェック!ペット保険の加入条件

小動物や爬虫類のペット保険もあります!

犬や猫以外のペットを飼われている方も最近は増えていますね。ペット保険というと、やはり犬や猫のイメージが強いと思いますが、加入ができる動物の種類は、保険会社によって少しずつ異なります。

ペット保険の加入対象動物は、基本的には犬と猫に限定していることがほとんどです。しかし、興行用の動物や闘犬はペット保険の加入が認められていません。

イグアナまた、一部の保険会社ではうさぎやハムスターのような小動物や、インコ等の鳥類、カメやイグアナ等の爬虫類を対象とした保険プランを扱っている会社もあります。

※月々の保険料は犬の場合、一定金額という保険会社もありますが、大きさや体重、犬種によって変化することがほとんどです。

ペット保険、加入年齢の制限

ペット保険の加入はいつするのが良いのでしょうか。ペット保険には加入年齢の制限があります。

ペットが若く、健康なうちは病院へ行く機会もあまりないので、「医療費が嵩む」という実感がなく、医療費の負担は想像よりも軽いものと感じることがあります。
そのため、ペット保険への関心も薄く、保険へ加入することを「大袈裟」と思う方もいます。

しかし、ペット保険はそれぞれの会社によって定める加入条件があります。中でも重要なのが加入時の「年齢」です。
持病がなくとも、加入条件の年齢以内でない場合には、加入が認められないことがありますし、一定の年齢以上のペットは指定された動物病院で検査を受けた上で加入審査が行われることもあります。

ペットが高齢となり、老化による不調などが生じた際に、医療費の負担を実感するようになってきます。しかし、その時には既に加入できる保険会社の選択肢が狭まっている状態となってしまうのです。

新規加入時の年齢上限は、平均すると犬は10歳、猫は8歳くらいとなっていることが多いです。

新規加入時点の年齢がすでに高齢である場合、保険料が高額になることや、健康診断書が必要となることがあります。そもそも保険加入自体が厳しくなってしまうことも多いため、ペット保険は若い年齢のうちに加入することが薦められているのです。

ペットの平均寿命が伸びたこともあり、終身型の保険が主流となっていますが、保険継続に上限を設けている保険会社もあるので、加入前にはこちらもきちんと確認しておきたいところです。

ペットの平均寿命

ペットを飼う時は「終生飼育」することが当然です。ペットが寿命を迎えるとき、自分は何歳になっているのか、それまでペットの飼育に支障や不安がないかを考えるものです。
ペットの平均寿命は以下のように言われています。

  • 小型犬、猫
  • 13~15歳(日本では20歳を超える猫の数が増えています。犬は20歳を超え、ギネス認定されたこともあります。)

  • 中型犬
  • 10~13歳

  • 大型犬
  • 7~10歳

ペットの死因に「老衰」の比率が増えていることからも、ペットの長寿化が伺えます。寿命を全うすることなく死亡した場合の原因も、「交通事故」や「フィラリア症」など、本来の健康にかかわる理由ではないものが大半です。

医療費負担が増えるのははシニア期に入ってから

ペットが若くて健康な頃にかかる医療費は、毎年の狂犬病ワクチンやフィラリアの予防薬、ノミダニの駆除薬等で、年間10000~20000円程が平均です。概ね、6~7歳頃まではこの程度の予算が続きます。

その後、年齢を重ねると次第に胃腸の調子を崩すようになり、通院の回数が増え始めます。この頃は、1~2度の通院と薬の処方で、数千円程度で賄える範囲の医療費になると想定されます。

しかし、10歳を超えると体にしこりができることや、皮膚被毛に関するトラブル、白内障等の症状が出てくるようになります。中には、初期の痴呆が始まることもあります。
保険証
このように、医療費が生じる治療が必要になるのはシニア期に入ってからであることが多いのです。「ペットの医療費が高い」「保険がないので工面が大変」という言葉の意味を実感するのは、ペットがシニア期になってからということができます。

もちろん、シニア期に限らず少し若い年齢で病気を発症するようなこともありますので、やはり若い段階でペット保険に備えておくと安心できます。

年齢条件がない保険も

ペット保険の取り扱いをする保険会社やペット保険専門の保険会社が増えてきたことによって、保険商品の種類も様々です。中には年齢制限が無く加入できる保険や、健康であればいつからでも加入できる保険も増えています。

ペット保険の加入検討をする際は、年齢を理由に諦めてしまうのではなく、年齢条件が無い保険があることも前提に探してみるのもよいと思います。

補償内容はしっかりと確認!

