コラム

旅行するときに気をつけたい犬や猫のこと

この記事は2016年4月13日の記事を再編集しました。

行楽シーズンには家族旅行をするという方も多いと思います。最近ではペットも一緒に旅行へ連れて行くという家庭も増えていますね。
しかし、旅行というのは家族以外の人もたくさんいる場所へ行くことなので、ペットを連れて行く場合には、周囲への気遣いや準備をすることで、より楽しむことができると思います。

今回は旅行をする際に気をつけたいこと、準備しておきたいこと等を犬と猫に分けて紹介します。

■目次
1 【犬編】犬が宿泊できる宿を探そう
 予防接種証明書の提示
 ペットの大きさ指定
 しつけができていることが重要
 シャンプーとブラッシングは事前に済ませる
 近くの動物病院を確認
2 体調チェックと無理のない計画を立てよう
 旅行の日程を考えよう
3 周囲への配慮、マナーを守ろう
 しつけをきちんとする
 飲食店での配慮
4 【猫編】少しの期間であれば家で留守番をさせる
 留守番の際、必要なもの
5 長時間移動がやむを得ない場合の準備
  事前準備
 注意事項
6 極力ストレスを軽減してあげるためにできること
 車に乗れるかを確認する
 移動に適したキャリーに慣らす
 その他

旅行するときに気をつけたい犬や猫のこと

【犬編】犬が宿泊できる宿を探そう

最近ではペット同伴で宿泊ができる施設が増えていますが、ペットの同伴が許可されているからと言って、何をしても良いということではありません。もちろん様々なルールがあります。

予防接種証明書の提示

ペット同伴可能な宿泊施設では、予防接種証明書の提示を求められることがあります。予約をする際に証明書の提示が必要であるかを確認し、必要があれば証明書を用意しましょう。

ペットの大きさ指定

ペット同伴可能な宿泊施設でも、「大型犬の宿泊は不可」としている場合があります。ペットの大きさが指定されていることがあるので、予め確認をするようにしましょう。

しつけができていることが重要

トイレのしつけだけでなく、無駄吠えをしないようにしつけておくことは重要です。
また、人間用の寝具で寝かせることはNGとする施設もあるので、普段は寝具で寝かせている場合には、寝る場所を変えることができるようにしつけておくことが必要です。

シャンプーとブラッシングは事前に済ませる

宿泊当日の2日前までにシャンプーを済ませておきましょう。前日にシャンプーをすると、犬は疲れてしまい、旅行当日に体調を崩してしまったり、疲れで旅行中に動けなくなってしまうようなことがあるので注意が必要です。

また、ブラッシングをチェックイン前に行うことをルールにしている宿泊施設もあります。

近くの動物病院を確認

宿泊施設を探すのと同時に、近隣に動物病院があるか確認をしておきましょう。
万一旅行中に怪我や病気となった時、すぐに診てもらうことができるようにするためですので、診察日と診察時間も併せて調べておきましょう。

旅行先では、人間のようにすぐに駆け込める病院が近くにあるとは限りません。

体調チェックと無理のない計画を立てましょう

長距離、長時間の移動に慣れていない場合、急な環境の変化によってストレスを感じ、疲れてしまう犬も少なくはありませんので、移動ルートにおいてこまめに休憩が取れる場所があるか、所用時間や交通の混み具合、道路状況もある程度事前に確認しておきましょう。

愛犬が車移動に慣れていない場合には、普段から車に乗ることを慣れさせておくと、不安になったり体調を崩すことを避けることができます。また、犬によっては暑さや寒さに弱い子もいるので、温度調節ができるように衣服の用意や、脱水症状を避けるために水を携帯する等の準備をしておきましょう。

犬によっては人ゴミが苦手な子もいるので、休憩場所は犬も楽しめるような場所を選ぶようにしましょう。最近ではサービスエリアにドッグカフェやドッグランが併設されているところもあります。

旅行の日程を考えよう

旅行の計画を立てる時には、発情シーズンと日程が重ならないように配慮しましょう。
また、旅行の直前にワクチン等の予防接種をすると体調不良や疲れやすくなったりすることがあるので、予防接種をする場合は旅行当日まで数日は空くように計画するのが望ましいです。

周囲への配慮、マナーを守ろう

旅先に限る話ではありませんが、公共の場には犬を連れていない人、犬が苦手な人もいますので、周囲への配慮がとても大切です。

しつけをきちんとする

見知らぬ相手に吠えたり、急に飛び掛かることがないように訓練しておくことが必要です。また、突然走り出したりすると怪我や事故に巻き込まれてしまう可能性があるので、犬の大きさに関係なく、リードは必ず付け、飼い主自身が愛犬の行動をコントロールできるようにしておくことが大切です。

