コラム

お留守番も居心地よく

犬や猫と暮らしているとお留守番について心配になります。
犬も猫も私たちが考えている以上に社会性が高く、お留守番はとても大きなストレスがかかります。
しかし、犬や猫にお留守番をしてもらうのはなるべく避けたいと思っていても、どうしてもお留守番をしてもらわないといけないときもあります。
そんなとき、ペットホテルに預ける方法が一番一般的で、すぐに頭に浮かぶのではないでしょうか?では、犬や猫になるべく負担がかからないようにするにはどうしたらいいでしょうか?

お留守番も居心地よく

ペットホテルに預ける

よく行われているペットホテルに預ける方法は一番手軽な方法で、日時を指定し、ホテルへ連れて行き、お迎えに行くというのが一般的な流れです。今は動物病院やトリミングサロンに併設されているペットホテルもたくさんあります。

便利な反面ちょっと心配なこともあります。
面識のないたくさんの犬猫がクレートやケージの中にいるので、吠える声や不安そうな声が聞こえてしまいます。知らないところ、あまり慣れていないところにいることで大きなストレスがかかってしまうこともよくあります。そのため、ご飯を食べなかったり、お腹を壊してしまったり、排泄を我慢してしまったりということもよく聞かれます。お店によってはケージが狭かったり、人の出入りが多くめまぐるしかったり、室内の音楽が騒がしかったりするところもあります。繁華街にある場合もあるので、お散歩に適していない場所を散歩コースにせざる得ない場合もあります。
やはり知らない環境でクレートに入っていなければいけないというのは、犬や猫からすると大変辛い思いをすると考えられます。

シッターを利用する

ほかには、シッターを利用する方法もあります。
最近ペットシッターも増えているので、以前よりは利用しやすくなってきています。
いつも暮らしている場所にいることができるので、ホテルに預けるよりはシッターを利用するほうがストレスを少なくすることができます。シッターを頼む場合は、何度か犬や猫との顔合わせをして、よく慣れた状態にしておくことがとても大切です。
シッター当日に初めて会ったり、まだ慣れていない場合には怖がって出てこないという事態に成りかねません。これではせっかくシッターをお願いしたのに、余計ストレスをかけてしまいます。

専門のシッターさんでなくても、犬や猫が慣れて慕っているご近所さんやお友達などにシッターをお願いしてもいいと思います。
犬はお散歩とご飯と水変え、猫はご飯と砂を取り換えることをしてもらうだけでも落ち着いて過ごすことができます。しかし、何度か会って、一緒に飼い主さんとのお散歩に同行したりしていたとしても、お留守番で不安にいるのでなかなか出てこないことやお散歩に行かないこともあります。そんな時は、無理強いしないで、その犬や猫のペースで安全だと分かるまでソッと距離を置いて見守るようにお願いしておきましょう。また、シッターをしてもらう犬や猫の情報や散歩の仕方も細かく伝えておくと安心です。いたずらをしていたとしても怒ったり、大きな声を出したりしないようにお願いしておくとよいでしょう。
シッターをお願するときは、家の鍵を預けたり、犬に慣れてもらうために何度も訪問したりするといった手間はかかりますが、安心してお留守番をするためにも手間を惜しまないことをおすすめします。

お留守番によるストレスの問題

お留守番が終わったら、しばらくゆっくり一緒にいてあげるようにしてください。
やむ負えない外出は仕方ないとしても、なるべく留守番が長くならないようにスケジュールの調整を行うなど、気にかける習慣をつけるようにしましょう。

どんな犬でもお留守番時間が6時間を超えるとストレスによる問題が現れます。吠えたり、家具を引っかいたり、興奮して噛みついたりします。このような犬の問題行動はストレスによる行動です。また、行動に現れず、体調不良として現れる場合もあります。
お留守番のために大切な愛犬、愛猫が不安になったり、ストレスで苦しんだりすることがないように外出をする際は色々と工夫し、その子に合った方法で過ごさせてあげるようにしましょう。
コラムニスト:アニマルライフアドバイザー ソラ

■関連記事
犬だって大変。ストレスと上手く向き合う方法(みんなのペット保険編集部)
ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加