コラム

ペット保険、加入の必要性

この記事は2016年3月25日の記事を再編集しました。

ペットショップで犬や猫を購入する際に「ペットの医療保険」への加入を案内されると思います。しかし、ペット保険はどのような時に必要になるのかを想像できないと、その場で保険加入することに躊躇してしまうのではないでしょうか?

犬や猫が動物病院を受診する割合が増えているのが現状ですが、まだ生まれたばかりのペットショップで購入する子犬や子猫に医療保険は必要なのでしょうか?
ペット保険の必要性について紹介します。

ペット保険、加入の必要性

ペット保険ってどういうもの?

■関連記事
ペット保険とは?

ペット保険は、近年少しずつ普及してきていますが、まだまだ「何それ?」と思う方も多いようです。

保険会社ペット保険とは、ペットが病気や怪我を負ってしまい動物病院を受診した際の治療費・入院費・手術費用等の一部を保険会社が補償(負担)してくれるサービスです。人間の医療保険と同じような仕組みで、飼い主の経済的負担を減らすことができます。
ペット保険を取り扱う会社は増加傾向にあるため、保険商品も様々です。数ある保険商品の中から、自身の家庭に合ったものを選ぶことができます。

ペットが病気や怪我を負ってしまった際に、動物病院を受診しますよね。治療内容によっては費用が高額になることも多く、飼い主は精神的なダメージのみならず、経済的なダメージも厳しくなることが考えられます。
特に動物は、人間とは違い公的な健康保険がありませんので、万一の時のためにもペット保険へ加入しておくと安心です。

ペットたちは生活環境の変化が想像以上の負担

犬を例に話しを進めていきます。一般的にペットショップで販売されている子犬は、母犬から離れてから数日~数週間しか経過していない状態です。それまでは母犬や兄弟と共に生活をし、母乳を飲んでいた生活から一匹だけ巣立ち、自力でドッグフードを食べ、慣れない環境で寝起きをしています。
環境の変化に馴染むことができずに体調を崩してしまう子犬も少なくありません。

新しい家で迎えられた時にありがちなのは、家に来て最初の数日はとても元気で食欲旺盛、家族にもよく懐いていたのに、数日~1週間が過ぎた頃に突然食欲不振や下痢、嘔吐等が起きるトラブルです。
これは子犬が新しい環境に慣れて緊張がほぐれてきたことによって、それまでのストレスが一気に溢れ出してしまい、体調不良を起こしています。

残念ながらどんなに念入りにケアをしている環境で販売されている子犬でも、新しい家庭へ移る時にはそれなりの緊張やストレスがあるので、このようなトラブルを未然に防ぐことは難しいのです。

病気や怪我を負ってからではペット保険加入は遅い

動物病院ペットを飼っていれば少なからず一度は動物病院へ行く機会があります。
たとえば、もし手術が必要となる怪我を負ってしまった場合、手術代は高額となりますし、入院費や薬代もかかるため、医療費の合計が高額になることがほとんどです。

注意したいのは、ペット保険加入前に治療した際の費用は、その後ペット保険へ加入したとしても補償対象にはならないということです。
人間の保険を見てもそうですが、ペットも病気や怪我で多額の治療費がかかる前に、保険へ加入しておく必要があると言えます。

ペット保険は保険料がお手頃な少額短期保険もあるので、家計の負担になりにくい商品もあります。もしもの時に備え、保険加入をしておくことで大切なペットの治療費の一部を保険会社に補償(負担)してもらうことができるので、安心です。

目に見えない病気にかかっていることもあります

動物の病気には、以下のようなものもあります。

  • 空気感染する病気
  • 潜伏期間が1~2週間と長い病気
  • 病気の進行が早く、完治させるための治療法がない病気
  • 致死率が非常に高い病気

たとえば犬の場合、感染原因も以下のようなものがあります。

  • 犬舎での感染
  • 遺伝
  • 他犬との接触による感染
  • 顧客に抱っこされることで、外界から持ち込まれた病原菌による感染

見た目で分かりづらい病気は、血液検査をすることで早期発見することもできます。しかし、ペットショップという環境下は、生後間もない子犬や子猫へ頻繁に検査を受けさせる負担を考えると難しい課題です。
その結果、飼い主がペットの不調に気が付くのが、病気が発症してからになり早期対応が難しいのです。

