コラム

第104話 野良猫の大量虐殺事件 その3 セミナーに参加して

今から7年前の2011年2月に 里親として龍馬と凜子の2匹を迎えた(第1話第2話第3話)ところから始まった猫との生活。しかし、その一年半後に自分の不注意で龍馬を脱走させてしまい(第5話から第22話)、その捜索中に沢山の野良猫に出会い、悲惨な現実を知ってしまった事をから野良猫救済ボランティア活動を始めることになってしまった。主な活動内容は、飼い主のいない猫のTNR(捕獲、不妊去勢手術をして元の場所に戻すこと)、人馴れした猫の保護、譲渡、病気の猫の治療、地域猫活動についての広報など。それから4年以上、次々と色々な事件に遭遇し、止めるに止められず今に至る。(第36話から第103話)。

2016年3月に、近所のY町で多数の猫の虐殺があったと聞き(第102話から第103話)、後日現場に行ってみると、ざっと見て15~16匹の野良猫がたむろしていた。餌やりが複数いて、当初は誰も避妊去勢手術をしていなかったためにどんどん増えてしまったらしい。主にはタクさん(第102話)とベルさん。増え続けた猫問題に憂慮した近所の住民が立ち上がり、カンパを集め、自分たちで捕獲し、不妊去勢手術に乗り出したとのことだったが、そのさなかに惨事は起こったのだった。
警察が捜査をしている間も、全頭手術するべく捕獲を継続しているとのことだったので、私もその捕獲を手伝うことにした。捕獲の中心となっていたのは、ルビーさんとダイヤさん(第103話)。2人ともボランティアではなかった。ルビーさんは猫好きだとは言っていたが、猫を飼ってもいないし、保護活動もしていない。ダイヤさんは猫嫌い。2人とも猫の為というよりも、近隣の環境を守るためにやっているとのことだった。もちろんそれでも良い。そういう大義名分の方が手術への賛同者も増えるであろう。
しかし、私は猫を守るために活動をしている身。その残酷な虐待事件が起こったその場所で、犯人が捕まっていないのに、猫が沢山いることが私には心配でたまらない。
ルビーさんに人馴れしていそうな子猫だけでも、里親募集の協力をお願いしてみたが、答えはノーだった。正直言って、凄惨な虐待事件が起こったのに、猫を守ってやろうとする人はいないのかと思うと情けない街だと思った。
せめて餌やりには猫を守るために動いてもらわねばならない。餌やりは、そもそも猫が可愛いから餌やりを始めたので、猫への気持ちはあろうが、たいていは高齢者で、頼りにならない場合が多い。それでもこれ以上猫の犠牲が増えないよう、出来ることはやってもらわねば。
辺りを見回すと、猫避けのイガイガを庭中に張り巡らした猫嫌いらしい家が数件ある。恐らく猫が庭に入り込み、糞をしていくのだろう。タクさんは一軒家なので、自宅前に猫のトイレとしてプランターを置いていたが、ベルさんはアパートで大家さんに設置を認めてもらえないとのことだった。

丁度その時、ネットで地域猫セミナーの案内を見ので、何かヒントにならないかと参加してみた。地域猫活動を普及させるために、あちこちで講演をしていらっしゃるとあるNPO法人の代表の方のお話だった。そこでは、猫に関してトラブルになっている地域の解決策を説明されていた。 
まずは、餌やりの仕方を改善すること。置き餌をせず、決まった時間に餌を出し、猫が食べたらお皿を片づける。そうすることによって、食べ残しやお皿が町を汚さなくて済む。またカラスが餌をつついて散らかしてしまうことも防げる。
また、それで猫が決まった時間に集まってくるので、捕獲もしやすくなる。
そして、糞尿被害については、トイレを設置するようにと。やはりプランターに土を入れたものを推奨されていた。できたら猫のおしっこの匂いのついた餌を入れると良いとのことだった。それができないベルさんの為に、何か案はないかと聞いてみた。すると、道路わきにちょっと土を盛るだけでよいのだと教えてもらった。
猫は土が盛ってあるところで用を足すのだからと。これは目からウロコだった。さっそくベルさんに実行してもらった。 

そして、野良猫問題は、動物愛護問題でとして扱うのではなく、町の環境問題として扱うべきだとも教わる。これも大きな目から鱗だった。動物愛護として訴えると、猫好きな人が勝手にやればよいとなってしまうので、そうではなく、町の環境問題として、町の住民が皆で取り組むべきことだと訴えた方が効果的だと。確かに、実際Y町では猫嫌いな人も中心になって立ち上がっている。 
猫の命が大切だとか、動物を可愛がろうとか、そんな小学校で習ったような当たり前のことも意に介さない人は多い。自己中な人間は実に多い。自分の得にならないことは、たとえ動物が虐待されようが、不幸になろうが、助けてやろうとなどと思いもしない。良くても可哀想にと思っておしまい。不幸な猫を増やさない為に、不妊去勢手術に協力をとお願いしても、一円たりとも出さない人が大半だ。実際猫好きのボランティアだけで賄える話ではない。そういう自己中人間をも巻き込むためには、猫好きでも嫌いでも、町の環境を守るため、ひいては自分の得になるために、猫の手術をしましょうと訴えた方が効果的だ。 

このコラムの読者の方は、大半が猫好きだと思うが、自分の町の野良猫問題を関係ない問題ととらえず、猫の為にも町の環境の為にも、不妊去勢手術を進める活動に関わってほしいと思う。

話を戻そう。私の心配は、どうやってそこに残っている猫達を守るかということなのだが、人馴れしていない大人猫は、餌やりさんに餌やり時間を決めること、トイレの代わりに土を盛ることをお願いし、糞尿被害を食い止め、捕獲を進め、地域の猫として一代限りの命を全うさせてもらうことを地域に認めてもらうしかない。 人馴れしていないので保護はできない。虐待魔に捕まらず、何とか生き延びてくれることを願うしかない。 
しかし、人馴れしていそうな子猫が4、5匹いた。放置すれば、虐待魔の餌食になってしまう。餌やりさんにもどうにかできる方法はない。私はその近辺に住んでいるわけではなく、たまたま事件を知って関わっただけなのだが、その場所でその子達を助けてやる人は誰もいない。うちにもこんなに沢山保護してやれる場所はない。しかし、どうしても私はその子達を放置できなかった。続く。

コラムニスト:Candy (キャンディ)
ネコジルシ:保護猫日記

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加