コラム

注意!ハリネズミの熱中症

臭いも少なく、かわいいと大人気のハリネズミをペットとして飼う場合は、年間を通じた室温管理が大切です。
特に夏は昼夜を問わずエアコンをつけ熱中症対策を講じてあげましょう。
もし熱中症を起こしてしまった場合も応急処置の方法を習得しておくと落ち着いて対処することが出来ます。

注意!ハリネズミの熱中症

ハリネズミが熱中症を起こす原因

ハリネズミをペットとして飼う方が増えた事で熱中症を起こし命の危険に直面するハリネズミが急増しています。
ハリネズミはとてもデリケートな動物なので、日ごろから正しい室温管理の方法を知っておくことが大切です。

ハリネズミが熱中症を起こす原因は、

  • 室内の気温上昇
  • エアコンをつけ忘れたままの外出
  • プラスチック製衣装ケースでの飼育
  • 過度な保温

等を挙げることが出来ます。
ハリネズミは寒がりな動物というイメージが強いせいか、過度な保温をしてしまう方も多々いますが、基本的には人間が快適と感じる程度の室温であれば問題ありません。
暑さの基準は人間が室内で過ごすうえで汗ばむ程度であれば冷房を使用しましょう。
またハリネズミをリビングや子供部屋で飼育している場合、夜間は無人になるからとエアコンを切ってしまう事もあります。しかし今や夏でも気温が下がらない熱帯夜になることも珍しくありません。
この夜間の暑さで熱中症になることもあるので十分注意をしてあげましょう。
効率的に冷風を送る方法として扇風機も思い付きますが、扇風機は一方向に風が当たりすぎてしまい今度は冷やしすぎの問題も生じるので風を送る向きには十分注意しましょう。

ハリネズミ用飼育ケージの代わりにプラスチック製衣装ケースを代用する方法がインターネットやSNSを通じて多数紹介されています。
ハリネズミの様子がよく見える上に軽量で掃除もスムーズと大好評です。
ただ衣装ケースは冬季であれば保温性が高くおすすめの用品ですが、夏季は内部に熱がこもり、通気性が悪く熱中症の危険をはらんでいます。
衣装ケースで飼育をする場合は内側に温度計、湿度計を取り付け、容器内の温度を把握してあげましょう。

ハリネズミの熱中症予防対策

ハリネズミの熱中症対策には

      ・通気性のよいケージ、容器で飼育する
      ・エアコンを適温で常に稼働させておく
      ・風通しのよい場所にケージを置く
      ・直射日光のあたらない場所にケージを置く

これらの点を心がけてあげましょう。
またエアコンの利用で室温が下がりすぎてしまう事が不安な場合は
・ケージ内にハリネズミ用ハウスを置く
・ケージ内のチップを多めにする
・小型ペット用ヒーターをおき、暖をとれる場所をケージ内に常設しておく
熱中症予防などの方法がおすすめです。
広めのケージを用いて、暖かい場所、風をよけることが出来る場所を用意しておくと、ハリネズミにとっての適温も把握しやすくなります。

熱中症になった時の症状

ハリネズミは昼間は寝ている時間が大半な上に、少しでも触れようとすると瞬時に丸まり針を出してしまうものです。そのため、なかなか体調不良を早期に発見することが難しいでしょう。
熱中症はその程度によって症状が異なりますが、早期発見をし適切な処置を施せば自然治癒も出来る症状です。少しでも気になる点があれば応急処置を施してあげましょう。
熱中症の症状は、

  • 歩くときにふらついている
  • 歩きながら倒れ、立ち上がるを繰り返す
  • 横たわったまま動かない
  • 物音に反応せずに、触ろうとしても針が動かない
  • 荒く短い呼吸をする

などです。
もしハリネズミが自力で立ち上がることが出来ない上に、針が寝たまま反応をしないという場合は重篤な症状を起こしているサインです。至急応急処置を施してあげなければいけません。

病院に行くまでの応急処置

もしハリネズミが熱中症を起こした場合は、

      ・自宅にある保冷剤を体に当てる
      ・氷を袋に入れタオルやハンカチで包み体に当てる
      ・扇風機やうちわであおぎ風を送る
      ・室温を下げる

この方法でしっかりと体を冷やします。
氷をビニール袋に入れたまま直接体に当てると、針でビニールが破れる事があるので薄手のハンカチやタオルで包みます。また体をいち早く冷やすためにと、ハリネズミに水をかけたり、水につける方法は危険を伴います。

万が一、気管に水が流れ込んでしまうと溺死してしまう事があります。
この状態でしばらく冷却を続け、徐々に呼吸のペースが落ち、ゆっくりと深い呼吸に変われば応急処置の効果があったという事です。
ただあくまでも一時的な処置ですから、応急処置をしながら動物病院に連絡をし指示を仰いだり、通院の連絡を済ませましょう。病院まで運ぶ間も保冷剤などを当て体を冷やしておくと効果的です。

もし応急処置を終えた段階で、自力で立ち上がることができ、呼吸が安定してきた場合は、過剰に冷やしすぎると逆効果になるので様子を見つつ、保冷剤の使用を調整しましょう。

病院での治療と回復後の管理

ハリネズミ熱中症の症状は体の小さなハリネズミに瞬時に多大なダメージを与えます。応急処置をすることで一時的に自力歩行が出来るほどに回復することもありますが、体内部のダメージが回復していないことが多くその後数日は食欲不振や下痢が続くこともあります。

熱中症を起こした時は、その程度に関わらず動物病院を受診しましょう。
動物病院では、

      ・発症時の症状
      ・発症の原因
      ・発症したと思われる時間(何時間程度症状が起こったか)
      ・施した応急処置

を伝えましょう。
通常動物は皮膚を軽くつまみあげたり、触れることで脱水症状の有無やその程度を診断することが出来ますが、ハリネズミの場合このような方法を用いることが出来ません。
そのため治療はできる限り詳しく状態をヒアリングしたうえで、考えられるダメージを想定し行われます。
熱中症の治療には、点滴、抗生物質の投与、回復用のフードの給与などが行われます。

また発症時間が長い、体を冷却しても症状が回復しない場合は採血し血液検査を行い内臓へのダメージを確認する方法もあります。
この方法はより確実な診断を下すことが出来ますが、採血をするために麻酔を必要とする場合もあり、麻酔によってハリネズミにさらにダメージを与えることを承知しておかなければなりません。

熱中症によって動物病院を受診する際の医療費の目安は、治療内容によって費用は異なりますが、3000~10000円ほどです。

ハリネズミがペットとして人気になる一方、その特殊な性質、形質から診察、治療が可能な動物病院の数は多くありません。ハリネズミの飼育にあたってはあらかじめ近隣に診察可能な動物病院があることを確認しておきましょう。
可能であれば小動物の治療に実績、経験があり、万が一の場合には入院、手術対応も可能な動物病院が望ましいでしょう。

ハリネズミは日ごろはさほど手がかからず飼育可能ですが、ペットホテル、爪切りといったサービスの利用にはまだまだ依頼先が少ないものです。
動物病院の中にはこれらのサービスも含め対応が可能なこともあるので、かかりつけ医を選ぶ際に合わせて確認をしましょう。

まとめ

ハリネズミは本来暑さ寒さに敏感な動物です。ともに生活をするうえでは年間を通じて室温管理をしっかりと行いましょう。
もし熱中症を発症してしまった場合は保冷剤や氷を使用し早急に体温を下げ、動物病院を受診しましょう。
家庭では万が一の場合に備え、保冷剤を常に冷凍庫に入れておくと応急処置に活用することが出来おすすめです。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加