ドッグランや公園等では、他犬と喧嘩等のトラブルにならないよう、日頃から他犬と交流を持たせ、社会性を身に付けさせておくようにしましょう。

飲食店での配慮

犬も同伴が可能なドッグカフェのような飲食店へ入る際にも配慮が必要です。入店前にトイレは済ませ、水分を十分に取らせておきましょう。食事中は飼い主のそばやテーブルの横でお座りか伏せをさせましょう。犬とドライブ

また、人間用の食器をペットに舐めさせてはいけません。何かしらの食事を与える場合には、犬用の食器を持参するか、お店で借りるようにしましょう。

【猫編】少しの期間であれば家で留守番をさせる

猫と旅行というのはあまりないかもしれません。旅行というよりは飼い主が帰省の際に同伴するという意味合いのが強いかと思います。

ペットホテルへ預けるという方法もありますが、金銭的なことを考えると一緒に連れて帰省するほうのが負担も少ないですし、飼い主と一緒であるので安心だと思うでしょうが、猫にとって長時間移動は大きなストレスになります。また、車や飛行機を使用する場合には、急な怪我や事故のリスクがあります。

そのため、3日間くらいの外泊であればお留守番をさせることをおすすめします。
長時間移動がストレスとなり、それが原因となって病気を引き起こすこともあるので、長時間移動は避けましょう。猫は短期間であれば留守番ができます。

留守番の際に必要なもの

猫が留守番をする際に必要なものは、以下の3つです。

  • たくさんの水
    いつでも新鮮な水が飲めるようにしてあげましょう。自動でろ過し、新鮮な水が飲めるようにしてくれるものが販売されていますが、こうしたものを使用しなくても二晩くらいの留守番であれば、水を4か所くらいに分散して置くのが良いでしょう。
  • たくさんの食事
    食べる猫留守番をさえる際には、食事が腐らないためにもドライタイプのものを用意しましょう。時間が経過すると自動で配給してくれる自動給餌器もあり、より衛生的です。
    自動給餌器がなくても、二晩くらいであればいつもの食べる量より3倍ほどの食事を用意しておいてあげましょう。
  • 清潔なトイレ
    猫はキレイ好きなので、トイレが清潔な状態でないと排泄を我慢してしまい、病気になってしまう恐れがあります。留守番をさせる際には、清潔なトイレが用意できるように、いつものトイレにもう一つ増やしておくと安心です。

そして外出から戻ったら留守番中の寂しさを解消させるために、たくさん遊んであげましょう。

長時間移動がやむを得ない場合の準備

どうしても長時間移動がやむを得ない場合の事前準備と、車や飛行機を利用する際の注意事項を以下にまとめました。

事前準備

食事や水の制限をして、移動中の胃の中を空っぽにすることで乗り物酔いのよる嘔吐を防ぎます。

食事制限の方法

出発の3~4時間前に食事を与え、出発前に排泄を済まさせましょう。猫は8時間程度であれば水がなくても問題がないので、移動時間を踏まえて水を与えるようにしましょう。

※猫があまり水を飲まない理由は、元々の祖先が砂漠生まれであまり汗をかかないためです。唯一汗が出るのは肉球で、不安やストレスを感じると肉球が汗で湿ります。

注意事項

飛行機移動をする場合は出発までに余裕を持つこと、そして到着後はできる限り早く迎えに行くようにしましょう。

車移動をする場合は、運転中にキャリーケースから出さないようにすること、シートベルトでキャリーケースをしっかりと固定すること、車内で熱中症を起こさないように温度管理に十分注意することです。
キャリーケースから出してしまうと、運転中に足元で猫がじゃれつきブレーキを踏み損ねる危険性があるので、移動中は必ずキャリーケースの中で過ごさせるようにしましょう。

極力ストレスを軽減してあげるためにできること

移動中のストレスをできる限り減らしてあげる方法はいくつかあります。

車に乗れるかを確認する

猫と短時間ドライブをして、車酔いをしないか、車での移動に耐えられるか等、予め確認しておくのが良いでしょう。ドライブ慣れをさせることで、ストレスを減らすことができます。

移動に適したキャリーに慣らす

キャリーには出発する一ヶ月くらい前から少しずつ慣れさせましょう。キャリーの中でもくつろぐことができるようになれば、移動中も安心できるようになります。

移動手段に利用する乗り物に合わせたキャリーを選ぶのがポイントです。車移動の場合は、シートベルトに固定できる穴のあるキャリー、飛行機の場合はハードタイプで航空会社の規定サイズ内のキャリーを選びましょう。

また、いずれの場合もしっかりと鍵が掛けられるものを選び、脱走して怪我や事故に遭わないように対策をしましょう。飛行機を利用する場合には、行方不明にならないために連絡先やペットの名前、目的地等のラベルを付けましょう。

その他

キャリーに慣らしたとしても、移動においては何が起こるか分かりません。キャリーの中で猫が暴れて怪我をしてしまうことも考えられるので、防止のためにも予め爪切りやブラッシングをしておきましょう。

■関連記事
犬の問題行動とストレス
犬のしつけと体に関する悩み
猫の独特な行動3選
ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加