コラム

犬が吐いた時に考えられる原因と応急処置

犬は猫と比べて胃腸が大きくできており、消化に関する能力も高いのが特徴です。そのため「吐き戻し」は少ないのですが、突然愛犬が「吐き戻し」をすると、飼い主も焦ってしまいますよね。

今回は、犬の「吐き戻し」についてクローズアップし、原因や対処法、考えられる病気についてまとめました。吐き戻しを予防するために飼い主ができる対策に関してもお伝えいたします。

犬が吐いた時に考えられる原因と応急処置

犬が吐く原因とは?どんな病気が考えられる?

犬が吐く時は空腹や車酔い、消化不良など、一過性であることがほとんどです。食事の内容に気をつけることや乗り物に乗せることを止めることでその状況が解消されます。
また、不安や恐怖など、ストレスが強まると吐き気を催すこともあります。この辺りは人間でも同じことが言えます。

注意したいのは病的な吐き戻しです。通院治療でほぼ完治が見込めるのは、ウイルス性腸炎や寄生虫症等が考えられます。何度も吐き戻すことや、便に寄生虫が付着していたという症状でこれらの病気が見つかります。
このような場合は、駆除薬を使用することや点滴治療などで改善することができます。

治療が必要な吐き戻しでは、散歩中の拾い食いや自宅で薬品や犬にとっては禁忌の食品を飲みこんだことが原因で起こる中毒症や、パルボウイルス感染症で起こる吐き戻しは入院治療が伴うことも考えられます。

この他、胃拡張捻転といった感染症以外の内臓疾患や炎症、腎不全などでも吐き戻しの症状は見られます。

もし「吐く」行為が続くようであれば、「いつから」「どのように」「どんなときに」「一日に何回吐いたか」「吐しゃ物の状態」についてメモを取っておくと、診察の際にスムーズです。

犬が吐いた後を観察し、対処法を考える

飼い主は愛犬が吐き戻していると、ビックリしてしまい悪い方向へと考えがちですが、まずは愛犬を落ち着かせ、休ませてあげるようにしましょう。吐いたのが1回限りであれば、この数日の食べ物を振り返り、消化に良いものを与え様子を見ます。

応急処置として毛布などで保温することや、脱水症状にさせないために水を飲ませてあげることで大半は改善することができます。

半日様子を見て、以下のような症状が見られた場合には、できるだけ早く医師の診察を受けましょう。

  • 何度もおう吐する
  • 熱っぽく、ぐったりしている
  • 体を触られたがらない
  • 下痢便、または便秘が続いている
  • 吐しゃ物に血が混じっていた

このような症状の陰には内臓の病気が隠れていることも考えられます。緊急性は高くないため、夜間救急に飛び込む必要はありませんが、翌朝一番で通院するための準備を整えましょう。

普段から気をつけておくことは?

犬の吐き戻しは、病的なもの・一過性のもの、それぞれ見分けが付きにくいことが難点です。しかし、愛犬の様子を普段から見守ることができていれば、もしもの時にすぐ対処できます。排便の状態は毎日必ずチェックしましょう。

仔犬の場合は、食べさせ過ぎに注意することも大切です。また、成犬に対しても、嗜好品やしつけの一環として与えるガムやしつけ用のフードの量に注意しましょう。

室内飼いの時は、誤飲に気をつけるべく、食べ物や口に入る大きさのものは片づけておくことが大切です。できれば「入って良いお部屋と入ってはいけないお部屋」を区別できるようしつけると飼い主も安心できますね。

散歩をさせる際には、拾い食いを避けることはもちろん、マーキングをするためのニオイを嗅ぐ行為も、ストレスがたまらない程度にコントロールしてあげましょう。

また、散歩の最中に草を食べたがる時は、整腸作用を求めているのかもしれません。頻繁にそれが続く時は医師の診察を仰ぎましょう。

保険に入っておけば、いざという時に安心!

犬の「吐き戻し」には胃拡張捻転などの怖い病気が隠れていることもあります。
動物保険に加入することで、入院治療や通院治療に対応できるだけではなく、突然の手術に対応できるメリットもあります。

動物の医療は自由診療のため、動物病院によって診療報酬の差が大きいのが現状です。そのため、高度治療機器や検査機器を導入している動物病院は、診療報酬も高額になります。

このように考えてみると、5割~7割程度を保険でまかなえる動物保険のシステムはとても安心です。わずかな掛け金で大きな補償を得られるので、是非一度、動物保険の検討をされてはいかがでしょうか。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加