コラム

犬猫がガンになる原因と治療方法、費用等を解説!

この記事は2016年11月30日の記事を再編集しました。

近年、動物たちもガンを発症することが増えてきていると言われており、特に犬猫ではワースト1位を独占している状態となっています。もし、自身のペットがガンになってしまった場合、どのような治療方法があり、その費用はどのくらいになるのでしょうか。

今回はペットのガンにまつわることをまとめました。

犬猫がガンになる原因とち治療方法、費用等を解説!

なぜペットたちにガンが増えてきているのか

犬のお医者さん犬や猫といったペットたちにもガンの発症が見られるようになった理由は、栄養面が充実しているペットフードが増えてきていること、そして動物医療の技術発展によってペットの平均寿命が大幅に伸びているからと言えます。

昔はペットが「高齢」と言われる年齢に達することがあまりありませんでしたが、平均寿命が延びたことによって高齢になることが当たり前となったため、ガンを含む人間と同じような病気になる確率が高まってきているのです。

また、動物医療の技術発展はガンの発見にも大きく寄与しており、昔であれば見過ごされてしまっていたガンを発見できるようになったことも一つの理由と言えます。

早期発見のためにできること

飼い主さん自らがペットのガンを特定することは困難ですが、生活の中で以下の7項目を注意して観察することで早期発見に繋がることはあります。異変、異常を感じた場合はすぐに獣医師に相談をしましょう。

ガンを早期発見するための「7つのチェック項目」

  1. 身体や口内にいつまでも引かない腫れやしこりがある
  2. 歩行がおかしい、運動をしたがらない等の身体能力の衰えが見える
  3. 飲食をする動作がつらそう、または呼吸の仕方がおかしい
  4. 食事を摂っているのに体重が減っている
  5. 体臭や口臭がくさい
  6. 排泄物の色やニオイ、形状が普通ではない
  7. 身体の粘膜部分やその他から出血や分泌物がある

上記項目は、日頃からペットと触れ合う際に身体をマッサージしながらチェックするのが自然でペットも喜んでくれる方法です。また、家庭でチェックするだけでなく、年に一度ガン検診を受けておくとさらに安心できます。

治療方法とは?

動物がガンになった際の治療方法は、以下の4つが挙げられます。

  • 根治治療法
    外科手術によってガン細胞を切除する方法です。
  • 化学療法
    抗がん剤等の薬を使用する方法です。
  • 放射線療法
    放射線を使う方法です。単独で治療する場合と、手術と併用する場合があります。
  • 免疫療法
    上記3方法の補助的役割をする、免疫力を高める方法です。

治療法を見てみると人間のガン治療同じような印象ですが、動物のガン治療は高額な設備投資や専門知識が必要となるために、どの動物病院でも同じように治療を受けれるとは限りません。

動物病院によっては、ガン診断後の治療方法が大きく異なります。かかりつけ病院の治療方法では納得できない場合には、他病院の獣医師に意見を求めるセカンドオピニオンを利用することもおすすめです。

一部の動物病院では動物専門ガンセンターや大学病院と連携を取っているところもあり、高度治療が必要となった際にはそういった機関を紹介してもらえることもあります。予めかかりつけ病院が連携している病院や機関を調べておくと安心です。

ガンの治療費はどのくらい?

ガン治療は人間の場合も多額の費用がかかりイメージがありますが、人間の場合は健康保険等があるので、費用の負担を抑えることができますが、ペットは自由診療となるため治療費の負担は10割(全額)となります。

動物病院さらに動物病院は自由診療となるため、病院によっては治療費用が多額となってしまう場合もあります。今回は、一般的な費用の目安として平均的な治療費を算出してみました。

  • 外科手術
    3~40万円(ベッド、入院、諸経費がかかる場合あり)
  • 化学療法
    抗がん剤、1回につき2~3万円
  • 放射線療法
    1回につき1~5万円
  • 免疫療法
    1ヵ月、7,000~15,000円(サプリメントの場合)

この他、通院費・検査費・薬代等もかかるので、合計してみると最低でも数十万円、多い時には100万円以上かかったという例もあります。

犬や猫は7歳を過ぎるとガン発症率が高まるという統計が出ています。ペットにつらい思いをさせないためにも、いざという時の費用について考えておく必要があります。

ガン治療とペット保険

犬や猫の一生涯で必要となる費用は、約300万円と言われていますが、これは通常の飼育費用であり、病気になった際の治療費等は含まれていません。

ガン治療の費用をプラスして捻出することは大変だと思います。しかし、そういった時に安心できる存在がペット保険です。近年ペット保険へ参入する保険会社は増えており、ペット保険の種類も多様化してきています。

ガン治療のみならず、病気や怪我で病院へかかった際の費用のうち「50~100%」が保険金として支払われる、補償割合での保険が一般的です。(例:入院費用の50%を補償・通院費用の70%を補償、等)
プランによってはガン診断をされた際に決まった一時金が支払われるものも出てきました。

月額保険料を見てみると安いものでは数百円から数千円までと幅広くプランがあり、主流となっているものは1,000~3,000円台のものが多く、一時期よりも保険料を格安に設定している保険会社が増えてきていると言えます。

おわりに

犬猫の高齢化が進んだことによってガン発症率が高まっています。ガン治療の費用は高額になることが予想され、頭が痛くなりますが、医療技術が進化していることによって救える命が増えていることは事実ですし、喜ばしいことです。

ペット保険は十数社が参入しており、保険料が格安なものや補償が充実しているもの等、予算に合わせて選ぶことができるようになりました。
また、年齢制限から過去にペット保険への加入を諦めてしまったとしても、最近では高齢になってからでも加入できる保険もあります。

もう一度、ペット保険の検討をしてみることをおすすめします。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加