コラム

知ってる?ペットの献血ドナー

ペットが手術するときに、輸血が必要になることがあります。その時に使用される血液はどこから供給されているかご存知ですか?

実は、その多くは動物病院で飼われている「供血犬」や「供血猫」といった、採血されるための犬猫ちゃんたちから分けてもらうことが多いのです。しかし、それだけでは足りなかったり、血液型等が適合しなかったりすることもあります。

今回は、ペットの生命を左右する外科的手術に必要不可欠な“血液”に関して、「供血」や「献血」を通してお話ししていきたいと思います。

知ってる?ペットの献血ドナー

供血や献血ドナーはなぜ必要なの?

犬や猫等のペットも、医療の発達とともに長生きをするようになってきました。それと同時に病気になる確率も増え、以前は考えられなかった輸血を必要とする大手術をする機会も増えてきました。

輸血といえば、必要になるのは血液です。では、その血液はどこから入手したものなのでしょうか?

人間の場合は、全国に日本赤十字の血液センターがあり、必要な血液を取り寄せて使用することが出来ます。しかし、犬猫等の動物に関しては、このような全国規模の血液センターはありません。

そこで、多くの動物病院が採用しているのが、「供血犬」や「供血猫」、そして「献血ドナー」なのです。

供血犬・供血猫とは?

全ての動物病院がそうという訳ではありませんが、手術をする機会の多い大きな動物病院では、犬や猫が血液を提供する役目を担うために飼われていることがあります。そうした犬猫のことを、「供血犬」「供血猫」と言います。

こう聞くと、少しかわいそうな気もするのですが、もちろん、献血する前には検査をしますし、過剰に血液が取られるようなことはありません。また、供血に適した若くて丈夫な犬猫だけが選ばれます。

また、供血犬や猫も採血される時以外はもちろん普通の飼い犬や猫と同じく、病院のスタッフに可愛がられて育てられています。引退した後は、病院の関係者等が引き取り、幸せな余生を送ります。

献血ドナーとは?

病院に供血犬や猫が居たとしても、いつも供血が出来る訳ではありません。そこで、必要になってくるのが「献血ドナー」です。「献血ドナー」は、一般に飼われている犬猫が対象で、各病院で募集しています。

献血ドナーになる犬猫たちの飼い主さんには、以前、別の子が“輸血が必要な手術をした”等の経験のある飼い主さんや、将来、輸血に頼ることがあるかもしれないから健康なうちに貢献したいと考える飼い主さん、また、病院側の窮状を知ってボランティアに名乗り出る飼い主さんたちもいます。

いずれにしても、基本的にボランティアですので、献血することによって金銭の授受はありません。

犬採血けれど、血液検査結果を知ることができたり、病院によっては輸血することになった場合の優先や各種割引制度、無料健康診断、記念品の提供などのサービスを行っているところもあったりしますので、かかりつけの動物病院などに問い合わせてみると良いでしょう。

献血ドナーになるには?

献血ドナーは、動物病院内のポスターなどで、募集の告知をしているところが多いです。

「供血にご協力を」などといった言葉が書かれていることがありますが、これも献血ドナーの募集です。

ただし、どのような犬猫でも献血ドナーになれる訳ではありません。病院によってドナーになれる条件や、ドナーになった場合の採血の機会や回数に関しても実施要領が異なりますので、献血ドナーを検討したい時には、直接各病院に問い合わせてみるのが近道です。

以下は、献血ドナーになれる条件の一例です。
※予防接種やその他に関する項目は一致していることが多いですが、年齢や体重に関する条件に関しては、病院により若干の違いがあります。

犬の場合

・年齢   1~7歳
・性別   雄、雌(妊娠経験がないこと)
・体重   10kg以上
・予防接種 混合ワクチン接種と狂犬病・フィラリア予防接種済であること
・その他  輸血経験がないこと、健康体であること

猫の場合

・年齢   1~8歳
・性別   雄、雌(妊娠経験がないこと)
・体重   4kg以上
・予防接種 混合ワクチン接種済であること
・その他  輸血経験がないこと、健康体であること、完全室内飼いであるこ