せっかく迎え入れたペットが何らかの病気だった際、健康な状態へ戻してあげるためにはそれなりの医療費と通院が必要となります。症状によっては入院が必要となることもあり、10万円以上の費用が掛かることも考えられます。
これだけの高額費用を、ペット購入後に工面するのは家計にとっても大きな負担となるでしょう。

しかし、ペット保険へ加入していれば費用を保険でカバーすることができるので、経済的な不安が払拭され、治療に専念することができます。

生後一年までは飼い主さんも勉強期間

子犬や子猫は生後一年程で、ほぼ大人に成長して健康面も非常に安定します。生後一年以降は、動物病院を受診する機会も減り、年に一度フィラリア予防薬の処方を受ける等以外では病院へ足を運ぶことがなくなるでしょう。

つまり、些細なことで体調を崩してしまったり、飼い主が不安になるほど戸惑うようなことは、生後一年を迎える頃までの一時期に限られたこととも言えます。

この期間を無事乗り越えることで、気付けば飼い主も「ペットの体調管理」に関する基礎知識が身に付き、体調不良に直面した際に「自宅で安静にさせ、様子を見るべき症状」か「すぐに動物病院へ搬送しなければならない症状」であるかを見極めることができるようになると思います。

生後一年までは、些細なことでも異変や不調を感じたら躊躇することなく、すぐに動物病院を受診することが望ましいです。そして、そのためには医療費の面で不安がないようにペット保険で備えておくと安心です。

生後一年後あたりから健康状態が安定してきますが、将来的に何らかの病気になったり、事故や怪我によって病院を受診する機会があるかもしれないので、保険は継続加入しておくことをおすすめします。

ペット保険加入で不安を解消できます

生後一年未満の子犬や子猫が動物病院へ搬送されるケースとして、以下が多くみられます。特有の健康面の不安定さや、好奇心の旺盛さから生じるものが多く、どれも見過ごすことができない症状です。

  • 下痢
    生活リズムの崩れ、旅行や外出による環境の変化、疲労やストレスで起こる場合や、寄生虫や伝染病で起こる場合等、様々な原因が考えられます。
  • 嘔吐
    病的な嘔吐や食後すぐに運動をしてしまった等、理由は様々です。放置してしまうと脱水症状を起こし、危険な状態になることもあります。

  • ケンネルコフとも呼ばれる一過性の風邪に似た症状の場合、コクシジウム等の寄生虫が原因のこともあります。
  • 発熱
    風邪を引いて発熱することもあれば、伝染病の症状の一つで発熱することもあります。発熱は、食欲不振やぐったりとした様子を伴います。
  • 異物飲み込み(異物誤飲)
    硬貨やタオルの破片、おもちゃ、ガム等、様々なものを好奇心から飲み込んでしまうことがあります。先端が尖っているものは、内臓を傷つけてしまう危険があります。
  • 骨折
    飼い主がペットの扱いに慣れていないことや、床材がフローリング等で滑りやすい場合、様々な理由で子犬や子猫の骨は簡単に折れてしまいます。
  • アレルギー
    生後数ヵ月で、かゆみや脱毛、皮膚の赤み等のアレルギー症状が起こることがあります。

加入できるペットの種類

ハムスターペット保険へ加入できるペットの種類は、一般的には犬と猫が中心です。しかし、保険商品によっては様々なペットへの補償があります。鳥類やハムスターやうさぎ等の小動物、爬虫類に対する補償がある保険もあります

加入できるペットの種類や加入条件は、複数社の資料を取り寄せたり見積もりを出し、事前によく調べることをおすすめします。

ペット保険を取り扱う会社が増え、商品プランも様々なので、保険選びに迷うことがあると思います。そのような時には、まず資料請求をしてみましょう。
基本的にどの保険会社の商品も、補償内容をきちんと定めているので、資料を見ながら比較をしてみましょう。

珍しいペットを飼っている方でも、ペット保険にはいろいろな種類があるので、自分にぴったりのものを探してみてくださいね。

まとめ

人間のように健康保険がない動物たちだからこそ、保険で備えておく必要があります。
愛するペットが「もしも」の時に、適切な治療を安心して受けさせることができるように、ペット保険を検討されてみてはいかがでしょうか。

万一の時、いつでも動物病院へ相談ができれば、不安が解消され飼い主自身も安心して生活することができると思います。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加