コラム

家庭でできる、ペットの病気予防対策方法

この記事は2016年12月7日の記事を再編集しました。

ペットフードの改善や医療技術の神秘によって、ペットたちの平均寿命は格段に伸びています。しかし、これは同時に病気にかかるリスクが増えていることを示しています。

では、ペットが病気にかかりにくくするためにはどうすれば良いのでしょうか。今回は病気の予防について紹介します。

家庭でできる、ペットの病気予防対策方法

ペットがかかりやすい病気

獣医と犬と猫近年、犬や猫のようなペットたちも、人間と同じような病気になることが増えています。ペットフードが充実したことや運動不足、そして高齢化によって、これまでは心配することがなかった病気を発症するケースが増えているのです。

では、実際にどんな病気になることが多いのでしょうか。ペット別に見てみましょう。

犬の場合

  • ウィルス・細菌感染 ・・・ 風邪、肺炎、結膜炎など
  • 寄生虫病 ・・・ 寄生虫による貧血、消化障害など
  • 泌尿器系の病気 ・・・ 膀胱炎など
  • 関節の病気 ・・・ 関節痛など
  • 口の病気 ・・・ 歯肉炎など
  • 皮膚病 ・・・ アレルギーなどによる炎症、湿疹など

猫の場合

  • ウィルス・細菌感染 ・・・ 猫伝染性鼻気管炎(猫風邪)、猫白血病など
  • 寄生虫病 ・・・ 寄生虫による貧血、消化障害など
  • 泌尿器系の病気 ・・・ 膀胱炎など
  • 関節の病気 ・・・ 関節痛など
  • 口の病気 ・・・ 歯肉炎など
  • くる病 ・・・ 歩行障害など(幼少期)

このように見てみると、犬も猫も共通する病気が多いことが分かります。また、猫の場合は数種類特有の病気があることも分かりますね。

このような病気になるとどのような症状が出るのか、そしてどのような予防をしたら良いのかを探ってみましょう。

病気の症状と原因、予防対策

ウィルス・細菌感染

症状

ウイルスや細菌によりますが、多くの場合は嘔吐、下痢、血便、炎症、高熱等の症状がみられます。重篤な場合や幼少期、高齢期のペットの場合、死亡することもあるので注意が必要です。

原因

感染経路は複数あります。

  • ウイルスや細菌感染しているものへ直接的、間接的に触れる
  • くしゃみ等による飛沫を浴びる
  • ウイルスや細菌に汚染されているものを食べる
  • 空気感染
  • 血液の輸血や母子感染等

予防

ウイルスや細菌感染を予防するためには、まず予防接種が重要となります。かかりつけの獣医師へ相談の上、必要な予防接種は受けるようにしましょう。

また、住環境を清潔に保つことはもちろん、ペットの健康状態に不安がある時には、ドッグランやペットホテルのような、ペットが多数集まるところへなるべく行かないようにすることも予防となります。

寄生虫病

症状

外部に付くノミやダニ等の寄生虫の場合は、発疹や痒み、脱毛、皮膚のただれが症状として表れます。
腸などの内臓器に住みつく寄生虫の場合は、下痢や貧血、発育不良、体重の低下が表れます。中には発熱や咳、呼吸困難等の症状が出ることもあります。

原因

外部に付く虫の場合、生活環境にノミやダニがいることが原因となります。
体内の場合は、寄生虫を宿す虫や魚等を口に入れてしまう、蚊に刺されるという経路が2大経路となります。

予防

ノミやダニに関しては、住環境を清潔にすること、市販や病院で処方される予防薬を使用することで予防できます。

体内の場合、生ものは与えない等の食べ物管理、そして害虫駆除を徹底してペットが口にしてしまうことのないようにしましょう。

蚊を媒介する寄生虫の場合は、予防薬の接種や投薬で回避することが可能です。

泌尿器系の病気

症状

排泄が困難になり痛みを伴う症状がみられます。腎臓機能が低下して、体内の有害物質を排泄することができなくなります。

また、たんぱく尿が出るようになり、血液中のたんぱく質の濃度が低下するため、むくみや腹水が溜まるような症状も表れます。

原因

細菌感染の他にも、栄養バランスが悪いことや水を飲まなく水分不足になる状態、トイレが汚いことやストレスが原因で引き起こることが多い病気です。

予防

定期的に健康診断を受け、その上で問題がある部分については医師の指示に従いましょう。

生活環境等の改善が主に必要となります。水分補給量が増やせるようにウェットフードに変更することや、ミネラルを含む栄養バランスが取れた食事へ変えることが重要となります。
また、トイレは清潔に保ち、ストレスが溜まらないようにし、ストレス解消も定期的にできるようにすることが大切です。

関節の病気

症状

足腰の関節の違和感や痛みが起こり、動きが緩慢になったり、動けなくなる症状が表れます。

猫の場合は、普段は問題なかった高い場所に移動ができなくなり、犬の場合は、散歩を嫌がるような変化がみられます。

原因

老化によるものでない場合は、肥満によって関節に負担がかかっていることが原因になっていることがあります。また、感染症や自己免疫性疾患による場合は、関節に炎症が出ることもあります。

予防

運動をさせることで筋肉を付け、運動不足を解消し、食事療法等も併用して肥満解消をさせることが予防に繋がります。高齢ペットの場合には、無理にならない範囲でストレッチやマッサージを行い、運動補助をしてあげる等、日々のトレーニングが大切です。

また、カルシウムの過剰摂取が関節炎の原因になっていることもあるので、サプリメント等の服用に注意する必要があります。

ペットの医療費とペット保険

予防に努めていても、ペットが病気になってしまうことがあります。病気になってしまった時に気になるのが、病院での医療費です。

獣医さんと犬&猫ご存知の通り、動物病院の診療は自由診療であり、ペットには公的な保険システムがありません。そのため、病院へかかると医療費は全額自己負担(10割負担)となります。
治療内容によっては一度の通院だけでも、数千円から数万円の医療費がかかることもあります。手術や入院等が必要となれば、数十万円と高額になることもあるのです。

ペットが生涯でかかる費用の平均は、犬の場合は100万円、猫の場合は60万円程かかると言われています。そしてこれらの費用が一時期で必要となる可能性もあるのです。

このように考えた場合、ペット保険という存在は大きな意味があると思います。いざという時に、金銭面の心配をすることなくペットが最良の方法で治療を受けることができるからです。

現在ペット保険の月額保険料は、主に1000円~3000円台です。保険会社の参入が増えてきていることもあり、保険料もリーズナブルなものが増えてきているので、検討してみることをおすすめします。

おわりに

動物はケガや病気で不調を感じると、それを隠す習性があります。野生の世界では弱肉強食のため、弱っていることを悟られると命を落とす危険もあるためです。この習性が今でもペットたちには残っているのです。

このような理由から、日々飼い主さんが小さな変化を見逃さないようにすることが大切です。日頃からスキンシップを通じてコミュニケーションを取り、異変を感じたら動物病院へ相談してみましょう。

また、ペットが暮らすためにも良い環境、状態を作っておくことが大切です。
かかりつけ病気を見つけておくことはペットが怪我や病気をした時に速やかに治療ができます。また、医療費負担を軽減させるためにはペット保険の備えをしておくと安心できます。

家族の一員でもあるペットのために、「今できること」を考えていきましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加