コラム

犬の居場所を作りましょう

犬を迎えるとき、これから愛犬と楽しい暮らしをしよう、ちゃんとお世話して幸せにしてあげようと思うのではないでしょうか?
私もそう思っていろいろと試行錯誤してきました。クレートも使ったことはあるし、犬にいいかもしれないというものはほとんどすべて取り入れたように思います。そんな中で気づいたこと、犬についての勉強をしているとき、そしてたくさんの犬を見てきて分かったことをお伝えしようと思います。

犬の居場所を作りましょう

犬の居場所とクレート

今、日本ではクレートやケージを犬の居場所にするという考えが増えてきています。そしてクレートやケージを好きにするためにクレートトレーニングを行うこともあります。
クレートトレーニングが必要とされる理由として

・くつろげる、安心できる場所の提供
・問題行動(無駄吠え、誤飲、いたずら、噛みつきなど)の抑制
・緊急時に備えて(入院時や災害避難のとき)

などの理由があります。
ネット検索をしたり、しつけ教室やパピーパーティに参加したりしてもこのようなことはよく言われています。緊急時にクレートに入ることはとても大事なことですが、寛げる、安心できる場所の提供と問題行動の抑制はクレートやケージでなくてもできるのではないかなと思うのです。

寛げ、安心できる場所の提供

クレートやケージのあの狭い空間が大好き!という子ももしかしたらいるかもしれませんが、多くの犬たちはあまりハウスで寛いでいるように感じることがなく、それよりも人間のベッドで大の字になって寝ていたり、コタツの中でベローンと伸びでいたりすることのほうが多いものです。

犬がクレートやケージの中で安心するというのはどうして考えられたのでしょうか?それは、野生の犬たちは巣穴をほって生活をするので、それに似た狭い空間のクレートが犬は安心するのではないかという発想です。
しかし、そもそも巣穴はいつもで出入り自由だし、好きなところに巣穴を掘ることもできます。形状もお盆型だったり、横穴だったりいろいろなものがあるのです。クレートが巣穴の代わりになるというのはちょっと無理があるかなという印象を受けます。

寛げ、安心できる場所の提供は日当たりのいい場所や静かな部屋の隅など居心地のよいところを提供しましょう。その子のお気に入りの場所にお気に入りの素材のクッションやベッドを置いておくだけでもう十分です。信じられないかもしれませんが、お気に入りの場所が見つかるとほとんどをそこでのんびり過ごしたりします。お気に入りの場所、自分の居場所は犬たちに見つけてもらい、決めてもらうのが一番です。フワフワな感触が好きな犬も薄いマットが好きな犬もいます。好みは犬によって様々なので自分の犬がどんなものが好きなのかを見つける楽しさもあります。

同じ家のなかでクレートの中やケージの中にいることはやっぱり家族と一緒にいることが出来ない寂しさや不安が犬の中で渦巻きます。同じ部屋にいるのに仕切られるというのは悲しいことではないでしょうか。

問題行動の抑制

問題行動も実はクレートに閉じ込めることで悪化することがとても多いです。
実は、無駄吠えや誤飲、いたずら、噛みつきは犬の習性が満たされずストレスいっぱいになることにより引き起こされています。そのストレスがいっぱいの状態の犬たちをクレートに入れてしまったら、もっと自由が制限されることによってどんどんストレスがさらに蓄積していってしまいます。
自分の自由に動けないというのはとてつもないストレスがかかります。いたずらをされては困るものは片づけておく、誤飲をされるようなものは出しておかないことで対処できます。

緊急時について

実際にそうなったときのことを詳しくシュミレーションすることが大切になってきます。
入院する時は犬はぐったりしていたり、元気がない状態のことが多いです。小型犬であれば大事にスリングやキャリーバックに入れて運ぶことが出来ますし、中型犬以上になると大きめのソフトクレートに入ってもらうようにすればいいと思います。自分から入らなくてもちょっと支えたり、補助してあげたりすれば大丈夫です。

災害時の同行避難のときは犬猫が一緒に入れる同伴避難所は残念ながらまだとても数が少ない状況です。
お住まいの地域での同行避難また同伴避難がどうなっているか、避難所での犬猫の扱いはどのようになっているのかをまず調べることがとても大切になってきます。そして、避難所で一緒にいられない場合のシミュレーションをしておくことがとても重要になってきます。

日ごろすることは、避難の練習ではなく、居心地のよいスペースを提供し、のんびりと一緒に寛ぎながら過ごすことです。のんびりと犬らしく、ストレスが少なく過ごしていると、いざというときに頭を働かせることができます。

コラムニスト:アニマルライフアドバイザー ソラ

■関連記事
犬だって大変。ストレスと上手く向き合う方法(ペットタウンの保険編集部)
ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加