コラム

涙やけが目立ってきた!原因とケアの方法

愛犬の目頭から鼻筋にかけて茶色く被毛が変色してしまう事があります。これは涙が過剰に分泌されること、涙に含まれる成分で被毛が汚れ、変色をすることで起こる涙やけという症状です。
涙やけの仕組みをしり、愛犬にあったお手入れ方法を習慣化してあげましょう。

涙やけが目立ってきた!原因とケアの方法

涙やけのメカニズム

犬も人間同様に眼球表面を保護するために常に一定量の涙が分泌されています。でも何等かの理由でこの涙が過剰に分泌されたり、不純物が多い涙が分泌されると被毛が変色するトラブルを招きます。
トイプードルやマルチーズなど被毛が白い犬は特に涙やけが目立つことが多く、目頭から鼻筋にかけて広範囲に茶色く変色しがちです。
この涙やけの原因は

  • 先天的に涙管が細く詰まりやすい
  • 被毛や外的な要因によって眼球が刺激を受けやすく、保護のために涙が過剰に分泌されている
  • 食事から脂肪分を過剰摂取している

などが多くみられます。
本来の涙は無色透明ですが、上記の理由で分泌される涙には様々な不純物が含まれていたり、涙で湿った被毛にゴミが付着したりと、症状が悪化するに従い、涙やけ特有の不快な臭いを発するようにもなります。

原因と対策

涙やけには様々な理由があります。愛犬の涙やけの改善にはまず理由を見つけてあげること、理由にあったケア方法を習慣化してあげることが効果的です。

先天的な涙管の細さが理由で涙やけを起こす場合のケア方法

マルチーズやダックス、プードルなど生後間もない子犬の時期からすでに目頭が湿ることが多い、涙やけが出来はじめている場合は、先天的な体質として涙管が細く、不要物が詰まりやすいという事があります。
このような体質の場合は、市販の目元ケア用品を活用し、定期的に涙管のマッサージをしてあげましょう。
点眼式の製品を使用する場合は

      ・愛犬をリラックスさせた状態で、目じりから点眼をします
      ・鼻筋から目頭に向けて、ゆっくりと押し出すようにマッサージをします
      ・軽く湿らせたコットンで、目頭の汚れをふき取り完了です

dog_cryマッサージをすることで涙管が刺激され、中に詰まりがちな汚れが目頭から排泄されます。この汚れが被毛を着色させてしまう前にコットンで拭きとってしまう事で、涙やけの軽減につながります。
ただ、点眼を嫌がる犬はとても多く、無理強いをしてしまう次第に激しく抵抗をするようになるので、愛犬をリラックスさせ、警戒心のない状態を見計らいお手入れをしてあげましょう。

市販薬の成分など不安がある場合は動物病院で点眼薬の処方を受けることも可能なのでぜひ相談をしてみましょう。

外的な要因が原因で涙やけを起こす場合のケア方法

散歩やアウトドア、室内の埃など外的な要因で、目の表面の過剰な刺激を受けることで、涙の分泌量が過剰になることがあります。
日常生活で犬は人間の膝より低い範囲で生活をしているので、家族が歩き回る時に舞い上がる埃や土で刺激を受けることもあります。
愛犬をアウトドアやドッグランなど砂が舞い上がる場所へ連れ出した時は帰宅後の専用の製品で目元のふきあげをしてあげましょう。
また室内はこまめに掃除機をかけたり、愛犬専用ベッドやマットも常に清潔にしてあげましょう。

ドッグフードに含まれる脂肪分が原因の場合のケア方法

このところのドッグフードの高品質化の流れを受け、成分の8割以上が動物性たんぱく質という製品やとても高い嗜好性をセールスポイントとする製品が増えています。
このような製品は愛犬の大好物で、偏食、少食の改善に効果があるものの、実は脂肪分を過剰に摂取しすぎてしまい脂漏症という問題を起こす原因にもなります。
脂漏症とは過剰に摂取した脂肪分を体内で消化吸収することが出来ず、余分な分を皮脂から分泌する病気です。この脂漏症を患うと涙やけだけでなく、外耳炎、皮膚、被毛のべたつき、アレルギー、かゆみなどのトラブルも併せて引き起こします。
特に症状は体の皮膚の薄い場所、デリケートな場所に起こりやすく、耳の内側や目頭などのデリケートな部位で症状が目立ちます。
このように涙やけ以外のトラブルもあわせて起こしている場合は、ドッグフードをより脂肪分の少ない製品に切り替えたり、手作り食に切り替えるという方法が効果的です。
ドッグフードを切り返る場合、製品パッケージに成分表示欄の記載が必ずあるので、脂肪分の含有量を確認し、より脂肪分が少ない製品を選びましょう。
ただし脂肪分を少なくするからといって、必須栄養素である動物性たんぱく質を一切含まない製品は理想的という意味ではありません。
ドッグフード愛犬の体質にあった適度な配合量の製品を選ぶという事です。
市販の製品ではなかなか改善が難しいという場合には、手作り食が最も効果的な方法です。手作り食の場合、添加物の配合もない上に、過剰な脂肪を摂取する心配もありません。多少の手間がかかるものの、確実に愛犬の涙やけを改善したい場合にはぜひ手作り食を取り入れてみましょう。

トップノットや可愛さ重視のヘアスタイルが原因の場合のケア方法

トイプードルやシュナウザーのテディベアカット、コッカーの顔にバリカンを入れないカットスタイル、頭のてっぺんにリボンを結ぶトップノットスタイルなど愛犬のカットスタイルが実は涙やけを引き起こす原因になっている場合があります。
最近はプードルやコッカー、シュナウザーなど多くの犬が顔にバリカンを入れないスタイルが定番化しています。これは従来のスタイルに比べ、かわいらしさが重視されている結果です。でも顔のバリカンを入れないという事は、トリミング後数週間で目頭、眉間、鼻先の被毛が伸び始め、被毛の先端が眼球を刺激するようになります。眼球に直接届かなくても、被毛に付着した汚れが原因で目頭付近が不衛生な状態になりやすくなります。
この不衛生で刺激の多い症状を改善するために、生理現象的に涙の分泌量が増えてしまいます。
またトップノットというスタイルでは、頭のてっぺんに被毛を引き上げ、リボンなどで結ぶので、場合によっては過剰に負荷がかかり、犬の瞬きに支障を与え、ドライアイ状態を引き起こしてしまう事もあります。
これらの可愛らしさ重視のスタイルが原因で涙やけを起こしている場合、愛犬のカットスタイルをまずは見直し、衛生的であることを最重要としたスタイルに切り替えてあげましょう。

お手入れによる眼球、角膜の傷にも要注意

涙やけのケアは症状に応じて、1日数回目頭付近のふき取りが必要な場合、週に数回目頭のマッサージが必要な場合など様々です。
回数や内容はそれぞれの体質や食生活、生活環境により都度見直してあげましょう。
市販の製品を使用する場合は、製品の安全性を何より重視し製品を選びましょう。デリケートな部位に使用する製品ですから、保管方法、使用期限等はしっかりと確認をしましょう。
またお手入れに用いるコットンは柔らかい素材の製品を使用し、決して眼球、角膜に触れることのないよう注意が必要です。
お手入れをするときに、誤って角膜を傷つけてしまい、角膜のトラブルを起こす2次的な問題も少なくはありません。
涙やけには外科的な手術や薬剤の服用という対処法がないので、日々の生活の中で出来る限り軽減できるよう家族が取りくんであげることが大切です。

■関連記事
犬の白内障について
犬の鼻の色変化する理由
犬の老衰に見られる症状
ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加