コラム

第151話 女王様猫 メイの波乱万丈 その2 メイの知り合いから里親希望が!

はじめに~
このコラムは2011年2月に私が里親として迎えた龍馬(第1話から第3話)を脱走させてしまい、地獄の捜索体験をした(第5話から第22話)ことから、野良猫の悲惨な実態を知り、野良猫救済の為のボランティアをするようになり、その後の事件簿を書き綴ったものである(第23話から第150話)。
活動をしているとは言っても、私だってついこの間までこのコラムの読者の方と同じ、単なる猫好き、単なる里親であった。それでも心さえあればここまでの活動ができるのだ。 
まだまだ不幸な命が沢山救いを待っている。寒い中、外猫生活を強いられて暖かい寝場所と食べ物を求めている猫がどれだけいることか。ボランティアの数は全く足りていない。一人でも多くの人に小さな命を助ける側に回ってくれることを願ってこのコラムを書いている。

さて、時系列で書き綴ってきた活動奮闘記は2016年の夏まで書き進んだ。第150話から登場する三毛猫のメイは、第139話から始まった神社猫のうちの1匹だが、かなり人馴れしていた。恐らく飼い猫であったのだろう。里親募集を開始した直後に、預かってもらっていた動物病院から、メイの心臓に雑音が聞こえ、僧房弁閉鎖不全症の疑いがある、里親募集も絶望的だろうと言われたのだった。

もともとは近所のルビーさん(第139話)のうちに、子猫の愛と礼(第139話から第149話)と共に預かってもらう予定ではあったが、ルビーさんは猫飼い初心者、いきなり3匹、しかもメイは病気持ちとなれば重荷であろうと思い、とりあえずうちに連れて帰った。うちではなるべく心臓に負担がかからないよう激しい運動を避け、薬を毎日飲ませながら様子を見ることになった。

うちに来た新入りは大抵別室に隔離する。猫社会にも相性というものがあるので、いきなり知らない猫同志を一緒にすると大喧嘩になりかねないからだ。メイはまず私の寝室へ。普通はケージに入れるのだが、メイは外猫だったとは思えない図々しさで、うちに来た初日から私のベッドに入ってきて一緒に寝ていた。 

新入りが来るたびに、うちの猫達は落ち着かなくなる。メイの様子を見に来てはシャーシャー言う。それは当然の行動である。通常は、先住猫が威嚇し、新入りは小さくなるのであるが、メイは態度がでかく自ら先住猫を威嚇する。万が一喧嘩になってはいけないので、写真のようにリードを付けておく。
151.1

鼻の傷からして喧嘩早い子なのだろうとは思っていたが、どうやら他の猫が嫌いなようだった。通常しばらくすると猫同志も威嚇し合わなくなり、同じ空間でもうまくやっていけるようになるのだが、メイは違っていた。いつまで経ってもどの猫とも仲良くなれなかった。特に、うちでもミクとその姉の真央が女王様キャラで、この2匹と特に不仲だった。しかも真央とミクは、里親募集しようと思って生後5か月で保護したものの、結局人慣れせず家庭内野良になってしまった猫だ。つまり触れないので爪切りができない。一方人間にはべた慣れのメイは爪を切っている。喧嘩をしたら、当然爪のないメイは不利である。仕事から帰宅すると、メイの鼻に傷が増えていることが多々あった。

うちにメイを置いておくことは、心臓病の心配もさることながら、猫同志の喧嘩も心配だった。そして当時はその子猫の愛と礼の里親募集も並行して行っており、コラムの第139話から綴ってきたように、礼の人馴れには預かってくれていたルビーさんも苦労していたところだった(第145話)。
丁度、愛に里親希望があり、ルビーさん宅には礼だけが残ることになったところだったので、礼の為にもルビーさん宅にメイを預かってもらうことにした。メイは毎日投薬をせねばならなかったが、食いしん坊のお陰で薬もキャットフードと一緒にガツガツ食べる。猫初心者のルビーさんでもメイに薬を飲ませる苦労はなかろうと思った。

しかし、どうしたことがルビーさん宅に行ったメイは、うちとは打って変わって、警戒しテレビの後ろから出てこない。娘のはずの礼のことも毛嫌いして可愛がらない。ご飯も食べないので薬も飲ませられない、とルビーさんから連絡があった(第145話)。私は驚いてメイを迎えに行き、仕方なく自宅に連れ帰った。 

猫というものは不思議なものだ。環境によって全く性格が変わってしまう。うちでのメイとルビーさん宅でのメイは全くの別猫のようだった。メイだけではない。ルビーさんには全く懐かなかった礼が、里親のOさん宅に行くとべた慣れの可愛い猫に変身したこともあった(第146話)。里親募集する別の猫でもよくある話だ。保護主宅では懐かなかった猫が里親さん宅でゴロスリになったり、また逆に、人馴れ充分の猫を譲渡しても、なぜか里親さん宅では懐かずに返されてくるというケースもある。猫と飼い主や環境との相性というものあるのだと思う。

151.2またうちに帰ってきたメイは相変わらず女王様キャラ。なんでも自分が一番。ご飯も誰よりも先にがっつく。フードの準備をしている最中に我先に鼻を突っ込んでくる。私の膝を独占する。先住猫からすれば当然気に入らない。たまには集団リンチも食わしてやりたくなるだろう。
心臓発作のリスクと共に喧嘩の心配も増幅した。 

心臓病を抱えたメイに里親さんは無理ではあろうが、せめて誰か預かってくれないだろうかと思っていた。そこへネットに掲載していた募集記事に応募があったのだった。それはまだ心臓病が発覚する前に投稿した里親募集記事であったので、病気のことは書いてなかった。

応募者は何と近所の人で、メイのことを知っているという。メイがいた神社によく通ってメイを可愛がっていたという若い女性だった。応募メールによると、かなり若い夫婦ではあったが、女性のお母さんが保護活動をしていて、小さい頃から自宅で保護猫と共に暮らしていたという。
正直若い人はこれから人生の変化が大きいので、応募があっても色々話を進めているうちに、話が成立しないことが多い。それに心臓病に対応できるのか、そして、ご主人が資格試験勉強のため休職中とのことだったので、経済的にも大丈夫なのかの確認が必要であったが、メイを思う気持ちと保護活動への理解が既にある人をみすみす逃すことはない。会ってみて、良い人ならば、預かりをお願いしようかと思っていた。この場合の預かりとは、飼い主と同様に飼育してもらうが、所有権は移転しない。飼育方針はこちらに従ってもらい、病気のための医療費はこちらで支払う。困ったことがあれば常にサポートし、万が一問題があれば返してもらうこともあるというアレンジである。うちにメイを置いておけないし、預かりとしては良いご縁なのではないかと期待して会ってみることにした。
続く。

コラムニスト:Candy (キャンディ)
ネコジルシ:保護猫日記
猫の里親募集:
左手骨折、顎骨むき出しを乗り越えゴロスリ くりちゃん
三兄弟の一匹だけ保護されたラッキー男子 仁
ビビリ..でも甘えたい好青年 隼人

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加