コラム

犬猫の病気予防対策方法

この記事は2016年12月7日の記事を再編集しました。

ペットフードが改良され、医療技術の進歩に伴い、確実にペットの平均寿命は伸びています。しかし、それと比例して病気にかかるリスクも増えてきています。

最愛のペット達を病気にかかりにくくするためにはどのような対策を行ったらいいのか、今回は病気の予防についてご紹介致します。

家庭でできる、ペットの病気予防対策方法

ペットがかかりやすい病気

獣医と犬と猫近年では、犬や猫といったペットも、人間と同じ病気にかかることが増えています。ペットフードの充実や運動不足、高齢化によって、かつて心配することのなかった病気を発症するケースが増えているのです。

では、実際にどんな病気にかかることが多いのでしょうか。ペット別にみてみましょう。

犬の場合

  • ウィルス・細菌感染 ・・・ 風邪、肺炎、結膜炎など
  • 寄生虫病 ・・・ 寄生虫による貧血、消化障害など
  • 泌尿器系の病気 ・・・ 膀胱炎など
  • 関節の病気 ・・・ 関節痛など
  • 口の病気 ・・・ 歯肉炎など
  • 皮膚病 ・・・ アレルギーなどによる炎症、湿疹など

猫の場合

  • ウィルス・細菌感染 ・・・ 猫伝染性鼻気管炎(猫風邪)、猫白血病など
  • 寄生虫病 ・・・ 寄生虫による貧血、消化障害など
  • 泌尿器系の病気 ・・・ 膀胱炎など
  • 関節の病気 ・・・ 関節痛など
  • 口の病気 ・・・ 歯肉炎など
  • くる病 ・・・ 歩行障害など(幼少期)

このようにして見てみると、犬猫とも共通してかかりやすい病気があることが分かります。また猫の場合、数種類特有の病気があることも確認できます。

このような病気になった場合、どのような症状が出るのか、またこれらの病気をどのように予防したらいいのかを探ってみましょう。

病気の症状と原因、予防対策

ウィルス・細菌感染

症状

ウイルスや細菌によりますが、多くの場合、嘔吐、下痢、血便、炎症、高熱などの症状がみられます。幼少期や高齢期、また重篤な場合、死亡することもあるため注意が必要です。

原因

感染経路ついては複数ありますが、下記に例を挙げると

  • ウイルスや細菌感染しているものへ直接的、間接的に触れる
  • くしゃみ等による飛沫を浴びる
  • ウイルスや細菌に汚染されているものを食べる
  • 空気感染
  • 血液の輸血や母子感染等

予防

ウイルスや細菌感染を予防するために重要なものの一つに予防接種が挙げられます。かかりつけの獣医師へ相談の上、必要な予防接種を受けてみましょう。

飼育環境である自宅を清潔に保つことはもちろんですが、ペットの健康状態に不安があった時は、ドッグランやトリミング施設のような、ペットが多く集まる場所への出入りを避けることも、予防となります。

寄生虫病

症状

ノミやダニ等、外部に付く寄生虫の場合、発疹やかゆみ、脱毛、皮膚のただれといった症状がみられます。腸などの内臓器に住みつく寄生虫の場合、下痢や貧血、発達不良、体重の低下といった症状がみられます。中に発熱や咳、呼吸困難などの症状が出ることもあります。

原因

外部に付く虫の場合、飼育環境にノミやダニがいることが原因になります。
体内に住みついた場合、寄生虫を宿す虫や魚などを口にする、蚊に刺される、という2大経路が挙げられます。

予防

ノミやダニに対する予防策としては、飼育環境を清潔に保つことや、市販や病院で処方される予防薬によって予防することが出来ます。

体内に住みつく場合の予防策として、生ものを与えないといった食べ物の管理と害虫駆除を徹底して、それらを口にしてしまわないようにすることです。

蚊を媒介する寄生虫の場合、予防薬の接種や投薬で回避することが可能です。

泌尿器系の病気

症状

痛みを伴う症状がみられ、排泄が困難になります。腎臓機能の低下により、体内の有害物質を排泄することが出来なくなります。

また、たんぱく尿が出るようになります。血液中のたんぱく質の濃度が低下するので、むくみや腹水がたまるといった症状も現れます。

原因

細菌感染、栄養のバランスが悪い、水分不足、トイレが汚い事がストレスで排泄を我慢しているなど、様々なことが原因となって発症することが多い病気です。

予防

定期的な健康診断を受け、問題がある部分に関しては、獣医師の指示に従うようにしましょう。

主に飼育環境などの改善が必要となります。また食事はミネラルもしっかり摂取できるよう、ウェットフードに切り替えたり、栄養バランスが整っているフードへの切り替えたり水分補給もしっかりしてあげることが重要になります。
また、トイレに対してストレスが溜まらないように、トイレは清潔に保ち、定期的にストレスを解消してあげるようにしましょう。

関節の病気

症状

足腰の関節に痛みや違和感が起こり、動きが緩慢になることで動けなくなる症状が出ます。

猫の場合、いつもは問題ない高い場所に上がれなくなったり、犬の場合、散歩を嫌がるようになります。

原因

老化にかかわるものでない場合、肥満によって関節に負担がかかっていることが原因となっている場合があります。また、感染症や自己免疫性疾患による場合、関節に炎症が現れることもあります。

予防

運動することで筋肉がつき、運動不足を解消すると共に食事療法なども併用して、肥満を解消することが予防へとつながります。ただし、ペットが高齢の場合は、無理な運動は避けましょう。出来る範囲でストレッチやマッサージといった運動補助のトレーニングをしてあげることが大切になります。

また、カルシウムの過剰摂取が関節炎の原因になることもあるため、サプリメントの服用にも注意が必要です。

医療費とペット保険

病気にならないように、予防に努めていたとしても、ペットが病気になってしまうことがあります。病気になると、気になるのが病院の医療費ではないでしょうか?

獣医さんと犬&猫動物病院の診療は自由診療であり、ペットには公的な保険システムが存在していません。その為、病院にかかる医療費は全額自己負担になります。治療内容によっては一度の通院だけでも、数千円から数万円の医療費がかかる場合があり、手術や入院などが必要になれば、数十万円と高額な金額になることもあり得ます。

ペットが生涯にかかる費用の平均は、犬の場合で100万円、猫の場合では60万円ほどかかると言われています。そしてこれらの費用が一気に必要になる可能性もあります。

このような点を踏まえて考えたとき、ペット保険の存在は大きな意味を持ちます。いざという時に金銭面で心配することなく、ペットに対して心置きなく最良の治療を受けさせることが可能になります。

ペット保険の月額保険料は、現在主に1000円~3000円台となっています。保険料がリーズナブルなものや保険プランも様々なものが増えておりますので、色んな場合を想定し、検討してみることをおすすめします。

おわりに

動物はケガや病気といった、体に不調を感じた際にそれを隠す習性があります。野性の世界は弱肉強食。弱っているところを悟られると命を落とす危険があり、ペットとなった今でもこの習性が残っています。

このことから、飼い主は日々ペットの小さな異変を見逃さないようにすることが大切です。日頃からスキンシップを通じてコミュニケーションを取り、なんらかの異変を感じた時は、動物病院へ相談してみましょう。

また、ペットが暮らすためにも、良い飼育環境、状態を作ることが大切です。かかりつけの病院を見つけておくことはペットがケガや病気をした時に速やかに治療をすることが出来ます。また、上記と重複してしまいますが、医療負担を軽減させるためにはペット保険を備えておくことで安心することが出来ます。
家族の一員でもあるペットのために、「今出来ること」を考えていきましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加