コラム

犬に必要なワクチンの種類と接種にペット保険は使えるのか

この記事は2016年5月31日の記事を再編集しました。

愛犬のワクチン接種は、毎年行うことが飼い主の義務となりますが、愛犬の健康維持のためにも年に一度接種することがとても大切です。

定期的に行うワクチン接種ですが、その費用は決して安いとは言えません。狂犬病予防ワクチンは毎年接種することが義務付けられていますが、その他の病気予防の混合ワクチンを接種することも必要です。また、ワクチン接種自体をどうしたら良いのか悩んでいる飼い主さんもいるのではないでしょうか。

今回はワクチンについての話をまとめました。

犬に必要なワクチンの種類と接種にペット保険は使えるのか

犬に必要なワクチン

犬が接種するワクチンは、大きくわけて2つあります。

狂犬病予防ワクチン

狂犬病予防ワクチンは年に一度の接種が法律によって義務付けられています。狂犬病は高い致死率で人間にも感染します。そのため法整備が行われ、狂犬病撲滅のためにこのような義務付けがされました。

狂犬病予防ワクチンと聞くと本当に大丈夫なのか不安になるかもしれませんが、現在日本で使用されているものは、弱毒化されたウイルス株を使用して製造しているので、安心して接種することができます。

各感染症の混合ワクチン

各感染症の混合ワクチンは、任意で接種できます。ワクチンは11種類程あり、犬ジステンパーウイルス等のワクチン接種が可能です。
どの種類のワクチンを接種するかは飼い主側で判断ができます。混合ワクチンについては接種しないという選択肢もありますが、万一愛犬が病気にかかってしまった時のことを考えると、やはり接種しておくのが良いと言えます。

特に接種しておきたいのが良いコアワクチンが含まれている4種類以上がおすすめです。混合ワクチンの接種を考えている場合は、かかりつけの動物病院で医師に相談してみましょう。愛犬の体調や体格、生活習慣に合ったものを選ぶようにアドバイスをしてもらえると思います。

混合ワクチンは種類が豊富なので、何種類受けるかによっても費用が変わってきます。費用面も併せて考える必要があります。

ワクチン接種が必要な回数

ワクチンワクチン接種は基本的に年に一度必要となります。生後91日以降に狂犬病ワクチンの接種が必ず一度必要となり、その後は年に一度、春から初夏の時期に集団接種のお知らせが届きます。
その他、混合ワクチンも日本では年に一度の接種となります。

子犬の場合

子犬のワクチン接種は、生後6~8週間で初回の接種を行います。その後は2~4週間が接種の間隔となります。
※2015年にガイドラインが変更され、接種間隔が短くなりました。ブースター接種は6週間後、それ以降は年に一度のワクチン接種となります。

子犬の時期は母犬の母乳から受け取った受動免疫という機能が働いているため、このような感覚での接種となります。間隔を空けずに接種してしまった場合、受動免疫によって接種したウイルスが排除されてしまい免疫力が育ちません。そのため、ワクチン接種は受動免疫の働きが切れたタイミングで行う必要があるのです。

ワクチン接種はいつ行っても大丈夫というわけではありません。時期を守って受けるようにしましょう。

ワクチン接種にペット保険は適用されるの?

ペット保険は怪我や病気を補償対象としているので、健康な犬へのワクチン接種は保険適用外(補償対象外)となります。しかし、一部の保険によってはワクチン接種によって体調を崩した場合、補償対象とするものもあります。

ワクチン接種をすることによって、ペットも長生きができるようになってきました。しかし、長生きができるようになった分、病気や怪我も増えています。

動物病院は自由診療なので一律の料金設定がされていません。そして動物には人間と同じような健康保険がないので、手術等の大掛かりな治療が必要となった際には治療費が高額になってしまいます。

高額な治療費が満足な治療の妨げにならないように、ペット保険へ加入して備えておくと安心です。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加