コラム

フェレットの室内放し飼いはOK?危険や汚れを防止して安全に飼う方法

この記事は2017年6月30日の記事を再編集しました。

フェレットはとぼけたような雰囲気と穏やかな性格から、ペットとして人気が高い小動物です。近頃ではフェレット専門店がある程、ニーズも高まっています。

今回はフェレットのトイレのしつけや室内での放し飼いのリスクなど、飼い方についてまとめてみました。

フェレットの室内放し飼いはOK?危険や汚れを防止して安全に飼う方法

フェレットの放し飼いのリスクと注意点

フェレットフェレットを飼育する時には、基本的にケージの中で飼育することが推奨されています。しかし、犬や猫のように家の中で自由に過ごすイメージがある飼い主だと、狭いケージの中に入れることに抵抗を覚えるのはないでしょうか?

フェレットを室内で放し飼いにすることは、以下のようなリスクがあげられます。

  1. 狭いところに入り込む
  2. フェレットは狭いところを好む習性があるため、ベッドの隙間やラグマットと床の隙間に潜り込むことがあります。
    狭いところに入った時には、方向転換が出来ずに助け出せなくなってしまう事や飼い主が気づかずに踏みつけてしまうことも考えられます。

  3. トイレの習性
  4. フェレットは「隅」をトイレにする習性があります。しつけをきちんと行えば、同じ場所に排泄すると言われていますが、放し飼いをした場合、排泄場所として気に入った場所を見つけると、そこがトイレであると認識してしまいます。

  5. ニオイ
  6. フェレットの糞尿はニオイが強いため、排泄のたびに掃除をする必要がありますが、万が一放し飼いによって、掃除が行き届かないところで排泄してしまった場合は、ニオイだけではなく、害虫の温床にもなってしまいます。

  7. 雑食性
  8. フェレットは雑食性のため、家の中にある食べ物はもちろん、消しゴムやポリ袋等も食べてしまいます。誤食や誤飲によって窒息死をするリスクも考えられます。

目を離すときはケージを活用して危険を回避

フェレットが万一潜り込んでしまった場合に、飼い主が救出できないような場所や、フェレットに入って欲しくない場所には、必ず網を設置して、フェレットが遊んで良い場所との住み分けを行ってあげましょう。遊ばせる時は、必ず目を離さないようにしましょう。

飼い主が外出する時に放し飼いはもちろん厳禁です。ほんのわずかな時間であったとしても、フェレットから目を離す場合は、必ずケージに入れて脱走を防ぎましょう。

フェレットは隙間があれば簡単にする抜けることができる動物です。目を離す時にはきちんとケージの出入り口を締め切り、ドアや窓はきちんと閉め、家の外へ出てしまわないように対策しましょう。

ケージならなんでもよいというわけではありません。ケージの中に入れていても脱走するケースがあります。ケージは必ずフェレット用を用意するようにしましょう。

トイレのしつけ方法

フェレットは賢く飼いならしやすい動物とも言われています。トイレに関しては、根気よく教えることで同じ場所で行うようになります。

フェレットの排泄物はニオイがきつく、掃除をこまめにしなければ部屋にニオイがしみついてしまいます。放し飼いにして排出したら掃除すればよいという安易な考えは避け、必ずトイレでするようにしつけをしましょう。
トイレ
先にもご紹介したように、フェレットは隅で排泄する習性があり、一度気に入った場所を見つけると、必ずそこで排泄するようになります。

ケージに中にトイレを設置する時には、餌や寝床と対角線になる場所に設けるようにしましょう。フェレット自身の排泄物のニオイが残っていると安心して次も排泄がしやすくなるので、はじめは糞を1粒残しておくと良いでしょう。

万が一トイレ以外で排泄してしまった場合は、必ずニオイがなくなるまで掃除を行いましょう。ニオイを落としきれないと、また同じ場所で排泄を行う可能性があるため、十分注意しましょう。

トイレのしつけは個体差があり、短期間で覚える子もいれば、時間がかかる子もいます。叱ってもフレットには通じませんので、気長にトレーニングを行いましょう。

脱走を防ぐ方法

フェレットは好奇心旺盛で、興味の赴くままに行動します。家の中を散策するだけでは飽き足らず、少しの隙間があれば外へも容易に出ていきます。動きも素早いので、飼い主が捕まえられない場合もあります。

  1. 網で対策
  2. マンションのベランダにフェレットが出てしまった場合、転落するリスクがあります。まず、家の中に網を設置し、部屋の外へ出てしまうことがないよう対策をしましょう。
    また、万一のことを考えて、ベランダ等にも同様に対策をするようにしましょう。

  3. ケージをロック
  4. フェレットは賢いので、ケージ破りを覚えてしまう子もいます。中には器用な子がいて、手でケージを開けることも出来ます。ケージ破りの対策として、手芸道具等で購入できる「ナスカン」を使い、ケージをロックする方法がおすすめです。

  5. 行方不明にならないように
  6. 放し飼いをした時に、家の中で行方不明になってしまうことがあります。行方が分からなくならないように、鈴付きの首輪をつけておくことや、伸縮性のあるリードを付けておくことも一つの方法です。

    フェレットに愛情をたっぷり与えて育てると、その愛情に応えてくれます。上手に育てれば癒しを与えてくれることでしょう。トイレのしつけや脱走防止対策をきちんと行い、仲良く安全に暮らしていきましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加