コラム

被災したペットを救いたい

この度の西日本豪雨災害により被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に
心よりお見舞い申し上げます
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心より お祈り申し上げます

今回は日本各地で起こる大規模災害から、近年ペットとの暮らしやペットと社会の関係性が見直されつつあり、犬猫ペットを家族と思う者同士、遠方からでも何か力になりたいと思った時に役立てていただける情報をご紹介させていただきます。

被災したペットを救いたい

支援物資を送りたい、でもどうしたら?

災害の現場でたびたび問題視されるのは、災害発生直後に全国から届く膨大な支援物資です。
食料品、衣料品、消耗品、寝具など全国から届く善意ではあるものの、個別に大量の荷物が届くことで仕分けにかかる人手や保管場所の確保など新たな課題が生じます。

この問題はペットに関しても同様で、飼い主の声で多く聞かれるのは、

  • ペットと同伴避難をしたものの、当面のドッグフードを持参していない
  • ペットを待機させるケージがない
  • ペットのための常備薬、医療品がない

などがあります。
混乱した現場ではドッグフードの支給も難しく、ペットの怪我にも十分な対処が出来ません。また日常とは異なる環境で混乱し、緊張状態にあるペットが無駄吠えをしてしまい避難者同士でトラブルになることもあります。

このような問題や情報を耳にし、ペットに関する支援物資を現地へ届けたい、送付したいと思った時は、無暗に自治体宛に送付をしてはいけません。

災害から数日が経過すると、必ず現地に受付窓口が開設されます。この情報を確認したうえで、

      ・必要とされている物資の種類
      ・送付先の住所、連絡先
      ・納品日時

を確認したうえで手配をしましょう。

梱包梱包用段ボールには中身の詳細、数量を大きく記載し、仕分け作業がスムーズに進むように配慮をしましょう。
内容品は、箱ごとに種類わけを行い、ドッグフード、トイレシーツなど複数の用品が混在することのないように梱包をしましょう。

募金を受け付けてくれるところは?

混乱した現場では、ペット救済において物資より資金が必要になることの方が多くみられます。
例えばドッグフードやトイレシーツの様に届き次第保管場所を占拠されてしまうものや梱包用のダンボールなどゴミが生じる物資よりも、現金であれば現地の用途に応じて活用することが出来ます。
募金を現地へ送りたい、資金援助をしたいという場合は、現地

      ・自治体
      ・獣医師会
      ・保健所

などの発信する情報を確認しましょう。
災害の都度、窓口となる団体や獣医師会の取り組み内容などが異なりますので、都度情報を確認しましょう。

ここで大切なことは信用できる団体へ託すという事です。
残念ながら、国内で大規模災害が起きる都度、動物保護、動物救済を名乗り、募金詐欺を行うケースが頻発しています。
これらの団体は活動の実績がなく、集めた募金の用途も明確ではありません。
せっかくの善意を本来の使い道に正しく役立ててもらえるよう、信頼できる団体、その団体が紹介する民間団体へと寄付金を送付しましょう。

また災害の現場は大変混乱をしているので、募金を送付する際は銀行振り込みで手続きをしましょう。現金書留などの方法は受け取り、入金と手間がかかりかえって負担をかけてしまうので注意しましょう。

求められるペットボランティアとは?

災害の現場で一番問題視されるのはペットの待機場所、一時預かり場所の不足です。
平常時から常設の施設を運営することは各自治体資金面で困難な上に、動物病院や保健所、保護施設や民間の避難所には多くの動物を収容できる施設がありません。

  • 災害で自宅が倒壊してしまったものの、再建出来次第愛犬とまた一緒に生活をしたい
  • 避難所から自宅へ戻るまで愛犬、愛猫を預かってほしい
  • 災害で怪我を負ってしまい、回復するまで愛犬の散歩や世話を代行して欲しい

などこのような時、一時的にペットを預かり、世話をしてくれる方がいるととてもスムーズに保護活動を進めることが出来ます。

これらの一時預かり先の手配は獣医師会や保護団体、自治体が現地住民との窓口を担ってくれることが多くみられます。
災害発生直後は混乱しているものの、数日が経過するとそれぞれの飼い主の意思や今後の計画を順次把握できるようになり、そのうえで一時的預かり先の手配を順次行います。

自宅に十分なスペースがあり、ペットの扱いにも慣れているという方は、各団体へ問い合わせをし密に連絡を取り合いましょう。

また自宅での預かりが難しい場合でも保護施設や民間の避難所では

  • ペットの散歩
  • ペットのお手入れ(避難の最中に体が汚れてしまう事が多々あります。避難所によっては、シャンプーをしたうえでないと敷地内、建物内への入場を禁止する施設もあります。)
  • ペット関連支援物資の仕分け、配布
  • ペットと飼い主の引き渡し(迷子、脱走などで保護しているペットの情報発信、飼い主への引き渡し、問い合わせ対応など)

これらの作業に協力してくださる方を募集しています。

災害時に一時的に保護された犬猫の多くは首輪や迷子札を装着していないケースが多く、飼い主からの問い合わせにもなかなか情報の共有が難しいという問題が発生しました。
yukuefumei_pet_dogその為、ボランティアがWEB上に専用サイトを立ち上げ、保護動物の顔写真、全身写真、保護場所を掲載するという取り組みを行いました。
このサイトが稼働したことで、迷子、保護された犬猫の飼い主探しが急速に進み、無事家族の元へ戻ることの出来た動物がたくさんいます。
サイトを立ち上げるほどの専門知識がないという方でも、現地で収容されている犬猫の姿をスマホで撮影するだけでも十分な貢献になります。

また以前の災害時には、近隣の保護団体、動物病院で可能な保護頭数をすぐに超えてしまい、近隣、隣県の保護団体、動物病院まで車で犬猫を搬送するというボランティアも必要とされていました。
東北から関東や関西の保護団体へ一時的に犬猫達を避難させ、飼い主の生活が再建出来次第、お迎えに行くという流れです。
このような犬猫の搬送も車の手配や渋滞により相当な時間がかかることからボランティアの存在が大変効果を発揮した一例です。

飼い主への心のケア

災害後は、数年経過してもまだ元の生活に戻ることが出来ないという方も大勢います。災害をきっかけに住宅事情が変わり、愛犬や愛猫を手放さざるを得ないという方もいます。
災害ボランティアにおいては犬猫を保護し、飼い主の元へ返却をするという活動はもちろんですが、中には災害をきっかけに里親になるというボランティア、協力の仕方もあります。
ペットの存在は、家族の支えであり、癒しであり、活力になることが多い反面、人間側の都合でそのペットを手放さざるを得なくなった時には、その分飼い主が負う心の傷も大きなものとなります。

もし何らかの巡り会わせで自身が災害によって里子に出された犬猫を家族として迎えた時は、ぜひその情報を積極的に発信していくことに意味があると知っておいてください。
災害によってペットを亡くしてしまった方、手放さなければならなかった方、ペットの安否がわからないという方にとって、災害を経験したものの、今は明るく元気に暮らすことが出来ている犬猫がいるという事は大きな支えになるからです。

災害という予想だにできない事態に直面した時、日本ではまだまだインフラの整備が不十分で、様々な情報が錯そうします。
そのような時、動物に関する支援をしたいと思った時は、現地自治体、獣医師会を中心に情報を確認し、現地に負担のかからないよう協力をしましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加