コラム

柴犬を飼う時に知っておきたいこと

日本犬の代表格と言えば柴犬でしょう。素朴な風貌と飼い主への忠実さ、落ち着きのある性格で、ペットショップでも常に人気ランキングの上位に入るほどです。近年はこのような特質が評価され海外でも人気犬種となっています。

家族として共に暮らすには、柴犬特有の気質をしっかりと理解し、しつけ、お世話をしてあげることが大切です。柴犬を家族に迎えたいと思ったら、ぜひ事前に柴犬について理解を深めておいてあげましょう。

柴犬を飼う時に知っておきたいこと

柴犬の性格・特徴

柴犬柴犬の性格は、日本犬特有の芯の強さと忠実さが特徴です。洋犬のような社交性はなく、一見人見知り、引っ込み思案なようにも感じることでしょう。また、縄張り意識や群れ意識も非常に強く、散歩やドッグランなど屋外では、やや警戒心が強く現れることもありますが、反面自宅ではとても甘えん坊な一面を見せます。
この性格や態度のギャップが飼い主にとってはとても魅力的に感じる点です。

犬にも友達ができる、初対面の犬とも友好的に接することができるという面は、柴犬にはあまり期待しない方がよいでしょう。

社交的な性格は、生まれ持って愛玩犬として排出された小型の洋犬に多く見られる特徴です。柴犬は本来猟犬であり、家族を守る番犬として輩出されています。その為、幼犬期の社会化トレーニングやしつけの程度に関わらず、無条件で不特定多数の犬や人と友好的に接することは苦手です。

柴犬は非常に飼い主に忠実で、飼い主の指示をしっかりと理解し、実行します。しつけも非常にスムーズで、理解力も高い犬種です。

例えば、愛犬と旅行やお出掛けをしたい、休日はドッグランへ行きたい、愛犬と一緒にレジャーやスポーツを楽しみたいと考える場合には、柴犬がパートナーであるならばお互いの関係性を第一に考えて行動すると良いでしょう。

日本犬特有の気質を持つ柴犬にとっては、レジャー施設で見知らぬ他人や他犬と遊ぶことよりも、飼い主と共に遊ぶ、過ごすことが何よりの幸せだからです。
この点を理解しておいてあげると、愛犬の人見知りや引っ込み思案が欠点ではなく、日本犬特有の優れた点であると受け入れることができるようになります。

柴犬のしつけ

柴犬のしつけには、重要なことは以下のことがポイントになります。

  • 飼い主のぶれない姿勢
    (家族それぞれで家庭内のルールが異なる、バラツキがある)
  • 柴犬の特性を理解すること
    (叩く、怒鳴るといった方法はかえって反抗心を助長し、しつけには逆効果です)
  • 本能にそぐわない行動を強要しないこと
    (無理に他犬と触れ合いをさせるなど、社交性、友好性を過度に求めること)

まず、しつけとは家庭で共に暮らすルールを犬に教え、身に付けさせる行為です。柴犬を家族に迎えるにあたって家族内で様々なルール決めをし、全員がぶれないように共通の認識として意識をします。
具体的には食事を与えるタイミング、愛犬の寝床、散歩へ連れ出す時間、トイレの習慣
などのルールを共通認識として意識しましょう。

柴犬はとても理解力が高く、日々の飼い主の行動をしっかりと観察しています。しつけにおいては、しつけが甘い人、ルールが曖昧になりがちな人をしっかりと見極め、都度その人物の隙をついた行動に出ようとします。
今や柴犬も室内で生活をすることが当たり前になっています。共に暮らす上でストレスを感じることが少なく済むようにしっかりと日々のしつけに取り組みましょう。

噛み癖について

pet_omocha生後3カ月頃までは乳歯の生え変わりの歯茎の不快感から頻繁に噛み癖が見られます。この時期、体も急速に成長し、それまで以上に行動範囲が広がり、運動量も増加します。
筋肉が発達することで、自身の力強さを試したいという気持ちも相まって、甘噛みでさえも相当な痛みを感じるほどです。
甘噛みは生後3カ月を目処にしっかりとしつけをし、飼い主や人間には噛みついてはいけないことを覚えさせましょう。

