コラム

初めての子猫!迎え入れた時に注意すること

初めての子猫は、かわいいという気持ちになると同時に、ちゃんと育てていけるだろうか、しつけも出来るだろうか、という不安な気持ちになることもあると思います。
ですが、最初に揃えるべきものを揃えて予習をしておけば、なんとかなるものです。

今回は、子猫を迎え入れることになった時には何を揃えれば良いのか、何をすれば良いのか、なりやすい病気は何かなど、始めての猫を飼うことになった飼い主さんにも分かりやすくレクチャーしていきたいと思います。

初めての子猫!迎え入れた時に注意すること

猫を迎え入れる前に揃えるべきもの

子猫を迎え入れることになった場合、最低限必要なものは次の7つです。

      1、水入れとフード入れ(赤ちゃんの場合には哺乳瓶やシリンジ)
      2、キャットフード(赤ちゃんの場合にはミルク)
      3、猫用のトイレと猫砂
      4,爪とぎ
      5、寝床(ペット用ベッド等)
      6、ブラッシング用のブラシやくし
      7、キャリーバッグ(病院等に行くための移動時に必要)

その他、出来れば次のものも用意しましょう。

      ・猫用ケージ(保護猫や、しばらくケージ飼いになる場合には2~3段がおすすめ)
      ・首輪(迷子札)
      ・猫用おもちゃ(猫じゃらし・ぬいぐるみ・ボール等)
      ・高低差のあるキャットタワー
      ・ペット用消臭剤(トイレ・空間用)
      ・子猫用おやつ(しつけ用)

また、子猫が隠れられるスペースを空き箱などで作ってあげると、子猫にとってより快適な空間になります。

子猫を迎え入れる時の注意点とケア方法

月齢を知ろう

子猫は、月齢によりお世話の仕方がどんどん変わってきます。どの月齢の子を迎え入れるのかを予め知っておくことは大切です。

また、保護猫等で月齢などが分からない時には、保護したらすぐに動物病院で、病気や寄生虫などがいないか等も含めて検査することも大切です。

ミルクをあげるタイミング

まだ、哺乳瓶等からミルクを飲む子猫の場合、月齢によりその量や時間の間隔が変わります。

ミルクを飲む子猫保護猫なら、保護してすぐにまずはミルクを与え、その後病院で月齢を確認して獣医師からアドバイスを貰いつつ、ミルクをあげると良いでしょう。また、ペットショップやブリーダーから迎え入れた場合は、ショップ等で教えて貰えますので同様にしましょう。

保温

ミルクを飲んでいる期間の子は、自分で体温調節することが不得手なので、保温も大切になります。ペットボトルにお湯を入れて、その周りをタオルで包んだ即席湯たんぽ等でも大丈夫ですので、ベッドの横に置くなどの、体温キープも必要になります。

室温と湿度の管理

子猫の場合は、成猫の快適室温よりも高く、25℃~28℃位が快適室温になります。湿度は50~60%ほどが良く、これは成猫と同じです。

室温は、部屋全体を温めることが難しい場合は、子猫の周りだけ湯たんぽやヒーターを入れるなどで調整することも可能です。どちらの場合にも、直接熱源に接触してしまうことのないように注意が必要です。

ワクチン予防接種

生後8週位に1回目、それから一ヶ月後に2回目、動物病院によっては3回目の摂取がある場合もあります。このワクチン接種で、猫風邪と呼ばれるウイルス性鼻気管炎やカリシウイルス感染症や、猫白血病、クラミジア感染症、汎白血球減少症などから子猫を守ります。

ただし、抗体が出来るまでには2週間ほどの時間がかかりますので、その期間はウイルス感染などをしないように、注意する必要があります。また、希に拒否反応を起こすこともありますので、接種当日は特に注意して様子を見るようにしましょう。

