コラム

ペット保険加入前に知っておきたい4つのこと

この記事は2016年8月9日の記事を再編集しました。

近年ペットにも現代病が増えています。人間の生活習慣病と同じように、心臓疾患や肥満のような継続した治療が必要となるケースが多くなっています。

そのため、ペットを飼う時一つの準備として検討したいのがペット保険です。人間と同じようにペットも保険で備えることができます。

ペットには健康保険がないので、小さいケガや軽い病気でも治療費が高額になりがちです。また、緊急手術や長期的な治療が必要となると、医療費が飼い主さんの家計の大きな負担ともなってしまいます。

今回はペット保険を選ぶ時に種類がたくさんあって決めることが難しいという方へ、加入前に知っておきたい4つのことを紹介します。

ペット保険加入前に知っておきたい4つのこと

ペット保険の審査

犬や猫、小動物のためのペット保険は、人間と同じように加入の際に審査があります。

審査の基準は、各保険会社により異なりますが、告知書やペットの健康診断書が必要となることもあります。もちろん、ケガや病気があった際には、内容によって加入ができないこともあります。

既往症(既往歴)があっても加入はできるの?

ペット保険は前提条件として、加入の際「健全・健康な状態である」ということをどの会社も掲げています。つまり、保険会社が指定する特定の病気を患っていた場合、指定する加入不可条件に合致してしまうと、加入が認められません。

既往症の例として多くみられるのは以下となります。

  • 悪性腫瘍
  • 腎不全
  • 糖尿病
  • てんかん
  • 緑内障、白内障
  • フィラリア症
  • 猫エイズ

しかし、傷病が一過性のものであり、完治ができる、完治していると判断された場合には、加入が認められる事例もあります。また、特定傷病補償対象外特約(その傷病は保険金の支払いをしませんといった特約)をセットにすることで、加入が認められることもあります。

このように、必ずしも既往歴があると加入ができないということではありません。傷病がある場合でも、特約を付けることで加入が認められるようなケースもあるので、まずは調べてみることをおすすめします。

高齢でも加入はできるの?

多くの保険は、満9歳以上は加入審査において健康診断書が必須となったりと、年齢が上がることによって加入条件が厳しくなります。

人間と同様に、ペットも加齢と共に病気のリスクが高くなるので、通院頻度も高くなります。そのため、保険会社では加入時の年齢と年次更新で年齢制限を設けていることが多くあります。

高齢ペットでも、新規加入時の年齢制限をクリアすることができれば、その後は終身で更新可能な保険プランを扱っている保険会社もいくつかあります。
※更新年齢に制限を設けているところもあり、更新ができなくなることを避けるためには、予め終身型の保険を選ぶことをおすすめします。

高齢犬、高齢猫の新規保険加入を検討している場合には、まず年齢が加入可能範囲内であるかどうかを確認しましょう。

補償内容を同時に確認

年齢確認をしたら、補償内容を確認しましょう。

動物たちも人間と同じように高齢になることによって、長期治療が必要となる病気を発症することもあります。病気の内容によっては手術が必要となるものもあり、結果的に医療費が高額になるケースもあります。

将来的な病気のリスクを考える場合には、補償が手厚い保険を選ぶと安心できます。

しかし、補償が手厚い保険の場合、月々の保険料が高くなることを忘れてはいけません。必ず補償内容と保険料のバランスを確認し、よく保険内容を理解することが大切です。

血統書がなくても加入はできるの?

血統書は、そのペットの血筋を書面で明らかに残すことで、近親交配を避け、その血筋を純血で残していくことを本来の目的としています。

血統書があるというのは、ネームバリューにもなり買う側もひとつの安心材料となります。そのため、血統書付きの犬や猫はペットショップで高い価格で販売されているのです。

保険会社では血統や血統書の有無によって加入制限をするような規定はありませんが、血統書は血統証明だけではなく、その動物の詳しい生年月日が記されていることから、保険加入時に重要である年齢が分かるので、提出を求められることがあります。

血統書が無かったり、雑種や譲渡されたペットは、年齢が分からないので、動物病院にて獣医師の診察で推定年齢として証明するようになります。(譲渡の際には、ワクチンの証明書を貰うと、そこに年齢が記されていることがあります。)

動物病院では、歯や関節などの状態から年齢を推定しています。保険加入前の健康診断としても良い機会となるので、受診しておくと安心です。

ペット保険の「特約」とは

人間の保険と同じように、ペット保険にも「特約」があります。

ペット保険でよくある特約が「ペット賠償責任特約」です。他人や他のペットへ、飼い犬が怪我を負わせてしまった場合、物を壊してしまった際に必要な治療費や慰謝料、修繕費の賠償金を補償してくれる特約です。
保険会社
この類の事故は想像以上に多く発生しています。中でも、他人に対してケガを負わせてしまった際には、治療費だけではなく慰謝料も必要となるため、かなりの金額が必要となる可能性があります。(示談交渉を行ってくれる保険会社もあります。)

しかし、ペット賠償責任特約がある会社とない会社があるので、比較する際には、判断材料の一つとして確認するようにしましょう。この特約は、多くの場合保険料の金額も少額となるので、金銭的に余裕がある場合には付けておきたい特約です。

その他様々な特約を用意している保険会社も一部あります。ペット用の車椅子の購入費用を補償する特約、ペットが亡くなった際の葬儀費用(火葬費用等)を補償してくれる特約等。

ペット保険は途中解約ができるの?

ペット保険の解約には、2つのケースがあります。自分の意思で解約をする「任意解約」と、ペットの死亡による「契約の失効」です。こちらでは「任意解約」について説明をします。

基本的にペット保険は途中で解約をすることができます。(会社によって規定が異なります。)
しかし、解約をする際に気になるのが保険の掛け金でもある「保険料」です。

月払いで保険料支払いをしている場合、解約手続き後の保険料支払いはもちろん不要となります。しかし、保険料を年払いにてすでに支払いっている場合は、支払い済の保険料の一部が払い戻されることがあります。(保険会社により異なります。)

払い戻しがある場合、その割合は保険会社によって決められています。
たとえば、満期までまだ半年ある状態で解約をした場合、50%払い戻しをしてくれる会社もあれば、30%の払い戻しとなる会社もあります。

先々解約することもあるかもしれないと考える場合には、保険料の安さだけではなく、きちんと返戻率についても確認をして保険選びをすることが大切です。

保険見直し時、乗り換えの際に注意したいこと

ペット保険加入中に、保険の見直しや乗り換えをする場合に注意したいのが「解約の時期」です。

契約日から補償開始となる日までを「待期期間」と言い、この期間はたとえ病気や怪我で補償が必要となっても補償を受けることができません。そのため、乗り換え手続きと同時にこれまでの保険解約をしてしまうと、待期期間によって補償を受けることが一切できない空白の期間ができてしまいます。

ペット保険の見直し、乗り換えをする際には、契約時の待機期間をきちんと確認した上で、解約手続きをするように注意しましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加