コラム

第72話 号外 譲渡条件解説 その10

2011年2月に里親として龍馬と凜子を迎えたものの(第1話第2話第3話)、その数年後に自分の不注意で龍馬を脱走させてしまい(第5話から第26話)、その捜索中に出会った沢山の野良猫の避妊去勢手術に関わったことで、野良猫救済ボランティアをすることになった。その経緯を時系列でコラムに書き始めて第62話まで来たが、櫂君の里親募集を機に(第63話)里親条件について解説しておきたく、号外を出すことにした。

私が課している里親さんへの譲渡条件は第64話に記した通り。第63話から第71話までで、終生飼育義務、ペット可住宅、留守番が少ない事、うちから1時間以内、定収入があること、完全室内飼育、適切な飼育環境の維持、完璧な脱走対策、決定前のご自宅訪問、医療費一部負担、避妊去勢手術、健康管理について説明してきた。今回もその続きを。

条件13、高齢者、一人暮らし、同棲者不可
この条件は他と違ってそれだけで悪いわけではない。今回は櫂君という子猫の条件だからつけているが大人猫の場合には若干調整する。正直言うと、この条件をつけることには私も心が痛む。折角不幸な猫を救おうという気持ちで応募してくれた善意の人に、高齢者だから、一人暮らしだから、同棲しているからという理由だけでお断りするのは申し訳ない気持ちでいる。本音を言えば、私達保護主は沢山の保護猫を抱えているので、少しでも早く里親さんを見つけ、まだ外にいる猫を保護してやりたいと思っているので、出来るだけ条件を厳しくしないで早く決めたい。ではなぜ私がこの条件を付けているのか、是非説明させてほしい。

まず、高齢者。
高齢者だけの世帯という意味だ。これは説明不要だと思うが、猫が寿命尽きるまで、長ければ20年以上元気で猫の世話ができるかが問題だ。猫も人間も年をとれば、病気にもなるし、介護が必要になる。60歳の人が子猫を飼って果たして80歳過ぎまで責任もって猫の世話ができるだろうか。厳しく考えてほしい。

私の母は現在82歳で闘病中。とても猫を飼える状態ではない。母も数年前まだ元気だったころに、猫を飼いたいと言ったことがあったが、私は無理だと思って止めた。もちろん万一の時には私がいると言っても、私は遠方で別世帯である。猫にとって途中で飼い主や家が変わることは相当なストレス、それにうちの猫達と相性が悪かったらもう行くところはない。それを考えて断念させた。

高齢者の方から万一の時には子供がいる、と言われることもあるが、お子さんが同じ家に住んでいるか、近くにいてしょっちゅう猫と接している場合でなければ、猫にはストレスである。

もちろん皆さん、当然のように、終生飼育の意味をわかっているとおっしゃる。そうでしょう、そうでしょう。60代でも全く元気だから、あと20年でも30年でも大丈夫だと思われる気持ちもよくわかる。しかし、実際は、飼い主が保健所に殺処分してくれとペットを持ちこむ一番大きな理由は、高齢者が70歳過ぎて体調を崩して入院するから、施設に入るからということなのだ。もちろん飼い主さんとて殺したくて殺すわけではなく、どうしようもなく殺処分に持ち込んでしまうのだ。

私達は殺されるために譲渡したわけではない。このようなことは絶対にあってはならないので、厳しい年齢制限を設けざるを得ないことを是非理解してほしい。

では何歳まで良いのか、それは難しいところだ。誰だって先の事はわからない。私だって明日の事はわからない。しかしどこかで区切らなければならないとすると、猫の平均寿命と人間の平均的な健康寿命を考えて、子猫の場合は必然的に60歳未満となってしまう。あるベテラン保護主さんは55歳までとしていた。正直、そのくらいが無難かと思う。

では高齢者は猫を飼ってはいけないのか。そんなことはない。高齢化時代、長い老後を過ごすのに伴侶動物がほしいという人は多いだろう。責任もって看取れる自信のある年齢の猫を選んでくれれば良いのだ。高齢者でもどういうわけか子猫を迎えたいという人がかなり多い。そこは現実的に考えてほしい。年齢の高い猫や、白血病陽性や長生きできそうにないハンディを持っている猫を迎えることを考えてもらえないだろうか。自分にとってもその猫を看取るために元気でいなければと、張り合いができるし、保護主にとっても、元気で可愛い子猫と違って、なかなか貰い手が居ないハンディ猫に手を挙げてもらうと、涙がでるほど嬉しいのだ。それに大人猫なら子猫と違って性格も確立されているから、万が一何かがあってお子さんに継いてもらうことになっても大丈夫な性格の猫を選ぶことも可能だ。

保護主側も、年齢の問題は人の寿命というとてもセンシティブな話題に触れるのだから、相手の気持ちになって気を遣って話をすべきだ。どんなに忙しくても、社会人として最低限の常識を持つべきだ。少し前にここでも書いたが、ある仕事の先輩に猫の保護活動をしていることを話したら、以前犬の譲渡会に行った時、保護主さんに、とても失礼な断り方をされたと憤慨していた。59歳だったそうだ。ご主人と二人暮らし。彼女の言葉をそのまま引用すると、「59歳なのに、あんた年寄りだからもうすぐ死ぬからあげられません、みたいなこと言われたのよ。しかも仔犬ほしいなんて言ってないのに、ほんと失礼しちゃうわ。もう絶対譲渡会なんか行かない。寄付もしない。」とのことだった。そして頭に来てペットショップで買ったのだそうだ。私もその場にいたわけではないので、実際どのようなやりとりがあったのかわからないが、私はこの人を良く知っているので、何と勿体ないことを…と思った。でも、ペットショップで売れ残りの成犬を引き取ったとかで安心した。
一人暮らし、同棲者については次回に説明する。

コラムニスト:Candy (キャンディ)
ネコジルシ:保護猫日記
猫の里親募集:勝気で甘えん坊の三毛/スコミックスのメイちゃん

■関連記事
犬や猫の去勢・避妊手術(ペットタウンの保険編集部)
ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加