コラム

【夏は要注意】簡単!犬の熱中症対策

この記事は2016年5月11日の記事を再編集しました。

夏場になると熱中症になる可能性がグッと上がります。
頭はぼーっとし、倒れてしまったり、最悪の場合命にかかわる、安易な症状としては侮れないのが熱中症です。

体温が必要以上に上がることで同じように悪影響が出るのは人間だけでなくペットも同様です。特に小柄なペット達は、日光の影響を受けやすく、真夏の犬の散歩は特に注意が必要です。普段よりも愛犬がハァハァと苦しそうにしていたら、もしかしたら熱中症になっている可能性があります。

今回は犬の熱中症の症状、対策について紹介します。ペットが体調を崩さずに夏を過ごせるよう、ぜひ参考にしてください。

【夏は要注意】簡単!犬の熱中症対策

犬の熱中症の原因と症状

原因

全身を被毛で覆われた犬は、人間のように汗を流して体温調整をすることができません。犬が汗を流せるのは肉球部分のみです。身体が人間よりも小さく、少しの熱でも大きな影響を受けやすい為、被毛が多ければ多いほど、熱を体に抱え込んでしまい、体温の上昇につながっていきます。

また、犬は人間よりも地面に接する距離が近い為、熱されたアスファルト等の道路では全身で熱の影響を受けることになります。

症状

犬の体温調整は、口による呼吸を増やすしか方法がありません。真夏に散歩をしている時、呼吸が早くなりハァハァしている行為を「パンディング」と呼び、舌を出し自分の唾液を蒸発させることで体温を下げています。

しかし、パンディングにも限界があり、どんどん呼吸が早くなり、次第によだれを垂らすようになってきます。

熱中症の状態が悪化してくると、下記症状が表れます。

      ・目の粘膜や口の中が充血
      ・下痢
      ・ふらつき、倒れる
      ・発作
      ・呼吸不全

となります。
速やかに適切な治療を施さなければ、ショック死をする可能性があります。

呼吸が早くなり、パンディングが見られるようになったら、熱中症になり始めてる症状ですので、動物病院を受診するようにしましょう。

熱中症を起こしやすい犬種

熱中症にかかりやすい犬種とかかりにくい犬種がいます。これは身体の構造上の問題によって体温調節が上手にできる犬種とできない犬種がいるためです。

熱中症にかかりにくい犬種

「マズル(口吻)」の部分が長い犬種は、熱中症にかかりにくいです。熱中症にこのマズルが与える影響は大きく、マズルが長い犬種は鼻呼吸をしっかり行えるため、空気も取り込みやすく、体内温度を下げることに繋がり、その結果熱中症にかかりにくくなるのです。

また、マズルが長い犬種は喉頭気道が広いことが多く、熱の発散が得意なためでもあります。

熱中症にかかりやすい犬種

対照的にマズルが短い犬種は、体温調整が不得意となり、熱中症にかかりやすくなります。特に、シーズーやパグ、フレンチブルドッグ等は人間の手で品種改良された犬種のため、頭部の形状も人為的に変えられています。

マズルが短い犬種は鼻腔が狭く、鼻呼吸の効率が悪いです。また、喉頭気道も狭いため、熱を呼吸で発散することが苦手なのです。

鼻以外では、北方産のセントバーナードやシベリアンハスキーのような犬種は、被毛が長く分厚いため、身体に熱を溜め込みやすく熱中症になりやすいです。他にも、肥満や療養中などで体調が良くない犬も、外気の影響によって熱中症になりやすいので注意が必要です。

犬の熱中症予防方法

水を飲む犬
愛犬の健康や命を守ることは飼い主の義務です。犬の体調管理はもちろん、熱中症の対策をしっかりと行い、愛犬が夏でも快適に生活できる環境を整えましょう。

  • 散歩の時
  • 人間以上に犬はデリケートな生き物です。真夏は照り返す暑さだけではなく、熱されたマンホールで火傷をするようなこともあるので、日中の散歩は避けるようにしましょう。
    散歩の時間は、日差しが弱い朝方や日が沈んだ夜に行うように心掛けましょう。
    日中に犬を連れ出さなければならない場合には、カゴやキャリーカート等を使用して移動することをおすすめします。

  • 車移動の時
  • 人間には気づきにくいことですが、車で移動する場合、犬は車の後部座席に乗せがちですが、カーエアコンが後部座席までと届いていない場合、車内でも熱中症を引き起こすことがあります。

    車に乗せる際には、人間と同じシートへ乗せる、カゴ等を置く際にはアイスジェルマット等を敷くとといった対策をすると安心です。

    もちろん、なるべく車内にペットだけで留守番をさせないようにしましょう。

  • 家の中でも注意
  • 熱中症の対策は外出時だけではありません。家の中でも熱中症になる可能性はあります。

    家の中は風通しが良い状態にし、植物やパーテーションを使用して日陰を作ってあげるようにしましょう。ただし、太陽は移動するので、影のできる方角に注意しましょう。

    もし、エアコンが使えない場合は、クールマットや水の入ったペットボトルを凍らせたものを部屋に置くなどの対策をきちんと施しましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加