部屋の小物類について

子猫は、2ヶ月でもう自分で行動出来るようになってきます。徐々に行動範囲も広がっていきますので、誤飲を防ぐためにも、部屋の中に子猫が口に出来るような小物類があったら、手の届かないところに片すようにしましょう。

掃除の徹底

ノミダニなどの感染の防止と、毛髪などを飲み込んでしまうことの防止にも有効なのが掃除の徹底です。

特に、長い毛髪が消化器官等に入ってしまうと、腸などが切れてケガをしてしまうこともあり大変危険です。掃除機だけでなく、コロコロ等と呼ばれる粘着テープなども駆使して、カーペットなどに絡まった毛髪等も取るようにしましょう。

子猫のうちに慣れさせておきたいこと

お返事

名前を呼んで鳴いてくれたらおやつをあげる等することで、しつけが可能です。返事をしてくれることで、居場所を知ることが出来るので、事故の防止や災害時の避難等にも役立ちます。

ブラッシング

短毛ならラバーブラシ、長毛ならピンブラシなどでマッサージをするように、やさしくブラッシングすることで、これは気持ち良いことなのだと覚えさせます。これにより、毛玉が消化器官等に詰まること(毛球症)の防止に繋がります。

爪切り

膝の上に乗せて、後ろから抱き抱えるような格好で手足の爪を切ります。切る時には、爪の根元を押すと爪が出てきますので、血管を切らないように、血管から2mm以上離した位置で、猫用爪切り等でカットします。これは、飼い主さんを含めたケガの防止に繋がります。

歯磨き

歯ブラシする猫猫は、歯肉炎や歯周病になりやすいので、幼い頃から歯磨きに慣れさせておくことは大切なことです。

最初は、湿らせたガーゼ等を指に巻いて歯を擦る程度から、徐々に口の中に指を入れることを慣らしていき、出来ればペット用ブラシでのブラッシングも抵抗なく出来るようにします。難しい場合には、液体歯磨きを歯に塗るだけの方法もあります。

キャリーケース

キャリーケースは病院等への移動時だけでなく、災害時にも非常に役に立ちます。

しかし、病院に行く時だけにキャリーケースを使うと、入れただけで“嫌な病院に連れて行かれる”と思うようになり、キャリーケース自体が嫌いになってしまいます。普段からケースの扉を開けて出入り自由にすることで、慣れさせると良いでしょう。

子猫がなりやすい病気とは?

子猫の内は、自分で体温調整をすることが難しく、すぐに衰弱してしまう可能性があります。少しおかしいと思ったら躊躇することなく、すぐに獣医師に見せることが非常に大切です。

その他、子猫に多い病気にはどのようなものがあるのでしょうか。

子猫衰弱症候群

これは病気の名称ではありません。何らかのトラブルや先天異常、不注意等で低体温になり、生後すぐに死亡した場合に総合診断名として使われる名称です。生後間もない場合には、体温調整が出来ませんので、ベッドに寝かせていても低体温で死んでしまう場合もあります。湯たんぽ等を使うなど、管理は徹底するようにしましょう。

感染症

生後間もない場合には、感染症も特に注意が必要です。母体感染している場合もあります。また、野良猫を保護した場合には、寄生虫に感染している場合もあります。

低血糖

子猫が24時間以上ミルクを飲めない状況になった場合、低血糖を引き起こすことがあります。生命に関わる危険がありますので、ミルクの時間にも細心の注意を払うようにしましょう。

おわりに

子猫はとてもかわいいのですが繊細な面も多く、飼い方を知らずに迎え入れてしまうと生命の危険にさらしてしまうこともあります。

そうならないためにも、迎え入れる前の準備はとても大切です。今回お話ししたことは、子猫を飼うために必要な知識のほんの一部です。それでも、最低限何を知っておくべきかが書かれています。

ぜひ、この記事を参考にさらに知識を深めて、“短い子猫の期間”を楽しく幸せな時間にして頂ければ幸いです。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加