コラム

ペット保険の加入対象【高齢でも加入可能?】

この記事は2016年5月18日の記事を再編集しました。

近年、医療技術の発達によってペットもより良い治療を受けることができるようになりました。しかし、動物病院は自由診療となるため、ペット保険へ加入していない場合、治療費の全額を自己負担することになります。
手術のような大きな治療の場合、費用もかかるためペット保険で備えることがおすすめです。

ペット保険の加入対象となる動物、そして加入するペットの年齢制限や補償内容について紹介します。

ペット保険の加入対象【高齢でも加入可能?】

犬と猫が中心、小動物や爬虫類も【加入対象の動物】

家庭によって飼っているペットの種類は様々です。どんな種類の動物でもペット保険へ加入ができるのでしょうか?

ペット保険の加入対象動物は、保険会社により少しずつ内容が異なります
基本的には犬と猫に限定している保険会社がほとんどとなり、犬と猫に限っては血統種もミックスも加入することが認められています。また、介助犬・聴導犬・盲導犬なども加入対象に含まれます。
加入が認められないのは興行用や闘犬です。

一部の保険会社では、うさぎやハムスターのような小動物や、インコなどの鳥類、カメやイグアナなどの爬虫類を加入対象とした保険プランを扱っている会社もあります。

月々の保険料は犬の場合、一定金額という保険会社もありますが、大きさや体重、犬種によって変化することがほとんどです。

ペット保険には加入可能年齢の制限があります

ペット保険はどのタイミングで加入するのがよいのでしょうか。年齢制限についても気になるところです。

ペットが若く健康なうちは医療費が嵩む実感がわかず、逆に医療費の負担が想像よりも軽いと感じるものです。
そのため、ペッと保険への関心も薄く、保険加入を”大袈裟”と思う方もいます。しかし、ペット保険は、それぞれの会社によって定める加入条件があります。中でも一番重要なのが「年齢」です。

持病が無くても年齢によって一律加入できない場合、一定の年齢以上のペットは指定された動物病院で検査を受けた上で加入審査が行われる、といったこともあります。つまり、ペットの老化や不調を機に医療費の負担を実感するようになる頃には、加入できる保険会社の選択肢が狭まってしまうことになります。

新規加入年齢上限は、犬は10歳、猫は8歳くらいくらいとなっていることが多いです。新規加入時の年齢が高齢になると、保険料が高額になったり、健康診断書が必要となることがあり、そもそも加入すること自体が厳しくなってしまうので、年齢の若い時期に加入することをおすすめします。

ペットの平均寿命が長くなり、終身型の保険が主流となっていますが、継続に上限を設定している保険会社もあるので、加入前にはきちんと確認をしておきたいところです。

ペットの平均寿命

ペットを飼い始めるタイミングは、結婚や自宅の購入、子どもの進学などのタイミング以外に「定年」という時もあります。第二の人生のパートナーとしてペットを飼うというスタイルも増えています。
どのようなタイミングであれ、ペットを飼う時には「終生飼育」と考えるのが当然です。ペットが寿命を迎えるとき、飼い主である自分は何歳になっているのか?それまでペットの飼育に支障や不安が無いか?と考えるものです。

ペットの平均寿命は延びる一方で、以下が平均寿命と言われています。

  • 小型犬、猫は13~15歳
    (日本では20歳を超える猫の数が増えています。犬は20歳を超えギネス認定されたこともあります。)
  • 中型犬は10~13歳
  • 大型犬は7~10歳

また、ペットの死因に「老衰」の比率が増えていることから、ペットの長寿化が伺えます。寿命を全うすることなく死亡した場合の原因も「交通事故」や「フィラリア症」など、本来の健康にかかわる理由ではないものが大半です。

医療費が嵩むのは、シニアになってから

ペットが若く健康なうちにかかる医療費は、毎年の狂犬病注射やフィラリアの予防薬、ノミダニの駆除薬で、年間10,000~20,000円程でしょう。概ね、6~7歳ころまではこの程度の予算が続きます。
その後、6~7歳を過ぎた頃から次第に胃腸の調子を崩すようになり、通院の回数が増え始めますが、この頃は1~2度の通院と薬の処方で数千円程で賄える範囲です。

