コラム

秋田犬を飼う時に知っておきたいこと

海外での秋田犬ブームや「わさお」という有名犬の登場で一躍話題になっているのが秋田犬です。
最近では平昌五輪フィギュアスケート女子の金メダリスト、ザギトワ選手に秋田犬「マサル」が贈呈されたり、秋田県が正式に秋田犬の展示、飼育、保護の施設を開設することを発表したりと話題になっています。
注目を集める秋田犬について詳しくご紹介させていただきます。

秋田犬を飼う時に知っておきたいこと

秋田犬の性格・特徴

秋田犬とは東北地方を中心に古くから繁殖されている日本犬の一種です。数ある日本犬の中でも体は最大サイズで、東北地方の厳しい寒さにも耐えることが出来るよう頑丈な体をもっています。

秋田犬は本来番犬や野生動物の狩りや見張りの役目を担っていました。その相手は熊など凶暴なこともあり、決してかわいいペットとして輩出された犬種ではありません。一時はその屈強な体と忍耐強い気質から軍用犬として活用されたこともあるほどです。
ただ近年、これらの活用法が減少しペット向けに気質を改良し繁殖が行われる傾向もあり、徐々に一般家庭での飼育頭数も増えつつあります。

秋田犬の性格は

  • 飼い主に忠実
  • 忍耐強い
  • 知能が高い
  • 負けず嫌い

などを挙げる事が出来ます。オスは闘争心も強く、群れの統率意識を強く持ちます。
メスも基本的には屈強で、嫌いな相手や警戒すべき相手には強い姿勢で臨むことが多々あります。
大変知能が高く、飼い主に忠実ではあるものの、同居する人間全てを飼い主として認定し無条件な服従や愛情を見せるタイプではありません。
自身の基準で従うべき相手だと認めた相手に限り全幅の信頼を寄せる気質なので、たとえ家族だからといって誰の指示でもスムーズに従う事はありません。
このような気質をもっていることから、飼育に関して十分な経験と知識、秋田犬を扱う上で十分な体力が必要と言えます。

秋田犬の特長は

  • 被毛が密集している
  • 無暗に鳴かない
  • 骨太な骨格で重量感がある

などを挙げる事が出来ます。
ペットとして室内で飼育する場合、春と秋の換毛期の抜け毛は想像以上の量を想定しておく必要があります。
また闘争心が強く、気性が荒い事もありトリミングショップやペットホテル、ペットシッターなどのペット関連サービスの中にはシャンプーや爪切りサービスの利用を断る店もあるのであらかじめ引受先を見つけておきましょう。

秋田犬を飼いたい場合は?

秋田犬秋田犬はしつけ、扱いの面で十分な経験や知識を必要とするので、不特定多数の来客のあるペットショップでは子犬の販売を行わない方針を定めていることがあります。
飼育を希望する場合は、十分な経験と実績のあるブリーダーへの相談がよいでしょう。
秋田犬は大型犬ですから、先天性の骨格形成異常や内臓疾患がある場合、今後の治療費が高額になります。この点はあらかじめ十分に確認をし、信頼のおける方から子犬を入手しましょう。
保護団体や保護犬として秋田犬の里親を募集していることが多々あります。
この場合、持病や健康状態はもちろんですが、気質や人慣れ、それまでの生活環境なども十分に確認したうえで検討する必要があります。
秋田犬に限らず日本犬の多くは飼い主に全幅の信頼を置くあまり、環境の変化や飼い主の交代に馴染むまでに長い時間がかかることがあります。
それまで屋外生活をしていた秋田犬を屋内で飼育するといった大きな環境の変化や先住犬のいる家庭では不向きな事もあります。
外見の素朴な愛らしさだけで安易に考えるのではなく、将来を見据え十分な検討が必要です。

