コラム

安心安全が一番!犬のおやつの選び方

この記事は2017年1月4日の記事を再編集しました。

犬のおやつは種類が多く、どれを選んだら良いのか困ってしまったことはありませんか?おやつを選ぶ際の基準に悩むことがあるかもしれませんが、どれを選んだら良いのかのヒントはあります。

今回は、犬のおやつを選ぶ際に知っておきたいヒントになることを紹介します。愛犬の身体にも良いおやつを選べるようにしましょう。

安心安全が一番!犬のおやつの選び方

フード選びは内容をきちんと確認しよう

犬にとってのおやつは、しつけのご褒美や飼い主さんが帰宅した時のコミュニケーション、愛犬の栄養補給など、様々な用途で活躍できます。

ペットショップの店頭には様々なおやつが並び、まるで人間同様に品数の豊富さに目移りしてしまうほどです。愛犬の食事に十分配慮しているつもりで、おやつは与える量が少ないことからついつい判断が曖昧になりがちです。

しかし、実はおやつの中にも愛犬の健康に望ましくない成分を配合している製品も多々あるので、しっかりと内容や原材料を確認することが大切です。

市販のおやつは「総合栄養食」「副食」「栄養補助食」というように分類表示がされています。

総合栄養食とは、この製品と水だけで犬が必要とする栄養素を摂取できるように、栄養バランスが整っている製品という意味です。つまり、食事と同じだけのカロリーがあるということです。
総合栄養食をおやつとして気軽に与えていると、摂取カロリーが過多となり肥満に繋がります。

副食や栄養補助食の場合、ササミやビーフとチーズといった特定の栄養素に特化し製造されているので、食事としての代用はできないという意味です。しかし、特定の栄養素が豊富に含まれているので、食事に含まれる栄養素とのバランスを考えて与える必要があります。

絶対に避けたい原材料

原材料についてもしっかりと確認をすることが大切です。パッケージには必ず原材料と成分表示、給与量の記載がされています。
原材料表示に「肉副産物、着色料、ビートパルプ、合成保存料」の記載がある場合は、犬にとっては好ましくない成分が配合されていると考えましょう。

肉副産物

「肉副産物」というと、何かのお肉っぽいと感じますが、あくまでも副産物です。

これは内臓などを指しており、血液や糞なども混ざっている場合があります。原材料が肉副産物の場合、犬に与えても問題はないということかもしれません。しかし、肉副産物に含まれているものが「何か」ということを知ると、積極的に与えることは控えたいと思うものです。リスクを避けるという意味でも与えることは控えるようにしましょう。

着色料

着色料は「赤色○号」と表記されていることが多いのですが、これらはあくまでも見た目を美味しそうにするためのものです。

たとえばビーフジャーキーのような、まるで生肉のような鮮やかな色をしている製品があります。しかし、肉は加熱調理をすることで灰色に変色します。人間から見て「美味しそう」と感じるかどうかという意味で着色料が使用されており、犬が食べるものに人工着色料は必要ありません。

一旦灰色に変色した肉を鮮やかな色に着色料で染めているということを考えると、愛犬に与える危険性を実感できると思います。

ビートパルプ

ビートパルプは、原材料に配合することで製造コストを下げることが可能なため、使用されていることがあります。しかし、ビートパルプはアレルギーなどのリスクを伴います。

ビートパルプは「サトウダイコン」からできているものですが、犬には消化しづらいものです。摂取量によっては便秘を引き起こすこともあるので、与える場合には注意が必要です。

味付けも注意!濃い味はNG

ほんの少しだからと考えて、人間のケーキやお菓子を愛犬に分け与えてしまうことがあります。犬には甘味を感知する機能が舌にあるとされているので、犬も飼い主のおやつを分けてもらうと大喜びすると思います。

犬専用のおやつには甘味が含まれていないので、たびたび与えることで次第に犬用製品を食べなくなり、人間用のおやつばかりを催促するようになります。こうなると、ドッグフードを食べ亡くなり、おやつばかり食べるようになって、偏食となってしまいます。

人間用のおやつに含まれる甘味は非常にカロリーが高く、犬の体の大きさに換算した場合、相当量のカロリーになります。
また、基本的に人間の食べるものは味が濃く、犬の消化には良くありません。そのため、濃い味のものを食べ続けることで内臓に負担がかかってしまいます。

すぐにどこかが悪くなるわけではありませんが、長期的に与えることで肥満になることや、その他病気の原因になったりもします。犬の肥満は、生活習慣病や虫歯、その他にも様々な病気を引き起こします。

たとえ「少量だから」といっても、愛犬に人間用のおやつを与えてはいけないことを心しておくことが、犬の安全にも繋がります。

おやつの量は、身体の大きさに合わせて選ぼう

ドッグフードなどで、犬の大きさの指定があるものを見たことがあるかと思います。これは、身体の大きさによって消費カロリーが変わってくるため、身体の大きさに合わせて一粒のカロリーを変えているのです。
犬とおやつ
これはおやつも同じです。愛犬のおやつを選ぶ際は、見た目や価格だけではなく、栄養素も基準にして選ばなければなりません。おやつも犬の大きさで分けられている場合には、それぞれに合わせて成分を変えてあることがあるのです。

