コラム

第146話 神社猫ジンジャーズとの遭遇 その8 救いの神

このコラムは、2011年に私が里親として迎えた龍馬(第1話から第3話)を脱走させてしまい、地獄のような捜索体験をしているうちに(第5話から第22話)、悲惨な野良猫の現実を知り、それがきっかけで始めることになった猫ボランティアの体験記である。(第23話から第145話)。

時は2016年。8月にY町神社にて子猫2匹(愛、礼)とその母猫(メイ)を保護(第138話)し、近隣住民のルビーさん(第103話第140話)に預かってもらいながら、私が里親探しをすることに(第140話から第145話)。しかし、猫を飼ったことがないルビーさんは、すぐに懐いた愛の方は可愛がってくれたようだが、警戒心の強い礼には苦労した模様。9月の中旬に3匹を連れて譲渡会に参加したところ、以前ひかる(第126話から第132話)を迎えてくれた里親のOさんが来てくれ、愛を2匹目として迎えてくれることに(第142話第143話)。愛をOさん宅にお届けしたのは10月8日。礼は引き続きルビーさん宅に預かってもらっていた。その翌日の10月9日に、明日限りで礼を引き取ってくれと、ルビーさんからいきなり預かり放棄宣言が届く。しかもその理由が、礼を閉じ込めたら何かの拍子にパニックを起こし、部屋で暴れ壁を駆け上り、数センチ壁紙が剥がれたということで(詳しくは前号第145話を参照あれ)。私が引き取れるくらいなら最初から預かってもらったりしないわい、と私は怒り心頭だったが、怒っているより先に礼の行き場所を急いで確保せねばならないので、預かりさん募集をSNSおよび猫の里親募集サイトの猫ジルシの中の保護猫日記に掲載したところ、救いの手を差し伸べてくれたのはひかるに次いで愛を迎えてくれた里親のOさんだった。投稿を見て心配してくれ、有難い提案をしてくれた。預りさんがもし、礼ではなく、自分に懐いていた愛ならば引き続き預かってくれるなら、自分が礼と愛を交換して礼を迎え入れても良いと。Oさんには、愛はルビーさんには懐き可愛がられていたこと、礼は懐きが悪くルビーさんも苦労していた事、礼だけ一人寝室に閉じ込め状態であった事も伝えてあったので、自分が礼を引き取り、愛ならルビーさんも引き続き預かってくれるのではないかと考えてくれたのだ。
それは私にとっては涙が出るほど有難かった。しかし、礼は人馴れが充分できていないので扱いが大変かもしれないし、粗相をするという問題もあった。Oさんはそれでも礼を迎えてくれるとのことだった。先住猫のひかるを溺愛してくれていたOさん夫婦は、ひかると相性が良い方が良いから大丈夫だと言ってくれたのだ。確かに、愛の方はOさん宅でもあまり先住のひかると絡もうともせず、遠慮なくひかるのご飯を横取りすることもあったそうで、ひかるがいじけそうな感じもあり、もしかしたら愛は一匹飼い向きだったのかもしれない。一方礼は猫と一緒にいたいタイプ。以前もOさん宅にお見合いに来たときに、先住のひかるを見て鳴いてすり寄っていこうとしていた。礼の方がOさん宅には向いているとは言えた。そうと決まったら一刻も早く礼をルビーさん宅から引き出したいと思い、早速翌々日には礼を連れてOさん宅へ行き、代わりに愛を連れて帰った。Oさんは礼も愛もどちらも可哀想だと言ってくれた。両方引き取れたら良いのだが、やはりトータル3匹は無理だとのこと。もちろんそれはもう充分わかっている。粗相をする懐きの悪い子を引き受けてくれるだけでも貴重な人材である。Oさんなら懐いていない礼でも安心して任せていられる。

146.reiその日から毎日写真付きで礼の様子をOさんは送って来てくれた。最初は夜鳴きもあったようだが、すぐにケージから出してリビングにフリーにしてもらうと、猫が大好きな礼はまるでストーカーのようにひかるの後をどこへでも付いていき、いきなりチビ猫に愛されてひかるは困惑したようだったが、それもOさん夫婦は気長に優しく見守ってくれ、ルビーさんがあんなに苦労していたのに、ほどなくしてリビングでOさんに撫でられくつろいで礼の写真が送られてきた。その写真を見て涙が出てきた。やはり礼は寂しかっただけなのだ。ルビーさんがもう少し私のアドバイスを聞いてくれ、礼を一人閉じ込めるではなく、愛と一緒にリビングに出し、もっと可愛がってやってくれていたら、あんなにパニックになることは無かったのだろうにと。
しかし、色んな紆余曲折を経て礼はOさんという素晴らしい家族を得たので、結果良ければ全て良しと思う事にした。Oさんには足を向けて寝られないと思うほど感謝、感謝であった。

そしてルビーさん宅に戻った愛に話に移す。結果は礼にとっては最良の結果にはなったが、ルビーさんの突然の預かり放棄によって、多くの人に迷惑をかけたという認識を持ってくれていれば、今後は愛を里親が見つかるまできちんと預かってくれるだろうと期待していた。しかし、ルビーさんからはまたほどなくして呆れる言葉が返ってきたのだった。
続く。

コラムニスト:Candy (キャンディ)
ネコジルシ:保護猫日記
猫の里親募集:骨折と頭蓋骨むき出しで餌場に現れた強者 くりちゃん

■関連記事
犬や猫の去勢・避妊手術(ペットタウンの保険編集部)

第147話 神社猫ジンジャーズ その9 預かりさんが愛までも放棄!(Candy)

ペット保険を探そう!

アイコンタグ一覧