コラム

動物病院で保険を実際に使う方法から、流れまで徹底解説!

この記事は2017年6月30日の記事を再編集しました。

動物病院で保険を利用する立場になった時に慌てないために、実際の流れや動物保険証の使い方まで、徹底解説します。加入している動物保険を有効に使い、ペットが健康に過ごすことができるようにしましょう。また、保険を選ぶ際のヒントもご紹介します。

動物病院で保険を実際に使う方法から、流れまで徹底解説!

動物病院で保険を使用する方法とは?

ペット保険へ加入したけれども、動物病院でどのように使えば分からないという方もいると思います。ペットが怪我や病気をしてしまった際、保険の使用方法とその流れをまとめました。

  1. まずは動物病院へ確認をする
  2. 受診前に、加入しているペット保険会社と病院が提携しているかを確認します。最寄りの動物病院をピックアップし、保険会社との提携状況を事前に調べておくのが良いでしょう。
    ※動物保険証を持っている場合、提携している病院でないと使用することができません。

  3. 動物病院が保険会社と提携している場合
  4. 保険証受付の際に動物保険証を提示します。動物保険証を提示することで、病院のレセプトで保険補償額を差し引いた額の医療費請求がされます。保険請求に関する手続きは一切必要ありません。

  5. 動物病院が保険会社と提携していない場合
  6. 病院で直接保険を利用することができません。まずは、請求額の10割(全額)を支払います。その後、保険会社へ直接保険金請求の手続きを行います。

請求方法はどんなものがある?

動物保険の請求方法は、2つの方法があります。先に挙げた保険を使用する方法と併せてご覧ください。

窓口清算

動物保険証を提示する支払い方法を窓口精算と言います。
動物保険証を提示することで、どの保険へ加入しているのかが分かり、保険請求を病院側が代行して行います。そのため、被保険者でもある飼い主は、保険会社へ直接保険金の請求をする手続きが一切不要となります。
病院で当日支払う金額は、加入している保険内容に応じた補償分が差し引かれた金額なので、飼い主の金銭的負担がわずかで済むメリットがあります。

対してデメリットは、動物病院と保険会社が提携していないと保険を使うことができないこと、年間の保険利用上限を超えてしまっている場合も保険が使えず、医療費の全額を負担することになるという点があります。

動物保険は一般的に年間の通院上限を20回程度、補償上限額を100万円前後に設定しています。定期的な通院をしている場合には、「治療内容によって保険を使うか否か」のラインを決めておく必要があるでしょう。

直接請求

動物病院が保険会社と提携していない場合、動物保険証が使えないため、保険会社へ直接請求する方法です。
診療後は、まず請求された医療費を全額支払います。その後1週間~10日以内に保険会社へ保険金請求の手続きを行います。つまり、保険金は後日受け取るという形です。

家族と獣医とペット直接請求のメリットは、「窓口精算」ができる保険と比べると保険料を安く抑えることができます。しかし、通院の度に保険金請求の手続きを行う必要があるのがデメリットです。

さらに、保険金は後日指定されている方法で入金されるので、補償分の保険金を受け取るまでに時間がかかるという点も挙げられます。

保険会社ごとに請求方法が異なる補償内容がある?

ペット保険の選び方は、窓口精算ができる保険か直接請求しかできないのかという選択肢には限りません。ペット保険はその商品ごとに補償内容が異なります。

ペットを飼う者として飼い主と病院の距離感はとても大切なものとなります。「検診は定期的に行き、軽症でも病院へ連れて行きたい」「大きな病気が疑われる時のみ病院へ行けば良い」など、考え方によってペット保険との付き合い方も変わってくると思います。

こうしたことから、加入検討の際には、請求方法だけではなく補償内容や保険料にもこだわるのが良いと言えます。

しかし、保険商品が多くそれぞれに良し悪しがあるため決め手に欠けるという意見もあります。そういった場合は、複数社の保険をきちんと比較することが大切です。当サイトでは資料請求や見積もりを受けることも可能です。

万一の際にペットに安心して満足な治療ができるようにするためのペット保険です。ライフスタイルと照らし合わせて、飼い主が安心できる保険を見つけてください。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加