おやつは身体の大きさに合っているものを選ぶようにしましょう。記載がない場合には、分け隔てなく与えても大丈夫なものと言えます。

たとえば、骨などのおやつの場合、犬の大きさに合わせて作られており、おやつにも「S・M・L」等の表記がされていることが多いです。
大型犬のおやつとして小型犬用の骨を与えてしまった場合、小さいために丸飲みしてしまう可能性があります。そのため、このような危険性や食べやすさを考慮して、犬の大きさに合わせたおやつが作られているのです。

与えるおやつは、犬の大きさに合わせて与えるように心掛けましょう。

また、食が細い犬の場合は、ササミなどの動物性タンパク質を摂取できるおやつがおすすめです。ダイエットをしている犬の場合は、ヘルシーでカロリーの低い、野菜のおやつを選んであげましょう。

アレルギーがある場合は、製品に使用されている添加物に反応する場合もあるので、単一素材、無添加の製品が安心できます。

無添加のおやつがおすすめ

店頭に並ぶおやつの数々はカラフルで、見た目も華やかです。これは、飼い主さんの多くがおやつを「見た目」の印象で選ぶ傾向が強いためです。しかし、カラフルで華やかな製品には、その分添加物や着色料が配合されています。愛犬の健康を考える上では、好ましいとは言えません。

おやつはあくまでも食事による栄養の補完であり、モチベーションを高めるためのご褒美です。おやつを選ぶ際には、原材料表示をしっかりと確認し、無添加・無着色の製品を選びましょう。

人気の無添加おやつ

無添加おやつの人気商品は、ガムや乾燥ササミなどのシンプルな製品です。

ガムは牛の皮を十分に乾燥させ、成型したものです。このおやつは、愛犬が噛むことで自然と柔らかくなる上に、食べきるまでに時間もかかるので、留守番時の退屈しのぎにも重宝します。また、子犬の甘噛み対策に与える方法も効果があります。

ササミなどの天然素材を乾燥させたおやつは、無添加で製造できる安全性の高いおやつです。乾燥させることで栄養素が凝縮され、旨味も十分楽しめます。

他にも乾燥おやつは、内臓やアキレス、皮などを使用した製品もあり、バリエーションが豊富です。

アレルギーのある愛犬のおやつ選び

アレルギーを持つ愛犬のおやつにも、無添加おやつは欠かせません。無添加おやつの中でも、素材をそのまま乾燥させ作られた製品が安心できます。

素材の形を成型したり、いろいろな素材と練り合わせる際には、必ず添加物や原材料が不明な材料が配合されているので、アレルギーがある場合には心配が残ります。

無添加の乾燥おやつには、カンガルーやラム、エゾシカのようなアレルギーを持つ犬に対してアレルギー発症リスクが低くなるような素材を使用した製品、マグロ等の魚を原材料とした製品もあります。
愛犬の好みや体調に合わせて好物を見つけてあげましょう。

犬のおやつを手作り!簡単レシピを紹介

ササミを使ったおやつレシピ

ササミが大好物という犬は非常に多いことでしょう。低脂肪でとてもヘルシーな食材なので、おやつにもいろいろと活用できます。

ササミは茹でるだけでも簡単なおやつになります。できれば長時間持たせたい、時間をかけて食べて欲しいという時は、縦長にササミを切り、天日干しする方法もおすすめです。
天日干しは完全に水分が抜けるまで干すことで長期保存が可能なおやつを簡単に作ることができます。加熱調理をしないので、素材の栄養素を保持でき、風味も保つことができます。

知育玩具には、おもちゃの中にペーストを塗って遊ばせるものもあります。こういったものを使用する場合には、ササミをフードプロセッサーでミンチにし、市販のペーストの代用とする方法もおすすめです。市販の製品と比べて添加物などの心配がないので、安心して毎日でも与えることができます。

ジャガイモを使ったおやつレシピ

ジャガイモはいろいろな方法でアレンジができるので、愛犬のおやつにも大変重宝します。ただし、根菜類はカロリーが高いので与えすぎには注意が必要です。

簡単な調理方法は、ジャガイモをサイコロ状に切り、天日干しする方法や、電子レンジで加熱し、乾燥させる方法です。薄く切りすぎてしまうと、愛犬に与えたときに砕けて散らばってしまうので、ある程度の厚みをもって刻むところがポイントです。

リンゴを使ったおやつレシピ

リンゴは適度な甘味があり、犬の大好物のおやつです。柔らかく、調理しやすい素材なので、色々なアレンジが可能です。

リンゴを薄く切り、電子レンジで加熱をすれば、簡単にチップス状にアレンジできます。
高齢犬のおやつにするには、リンゴを鍋で煮詰めてすり潰し、少量ずつ与えると、舐めながら食べることができるので喜んでくれます。

スライスしたリンゴとスライスチーズを重ねると豪華なデザートが簡単に出来上がり、盛り付けを工夫すれば、ケーキのような仕上がりになります。

おわりに

このように、愛犬のおやつを購入する際は、内容や原材料、無添加であることをきちんと確認するようにしましょう。また、休日にはぜひ手軽にできる手作りおやつにチャレンジすると、いろいろなアレンジも思いついて楽しい趣味にもなりますよ。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加