柴犬は、基本的に飼い主に忠実な気質を持ち合わせていますが、その反面芯が強く、自身の考えを曲げることができないという面もあります。

幼犬期の甘噛みのしつけを怠ってしまうと、成長後も自分の意にそぐわないこと、不快なことがあれば容赦なく飼い主や他人に噛みつく、威嚇をする行動をとることがあります。
成長後の柴犬の噛みつきは、大人であっても大怪我を負うこともあるので、いかにしつけが重要かを理解出来るでしょう。

甘噛みのしつけは、以下の方法で行います。

  • 飼い主と遊ぶ時は、手や足、洋服にじゃらせて遊ばせない
  • 噛みつきをした瞬間に、大きな声で叱る、驚かせる
  • 叱った直後に飼い主がその場を離れて、遊びを中断する
    (場合によっては子犬をサークルへ戻す。リードにつなぐなどの方法で行動制限をかけます)
  • 興奮状態になり、甘噛みが治まらない時は、子犬を仰向けに押さえつけ、じっと目を見つめ、冷静さを取り戻すまで仰向けの姿勢を保ちます。

子犬が抵抗を止め、大人しくなったら開放します。

生まれつき芯の強い気質の柴犬にとって、仰向けにされることは、相手との上下関係を認識させる効果的な手法です。この方法で飼い主との上下関係を理解させ、上位者に噛みついてはいけないことを理解させます。

ただし、この方法はやむやみに多用したり、押さえつけの方法やタイミングを間違えてしまうと、かえって反抗心を招き逆効果になりかねないので、甘噛みのしつけのみに限定して行うとよいでしょう。

気をつけたい病気と予防方法

柴犬といえば、屋外の厳しい寒さにも耐えうることから、つい体が丈夫な犬種という先入観が持たれがちです。しかし、このイメージは数十年前までの話しです。
現代の柴犬は親世代にさかのぼっても、屋内生活が当たり前になり、昔に比べると骨格もか細くなっています。決して柴犬だからと病気の予防を怠ってはいけません。

柴犬に多く見られる病気は、アレルギー・皮膚トラブル・内臓疾患です。
今やほぼすべての犬は何らかのアレルギーを持っている時代ですから、かゆみや脱毛など気になる症状がある時は、動物病院を受診し、アレルギーの原因物質の特定を行いましょう。
そして、原因物質は日々の食事や生活から完全に取り除き、生涯注意が必要です。
また、高齢になると次第に脱毛や皮膚疾患が目立つようになるところも柴犬の特徴です。年齢にあったケアを心掛けてあげましょう。

症状ごとにみられる病気(嘔吐,下痢,皮膚,呼吸,耳,足)

生後間もない時期に柴犬を家族に迎える場合は食欲不振・下痢・嘔吐・脱毛への注意が必要です。飼い主に忠実な気質をもつ日本犬だからこそ、親犬の元を離れ、新しい環境に馴染むまでに時間がかかってしまいがちで、中には数週間も食欲不振や下痢が続くこともあります。

生後間もない時期は非常に体調が不安定なので、しっかりとケアをし食欲の安定を第一に考えてあげましょう。

生後一年を目処に身体の成長はほぼ完了しますが、この時期は呼吸器の不調や脱毛などが気になることもあります。
散歩中に息が荒くなり、咳込むことがある場合は、動物病院に相談をしましょう。
また、一見丈夫そうに見える柴犬ですが、メンタルは非常に繊細です。ストレスから脱毛を起こすこともあるので、こまめにブラッシングをし皮膚、被毛のトラブル早期発見、早期対処を心掛けてあげましょう。

柴犬に保険は必要?

柴犬も他犬同様に保険加入をおすすめします。中型犬の平均寿命は今や10年を軽く超え、15歳を超える長寿犬も珍しいことではありません。
高齢になるにつれて様々な不調が目立つようになるので、ペット保険へ加入し、万全な備えをしておくと安心です。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加