海外でも人気の秋田犬

アメリカを中心に海外でも秋田犬は人気犬種として定着しています。これは戦後アメリカ人が秋田犬を祖国へ持ち帰った事がきっかけで、素朴な外見と飼い主への忠実さが高く評価されたからだと言われています。
アメリカではジャパニーズアキタという名称で広く知られていて、日本の純粋な秋田犬にシェパードを掛け合わせ定着した事から、やや細見で足の長い体形をしています。

秋田犬のしつけ(トイレ,噛み癖,吠え癖)

秋田犬は大変従順で知能も高く、生活上のルールも一通り身に着けることが出来ます。
まずトイレのしつけは屋外、屋内いずれで済ませるのかを家族で相談しましょう。
大型犬は排泄量が多い事から屋外で済ませる方が多くみられますが、雨天や降雪、高齢期の事を考えると屋内トイレでの習慣があることは理想的と言えます。
子犬を家族に迎えたら、サークルを設置し、トイレに誘導しトイレシーツを使用するよう習慣づけを行いましょう。
屋外でのトイレを教えたい場合は、寝起き、食後、遊びの合間などこまめに屋外に連れ出し屋外でトイレをしても危険がない事、安心して済ませてよい事を子犬のうちから理解させ習得させます。
秋田犬も生後数か月までは乳歯の生え変わりのための甘噛みをします。遊びの合間に飼い主の手を噛んだり洋服にじゃれつくこともあるでしょう。
ただたとえ甘噛みであっても、将来大型犬になり屈強な気質をもっていることを考え全て禁止すべきです。
ガムやおもちゃなど噛みつく遊ぶ事が出来るものを与え、人間へ噛みつくことが決してない様にしつけます。
秋田犬は洋犬のように甲高く、無暗に吠えることはありませんが、もし吠えた場合の声は低く、よく響き、恐怖を感じる方もいるでしょう。
秋田犬が吠えるには相当な理由がある場合です。吠える理由を早期にみつけ改善策を講じ、無駄吠えが癖にならないよう取り組みましょう。

秋田犬の運動と毎日の散歩

散歩(男性)犬の運動不足、ストレス解消の場と言えばドッグランですが、秋田犬にはあまりお勧めできるスポットでありません。
秋田犬は古い時代の日本男児のような気質をもっていて、不特定多数の犬や初対面の犬とフレンドリーにじゃれ合い遊ぶ事が苦手に感じてしまうからです。
特に甲高い声で鳴く犬や威嚇する犬などには不快感をあらわにします。
一見まるで動じることなく無視をきめているように見えていても、内心ではストレスや不快感が芽生えているので適度な距離を保ちましょう。
日々の運動や散歩では飼い主と一緒に歩いたり、トレーニングをしたりという内容がおすすめです。
あまり機敏な動きも得意ではないので、適度な歩行や遠方までの徒歩遠足程度がおすすめです。

気をつけたい病気と予防方法(目,足)

秋田犬の平均寿命は10年前後です。高齢になるにつれて様々な不調が目立つようになります。
秋田犬との生活では
・アレルギー
・骨格の形成不全
・内臓疾患
・眼病
・癌
などに注意をしてあげましょう。
屋外で飼育する場合は毎年のフィラリア予防、ノミダニ予防も欠かしてはいけません。

秋田犬にペット保険加入は必要?

秋田犬は大型犬ですから、不調を起こした際の医療費も高額になります。内容によっては同じ病気で治療する小型犬の数倍もの医療費が必要になることもあります。
内臓疾患が起き回復手術をする場合、大型犬は30~50万円ほどかかり、入院費も数万円かかります。
癌を発症し高度医療を受ける場合は100万円もの医療費が必要になることも少なくありません。
骨格が丈夫なので骨折などの心配は少ないものの、内臓疾患や癌といった治療には時間も費用も大きな負担となるでしょう。
愛犬の万が一の時、高額な医療費の心配をすることなく安心して治療に取り組むためにはペット保険の加入がおすすめです。
ペット保険の加入には年齢や諸条件があります。若く健康なうちはペット保険の加入を不要に感じることもありますが必ず訪れる高齢期に備え早期に加入を済ませておきましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加