しかし、10歳を超えると体にしこりができることや、皮膚被毛に関するトラブルや白内障などの症状も起こり始めます。中には、初期の痴呆が始まることもあります。

つまり、高額な医療費が生じるのはシニアになってからとなります。「ペットの治療費が高い」「保険がないので工面が大変」という言葉の意味を実感するのは、ペットを飼い始めた頃ではなく、シニアになってからということができます。

年齢条件の無い保険も

ペット保険の取り扱いをする保険会社やペット保険専門の保険会社も増えたことによって、保険商品の種類も様々です。中には「年齢制限無く加入できる保険」や「健康であればいつからでも加入が可能な保険」も増えています。

ペット保険の加入を検討するときは、年齢を理由に諦めてしまうのではなく、年齢条件の無い保険があることを前提に探してみるのもよいでしょう。

加入前には補償内容をしっかり確認!

保険サービスが多様化したことで、補償内容も会社ごとに大きく異なっています。加入前には以下を必ず確認しておきましょう。

保証される病気

大抵の保険には、医療費の補償に関する条件が定められています。
病名ごとに保証の可否が決められている場合、治療期間、治療金額の上限、治療方法などの対象が限定されていることもあります。
そのため、病気によっては保険適用外となり、治療費の補償を受けることができない場合もあります。中には、病気は保証するものの、ケガに関しては保証しないということもあります。

支払い保険料

保険料の金額は数百円と安価なものから、10,000円近いものもあり、様々です。加入年齢によっては、支払い済み保険料の金額が、医療費負担の実費を上回ることもあります。
補償内容を確認し、保険加入の必要性があるのか、保険料額が適正かを判断しましょう。

補償内容(補償割合)

保険会社によって、補償される医療費の金額が大きく異なります。保険料を支払うことで、医療費の全額が補償される場合、病気によって補償金額が決められている場合、半額まで補償される場合など様々です。
この点は月々の保険料と併せてしっかりと検討しましょう。

医療費(保険金)の給付方法

ペット保険の保険金給付方法は2つあります。
一つは、病院を受診した当日に飼い主自身が全額を立て替え払い(全額自己精算)をし、後日保険会社へ保険金請求をするのが一般的です。二つ目は、保険加入者証を精算窓口にて提示することで、当日の飼い主への医療費請求が生じず、動物病院から保険会社へ直接請求される窓口精算という方法があります。(50%補償プランの場合、医療費の50%を自己精算することとなります。)

しかし、窓口精算が可能な保険プランは一部の保険会社での取り扱いとなっているのが現状です。

一例では、犬が骨折をし、手術を受けた場合の治療費は平均で30万円程です。この金額を一旦飼い主が立て替えるのか、それとも保険会社へ直接請求がされるのかでは大きな違いがあります。ガンなどの高額治療に関しても同様です。

「通院」「入院」「手術」3つの補償

ペット保険の主な補償は通院・入院・手術に対しての補償です。特に、手術は治療費が高額になることがあるので、しっかりと確認しておきたいところです。

通院

動物病院の利用において、一番頻度が高いのが通院です。
通院補償は、獣医による診察を受けたときの治療費が補償されます。
入院や手術と比べても費用が最も低くなるため、保険会社によっては通院補償を含んでいないところもあります。
保険料を少しでも抑えたい場合には、通院補償が含まれていないものを選ぶということもできます。

入院

入院補償には、日数によって費用が決まる場合と、入院から退院までを1回とみなして費用が決まる場合があります。
長期入院が必要になる場合は、後者を選ぶのがおすすめです。

手術

手術の場合、治療費が高額になるので予め準備をしておきたいものです。ガン手術と、それ以外の手術を分けて支払い設定がされていることもありますので、確認をしておくようにしましょう。

まとめ

補償内容は保険プランによって内容が異なりますので、加入前にきちんと確認することが大切です。
そして保険加入は、早期加入であればあるほど、より負担の少ない条件で加入出来ることが多いものです。ペットが若く、健康なうちにぜひ保険に関してしっかりと考えておきましょう。

■関連記事
犬・猫の去勢手術
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加