コラム

ハムスターの病気・ケガ豆知識

この記事は2016年11月2日の記事を再編集しました。

ハムスターは、自分の調子が悪いことを周囲に気づかれないよう振る舞う習性があります。そのため、病気になっていたとしても、なかなか判断がつかないことがあります。

アレルギーや細菌等によって皮膚炎を起こすことも多く、ケガをすると動き回ったり、咬みついたりして、傷口をより広げてしまい、最悪の場合は命に係わることもあります。
元気にケージの中を走り回っていることが、実は病気のサインであったり、逆に動かないことが病気のサインであったり、不調であるサインが分かりにくい動物です。

昨日まで元気だったハムスターが、突然翌日亡くなっているということもあるので、油断は禁物です。

今回は、ハムスターが不調な時の見分け方や対処方法、病院受診の目安や治療方法等の情報をまとめました。

ハムスターの病気・ケガ豆知識

ハムスターの病気は早期発見が必要

ハムスターは不調を隠す習性があるため、病気を発見しにくい動物です。ハムスターが不調を隠すのは、捕食者に弱った姿を見せて目をつけられないようにするためです。

弱った状態だと、集団の中でも地位が脅かされやすく、自然界では病気やケガをアピールすることで得られるメリットはありません。そのため、大抵の動物は弱っているところを隠す傾向にあります。
しかし、病気になると生理的な特徴が出てくるので、それを見逃さないようにすることが重要です。

見てわかる症状

ハムスターが不調な時に見せる、わかりやすい症状は体重の極端な増減、脱毛、毛並みの色艶が悪いといったことが挙げられます。

その他、やたらとケージ内を走り回る場合は、内臓や神経に疾患がある可能性があります。これは、ハムスターがパニックを起こしていることが原因の行動と考えられます。
逆に、じっとして動かなくなる場合、もし体を丸めていればお腹側に、反っていれば背中側に疾患があると推察できます。

ハムスターの病気は見つけにくいですが、早期発見できれば治癒も早く対応でき、治療費も安くなるので、日頃からの観察を欠かさないようにすることが大切です。

ハムスターの皮膚炎に注意!

ハムスターはアレルギー性皮膚炎を起こしやすい性質があります。

ケージの床の素材や飼育用具の材質、食糧によってアレルギーを起こすと考えれており、主な症状は軽度の脱毛及び湿疹がみられます。お腹側に症状が出ることが多く、肥満傾向にあるハムスターに起こりやすいという特徴があります。

応急処置として、餌を変えてみる、栄養素を満遍なく摂取できるように、いろいろな種類の餌を与えるという方法があり、ハムスターのアレルギーは食事で改善できるケースが多いです。
また、肥満傾向にあるハムスターの場合は、食事量を制限することでダイエットをさせることも効果的です。

アレルギー性皮膚炎の治療はステロイドを使用しますが、カビが原因の皮膚炎の場合、症状を助長してしまう可能性があるので注意が必要です。

また、細菌感染によって引き起こされる皮膚炎もあり、症状は脱毛と赤い湿疹がみられます。
治療方法は抗生物質の投与となるので、動物病院を受診する必要があります。

ケージの環境が不潔でも皮膚炎は発生しやすいので、常にケージは清潔に保つようにするよう心掛けましょう。

元気なハムスターはケガが多いので注意!

元気なハムスターは、ケージの中を元気に走り回ったり跳ねたりして、いろいろなところに身体をぶつけたり、引っかかったりします。また、元気なハムスター同士は喧嘩をすることもあり、咬みつき合うことも多いです。

ハムスターが元気でいてくれることは何より嬉しいことですが、元気すぎることが、結果大ケガに繋がってしまい、命に係わる外傷を負うことも少なくありません。
走るハムスター
外傷のほとんどはすぐに自然治癒しますが、稀に骨折などをしてしまうと、自分の足を噛んで、余計に悪い状態にしてしまうこともあります。足を引きずっている様子がみられる場合には、病院を受診して治療を受けるようにしましょう。

また、ケージが広いとケガをしたまま動き回ってしまい、ケガの状態を悪化させてしまうこともあります。こういった場合には、ケージを極度に狭くして、ケガが治癒するまでは動きを抑制する方法も取られます。
長時間動きを抑制するとストレスになってしまいますが、ハムスターは自然治癒力が高いので、3日~1週間程で治癒します。ですが、異変を感じた際には、獣医師に診てもらうようにするのが何より安心です。

日本アニマル倶楽部株式会社

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加