コラム

第74話 号外 譲渡条件解説 その12

2011年2月に里親として龍馬と凜子を迎えたものの(第1話第2話第3話)、その数年後に自分の不注意で龍馬を脱走させてしまい(第5話から第26話)、その捜索中に出会った沢山の野良猫の避妊去勢手術に関わったことで、野良猫救済ボランティアをすることになった。その経緯を時系列でコラムに書き始めて第62話まで来たが、櫂君の里親募集を機に(第63話)里親条件について解説しておきたく、号外を出すことにした。

私が課している里親さんへの譲渡条件は第64話に記した通り。第63話から第73話までで、終生飼育義務、ペット可住宅、留守番が少ない事、うちから1時間以内、定収入があること、完全室内飼育、適切な飼育環境の維持、完璧な脱走対策、決定前のご自宅訪問、医療費一部負担、避妊去勢手術、健康管理、高齢者、一人暮らし、同棲者不可について説明してきた。今回もその続きを。

条件13、高齢者、一人暮らし、同棲者不可 改め 一人暮らしは不可ではない。

この条件については第73話で述べ尽くしたと思ったが、改定することにして、一人暮らしを不可としないことにした。前回も一人暮らしそのものが悪いわけではないし、猫によっては一人暮らしだというだけで不可とせず、他の条件と合わせて総合的に判断することもある、と書いたが、最近遭遇または見聞きした事例によってもう一歩進んで一人暮らしを前向きに考えることにした。

事例その1
以前にもこのコラムに書いたことがあるが、ある先輩ボランティアさんから聞いた話。その人もそれまでは一人暮らし不可としていたところ、ある時、かなり前に猫を譲渡した夫婦の奥さんから連絡があり、離婚して猫を引き取ったが生活に困り、ペットフードも買えないので、フードを寄付してくれないかと言われたというものだった。

これでは猫を飼うどころでないので、結局は猫を返してもらったそうだ。返してもらってよかった、よかったではない。私達譲渡主は、自分でこれ以上飼えないから譲渡しているのに、返されたら困るのだ。このように数年経っていると猫も年をとっている。その後でさらに譲渡先などなかなか見つからない。それにまた何回も場所が変わることは猫にとってもストレスだ。

だから絶対に返されたり返してもらったりがあり得ない人を選びたいので、色々考え、厳しい条件をつけてしまうのだが、人生は何があるかわからない。結婚、離婚、事故、病気、転勤、配偶者死亡、本人死亡など、猫を飼えなくなりそうな出来事はいくらでもありそうだ。それでも何があっても終生飼育放棄をしないことを誓約してもらうのだが、このように本当に飼えなくなってしまう人がいるのが現実だ。

一人暮らし不可とする人は、里親さん本人に何かあっても家族の誰が継続して飼ってくれる、また、病気の時の面倒も家族が居た方が看てもらいやすいだろうと思うからだが、その先輩は、その一件があってからというもの、いくら家族がいても経済的に自立していない専業主婦の人よりも、一人暮らしで仕事を持ち、自分で収入を得ている独身女性の方が安心なのではないかというのだ。

他にも条件の違いがあるので、専業主婦と仕事を持っている独身女性どちらが良いかという比較はできないのだが、そういわれて見るとなるほどと思った。
 
事例その2
動物病院で働いている知人に聞いた話だが、夫婦の力関係が均衡しておらず、旦那さんがはるかに強い家庭で、奥さんの方が猫を飼うことに熱心で、旦那さんは反対はしないが、特に積極的に猫を飼いたいという気持ちがない場合、猫が高齢になって病気になり医療費がかかると旦那さんが良い顔をしなかったり、必要な治療を受けさせなかったということもあるらしい。

また、奥さんが納得して支払った後で、こんな高額な医療をしやがって…と旦那さんから苦情が来ることも。酷いケースは、苦しんでいるペットを連れて来ておいて、概算の料金を聞いたところで、旦那さんが治療を受けさせず、奥さんは涙を浮かべてオロオロするばかり。反論もできない。このような家庭の場合、すなわち、猫がさほど好きではない家族がいるよりも、猫大好きな一人暮らしの独身女性の方が安心ではないかと思う。

また、一人暮らし不可の条件をつけていると、小学校低学年の男の子がいる家庭や、80歳を過ぎた高齢のお母さんと二人暮らしという女性からの申し込みが来ることもある。確かに一人暮らしではないが、日中、ご本人が仕事に出かけているとき猫は小学生の子供や、高齢者のお婆さんと二人きりになるのだ。もちろんそれで大丈夫なケースが殆どだが、稀に、高齢のお母さんが認知症気味で、つい猫を脱走させたり、小学生の事が脱走させたり、酷いケースは猫に乱暴して死なせてしまったというは話も聞いたことがある。こうなると、家族と言えど、あぶなかしい子供や高齢者は危険因子となり、その人達と猫が留守番するのはとても心配だ。それよりも、しっかりした独身女性がきちんと猫を安全な環境に置いて留守にする方がはるかに安全だと思われる。

というわけで、私も何が何でも家族と一緒に住んでいる人の方が良いという考えは捨てることにした。バリバリ働く独身女性なら即OKというわけではなく、他の条件と合わせて総合的に判断するので、一人暮らし不可という書き方ではなく、「一人暮らしの方はご相談ください」としようと思う。

ちなみに、男性の一人暮らしはやはりご遠慮頂いている。私の知っている殆どの譲渡主がそうしている。時々、良い人そうで、どうしても猫が飼いたいのに、一人暮らしの男性ということでなかなか譲渡してもらえないという人がいて、気の毒になるのだが、私達、譲渡主は殆ど女性だ。良い時は言いが、何らかの理由で行き違いがあったり、問題が発生した時、女一人で男性の里親さんと対峙するのは若干怖いので。あしからず。

コラムニスト:Candy (キャンディ)
ネコジルシ:保護猫日記
猫の里親募集:勝気で甘えん坊の三毛/スコミックスのメイちゃん

■関連記事
犬や猫の去勢・避妊手術(ペットタウンの保険編集部)
ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加