コラム

第37話 パンジー公園(仮称)の子猫達 その2

【これまでのストーリー】
昔からの猫好きだった私が、遂に念願叶って保護猫の龍馬と凛子をの里親になったのは2011年2月のこと(第1話第2話第3話)であったが、その2年半後に龍馬を脱走させてしまった(第5話から第22話)。 1か月間、地獄のような捜索体験をする中で沢山の野良猫に出会い、悲惨な外猫生活の実態を知り、捜索を手伝ってくれた龍馬の譲渡主のSさんの指導のもと、野良猫の避妊去勢手術に関わることになる(第23話から第25話)。
その半年後に偶然 猫道と呼ばれる猫スポットで十数匹の猫を見かけ、ほっとけず保護活動を始めることに(第28話から第35話)。 また、同時に近所のパンジー公園で野良猫に餌をやっているシマコさん(第26話)というおばあさんにも未手術の猫が餌を食べに来れば捕獲を手伝ってほしいと頼まれた。
2013年の12月頃、4匹の子猫が来ているとシマコさんから連絡。子猫となると保護して里親探しをすることになりそうで、そのすべがなかった私は、誰か手伝ってくれる猫ボランティアを探すも、来てくれる人は見つからず、苦肉の策で、スーパーに犬の里親募集の貼り紙をしていた犬ボランティアのナッツさんに助けを求めてみる。有難いことに私が捕獲をすれば、手術のための病院搬送からのち自宅に保護して里親探しまでしてもらえることになった(第36話)。

朝4時から公園に捕獲器を持って出陣。4匹中3匹の子猫が難なく捕まる。早速ナッツさんに病院に連れて行ってもらう。避妊去勢手術のち、ウイルス検査をした結果、3匹ともエイズ陰性、白血病陰性でほっとする。ワクチン、駆虫、ノミダニ駆除を行い、里親会参加もナッツさんのツテで手配してもらった。
子猫達はとても小さく生後2-3か月のように見えた。捕獲時に私が見たときは、とにかく空腹でがっついていて、捕獲器を恐れることもなくすんなり捕まったので、人馴れしているように見えた。しかし実はそうでもなかったらしい。
その後、ナッツさんから子猫たちの人慣れ訓練の状況が伝えられる。
3匹兄弟姉妹の仲が良いと人間を必要としなくなるので、わざと兄弟猫を別々の部屋に入れる、わざと部屋を寒くして人間に寄ってくるようにする、抱っこされる訓練の為、逃がさないように洗濯ネットに入れ抱っこ訓練をする、など、色々教えてもらった。

里親募集には顔の可愛さよりも人馴れが第一なんだそうだ。自分でも里親探しをするようになった今は私もよく理解できる。里親希望者さんも、里親会場で抱っこできる子に目がいくし、人間もそうだが懐く子は可愛い。また、譲渡する側も、人馴れしていない子を里親さんに託すのは、脱走のリスクが高まる為とても心配だ。

1カ月近くして里親会の日が近づいて来た。当時の私は里親会というものに行ったこともなく、システムも何も理解できていなかったが、子猫達の保護主はナッツさんで、ナッツさんがすべてを決めるので、私は特に役割はないのではあるが、会場に見に来てくれと言われていた。
これから活動色々手伝ってもらわないといけないんだから…と独り言でナッツさんがつぶやいた時に、私が、え?と振り向いたら、にやにや笑っているナッツさんの顔が目に入った。

何?私スカウトされたの?とんでもない!!
この時の私には猫ボラ継続する気はなく、この子猫達が片付き、少し前に遭遇した猫道の10匹の猫の手術が終わったら、早く手を引きたいと思っていた。
捕獲も保護も里親探しも大変すぎる。物理的にも経済的にもそして精神的にも。身近で見た子は私は手放せなくなるから無理だとナッツさんに言ったら、ナッツさんはそれは乗り越えないといけないと言った。自分は2年家に置いても、里親さんが決まれば出すとのことだった。そうしないと次の子が保護できないからと。理屈はそうだが、実際、私はその少し前に猫道で保護した3匹を見知らぬ里親さんに託すことができず、2匹は知り合いに押し付け、1匹は自分で抱えてしまったのだ。私には里親探しなどできそうにないと思った。 
 
里親会当日。沢山の猫たちが会場に連れてこられ、ケージに入れられ並んでいた。そこに多くの来場者が猫を見定めている。その中で、アロ、リロ、ハロ、と名付けられた3匹は人馴れには程遠い状態で、不愛想にケージの隅に固まっていた。どの子か忘れたが、シャーシャー威嚇しまくりの子もいた。
果たしてその日に幸せ切符は手にできなかった3匹であったが、その後、ナッツさんの尽力により、アロとハロは里親さんが見つかったとのこと。そして一番懐きの悪かったリロは苦戦。

【アロ、リロ、ハロ】
IMG_6023IMG_6024

しばらくしてナッツさんが、リロは外に戻すと言ってきた。え、そんな。もう保護して1カ月以上経過している。他の兄弟はもらわれていき、公園に今更一人ぼっちで放されるのはあまりにも不憫だ。しかも季節は冬。
私が引き取れるわけでもないので、何か意見が言える立場ではないのはわかっていたが、「お願い、外に放さないでください」と、迷惑なお願いをナッツさんにしてしまった。
ナッツさんの答えは、「この子は家猫にはなれない。保護される方が不幸」とのことだった。
当時は保護活動の仕組みやルールもわかっていなかったので、餌やりさんと捕獲を手伝った私と、保護して里親探しをしてくれたナッツさんと、誰にどんな責任や義務や権利があるのかなど何も知らなかった。ただただ、リロが冬の寒空に放り出されて、また毎日空腹を抱えて餌を探し歩く毎日を送ることになるのはどうしても耐えられず、また自分が引き取ろうかと思い始めていた。
続く。

コラムニスト:Candy (キャンディ)
ネコジルシ:保護猫日記
猫の里親募集:大田区のメイちゃん

■関連記事
猫を飼うために必要なこと(ペットタウンの保険編集部)
第38話 リロの運命と猫ボランティアとは何か その1(Candy)
ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加