ペット保険のサービスは、多様化したことによって補償内容も各会社ごとに大きく異なっています。ペット保険検討時には、以下を必ず確認しておきましょう。

補償対象になる病気

ペット保険には、医療費の補償に関する条件が定められています。

病名ごとに補償の可否が決められている場合や、治療期間、治療費用の上限、治療方法等、対象が限定されていることもあります。
そのため、病気によっては保険適用外となり、補償を受けることができないこともあります。

また、保険商品によっては病気の補償があるものの、ケガに関する補償はないというものもあるので、予め補償対象となる病気について確認しておきましょう。

保険料の金額

保険商品によって保険料の金額は数百円と安価なものから、高いものでは10,000円近くなるものもあります。加入している年齢が高齢になると、既に支払い済みとなっている保険料の総額が、医療費負担の実費を上回ることもあります。

補償内容を確認し、保険加入の必要性を考え、保険料額が適正であるかを判断しましょう。

補償内容(補償割合)

各保険会社、各保険商品によって補償される医療費の金額は大きく異なります。医療費の全額を補償するプラン、病気によって補償金額が決められているプラン、半額まで補償されるプラン等、様々です。

この点は、支払う保険料と併せてしっかりと検討しましょう。

保険金(医療費)の給付方法

ペット保険の保険金給付方法は以下の2つとなります。

  1. 立て替え払い
  2. 病院を受診した当日、飼い主自身が医療費の全額を立て替え払いし(全額自己負担)、後日保険会社へ保険金請求をする方法。この方法が一般的です。

  3. 窓口精算
  4. 窓口精算に対応している保険プランへ加入すると、保険会社から保険加入証が発行されます。
    病院の精算窓口で、この保険加入証を提示すると、当日飼い主への医療費請求が生じず、動物病院から後日保険会社へ直接請求されるようになるため、飼い主側での請求手続きの手間を省くことができます。
    (※ただし、50%補償プランの場合は、医療費の50%を自己精算することとなります。)

このように、立て替え払いと窓口精算という方法がありますが、窓口精算が可能な保険プランは一部の保険会社にしかありません。

一例となりますが、犬が骨折をし、手術を受ける治療をした場合、平均30万円程の医療費がかかります。この金額を一時的に飼い主が立て替えて支払うのか、それとも保険会社へ直接請求がされるのかでは大きな違いがあります。ガンのような治療も高額治療となりので、同様です。

通院・入院・手術、3つの補償

ペット保険で補償してくれるのは、主に「通院・入院・手術」です。特に、手術は治療費が高額になるところでもあるので、しっかりとその補償内容を確認しておきましょう。

通院

ペットを飼っていて一番多く病院を利用するのは、通院の時です。通院の補償は、獣医師による診察を受けた際の治療費を補償してくれます。

入院や手術と比べると支払う治療費が最も低くなるので、保険会社によっては通院補償を含まない保険商品を扱っているということもあります。

保険料を少しでも安く抑えたいという場合には、通院補償が含まれていないものを選ぶという方法もありますね。

入院

入院の補償は、日数によって保険金額が決まる場合と、入院から退院までを1回とみなして保険金額が決まることがあります。

長期入院が必要になることを考慮する場合には、後者を選ぶことをおすすめします。

手術

手術が必要となる場合、その治療費は高額になることが多いので予め準備をしておきたいものです。

ガン手術は別とし、その他の手術とは分けて支払い設定がされていることもあるので、確認をしておくようにしましょう。

まとめ

保険商品によって補償内容は異なります。ペット保険加入前には、きちんと補償内容を確認しておくことが大切です。そして、保険への加入が早期であるほど、より負担の少ない条件で加入することができることも多いものです。

ペットが若く、健康なうちに是非ペット保険について考えておきましょう。

■関連記事
犬・猫の去勢手術
ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加