犬猫共通の“性格”的条件

性格も条件に必要なの?と思われるかもしれませんが、これも実は大切な要素のひとつです。といいますのも、病院嫌いで病院に行くだけで暴れてしまう子や、ストレスがマックスになってそれが元で病気に移行してしまうようなことがあっては、本末転倒です。

そのため、麻酔をかけずに採血できる大人しい性格の子であることも条件に入ります。ただし、猫は犬とは違って“お座り”などの言葉で行動出来ないため、実際に献血ドナーになった時に、場合によっては鎮静剤を打つこともあります。

各種検査に合格

実際に献血ドナーになるためには、上記の条件をクリアし、その後にある検査(身体検査や血液検査、尿検査、検便、エイズや白血病などのウイルス検査、フィラリア抗体検査、バベシア症遺伝子検査、コロナウイルス遺伝子検査、ヘモプラズマ遺伝子検査等)で異常がないことが確かめられた後となります。

※検査内容は、犬と猫では若干異なります。

犬と猫の血液型

献血ドナーを登録すると、血液型を知ることもできます。

犬の血液型

犬の血液型は、「DEA式」で決定され(人間はABO式)日本では9種類に分類されています。“日本では”と断りを入れた訳は、海外では13種類に分類しているところもあるからです。

さらに、犬は人間と異なり、血液型を2~3つと併存させています。細かくて複雑そうに思われるかもしれませんが、「DEA1/1(-)型」は、殆どの犬に輸血が可能など、人間のO型に相当する血液型を持った犬も存在するため、緊急時は、そうした血液型で対応することも可能です。

猫の血液型

猫の血液型は、「A型」、「B型」、「AB型」の3種類のみです。その中でも90%近くの猫は「A型」とされ、「B型」は最も少ない血液型として知られています。通常、輸血には同じ血液型が使用されるため、「B型」と「AB型」の血液型を持つ猫の献血ドナーは貴重です。

献血の量やリスクについて

いざ、献血をすることになったときに、心配なのは“多く取られすぎて生命の危険に陥ることはないのだろうか”ということや、“体調が崩れることもあるのでは?”と行ったことだと思います。

献血のリスク

輸血実際に、体の中の血液の1/3以上を失うと生命の危険があります。しかし、献血では、全体の血液量の1/4以下に抑えて量を設定しますので、こうした危険に陥ることは通常ありません。

ただし、人間の献血でも同じですが、献血後はしばらくの間自宅にて安静に過ごす必要があります。献血後に、ドッグランで遊ばせる…などということは控えましょう。

また、万が一、体調不良と思われる症状が出たり、不安に思ったりすることがあれば、臆せず献血をした動物病院に問い合わせることが大切です。

一回に採血される量

体の血液量は体重に比例するため、動物病院によっては体重で採血量を表記しているところも多いですが、殆どの場合、以下の範囲内で採血することが多いです。

・犬 … 200~400ml
・猫 … 30~60ml

献血の手順

では、実際の献血時には、どのようなスケジュールで献血が行われるのでしょうか?一例を見てみましょう。

1.朝食は抜きで、動物病院に連れて行く。
2.採血し、輸血する側と血液がマッチするかチェックする(クロスマッチテスト)。
3.首から献血するため、首部分を剃毛。
4.首に献血針を入れて献血(基本無麻酔。猫は場合によっては鎮静剤投与)。
5.献血した量と同量の皮下補液(点滴)をする。

※輸液の代わりに鉄剤の処方をする等、病院によって若干の差あり。

以上が、献血の一例です。

おわりに

「供血」という言葉を、この記事で始めて知ったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?そのくらい、動物の医療が発展してきている現在でも、血液の確保はまだまだ難しい問題です。

また、例えドナーとして貢献したいと思っても、年齢やその他条件で難しい場合もあります。若くて健康体のペットのいるご家庭がありましたら、献血ドナーのことにもぜひ、興味を持って頂けましたら幸いです。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加