コラム

犬の問題行動とストレス

この記事は2016年3月23日の記事を再編集しました。

犬の問題行動に悩まされていませんか?犬の問題行動に悩まされている飼い主さん、実は結構多いです。

犬も人間と同じようにストレスを感じますし、ストレスによって病気になる可能性もあります。思わぬことが実際には負担となっており、言葉でコミュニケーションが取れないために、行動の変化で判断するしかありません。

問題行動を見ることで、犬がどういう気持ちであるのか、ストレスを感じてしまっているのかというのを見極める必要があります。

犬の問題行動とストレス

犬のよくある問題行動

  • 無駄吠え
  • 咬み癖
  • 威嚇する
  • むやみやたらのマーキング
  • 留守中に部屋の中を散らかす

犬の問題行動ですぐに浮かぶのは上記ではないでしょうか?どれも困る行動です。
しかし多くの場合、問題行動の原因は飼い主さんにあるのです。

問題行動の原因と対策

「もう!イライラする!」など、犬が自ら発言してくれたら楽ですが、そのようなことはできませんので、犬の感情は行動から察するしかありません。問題行動の原因を見てみると、分かりやすいサインを発してくれていることがあります。

無駄吠え

原因

まず、人にとっては無駄吠えであったとしても、犬にとっては”無駄”ではない場合があります。無駄吠え、荒っぽく吠える場合、犬がストレスを感じているサインでもあります。
散歩や運動不足、家庭内の人間関係トラブルや栄養状態が良くない、そして家族の中で自分がリーダーだと勘違いしている状態(アルファシンドローム)などは、ストレスを感じているため、可愛らしい吠えではなく、少し恐怖を感じるような荒っぽい吠え方をします。

このような原因が見受けられないのに吠える場合、ほとんどが単にしつけがなっていないということになります。

対策

犬がどんなに吠えて何かを要求しているとしても無視をしましょう。できれば、目を合わせることもせずにです。

その後、犬が吠えるのを止め、諦めたタイミングで先ほどの要求を突然叶えてあげましょう。そうすることで、何事も飼い主のタイミングで行われるということを学習させましょう。

我慢ができるようになったら、きちんと褒めてあげたり、おやつをあげたりとご褒美をあげることを忘れないようにしましょう。

咬み癖

原因

犬が人を咬むのは理由があります。歯が生え変わる時期であったり、縄張り意識と攻撃本能によるもの、遊びの一環や怒りや興奮によるもの、そして恐怖心からくるものなどが考えられます。

まずは、なぜ愛犬が咬むのかをよく観察してみましょう。飼い主が犬の習性や本能を知ることが大切です。

対策

犬がなぜ咬むのかということを理解した上で、その要因を取り払ってあげましょう。

歯の生え変わりの時期であれば、ガムを与えてあげたり、咬んで遊ぶおもちゃでトレーニングなど、飼い主ができることはたくさんあります。特に、おもちゃはある程度自分でストレス解消ができることもありますので良いでしょう。

咬み癖もきちんと学習させることで解決できることが多いです。

威嚇する

原因

威嚇は咬み癖と同様に、多くの場合が縄張り意識や怒り、恐怖心が原因とみて良いでしょう。また、先述のアルファシンドロームによって、家族を守ろうとする結果であったりもします。

本来の主人である飼い主がしっかりし、きちんと主従関係を理解させておくことで犬も安心でき、威嚇行為をすることがなくなります。

対策

威嚇する原因としても触れてますが、まずは間違って認識されている家族内の格付けを正しく理解させる必要があります。「犬<飼い主」であることを、きちんと理解させるしつけをしましょう。

多くの場合、愛犬との信頼関係をきちんと構築することで解決できる問題だと思います。

むやみやたらのマーキング

原因

ストレスやコミュニケーション不足によってマーキングをする犬もいます。
愛犬とたくさん遊んでいますか?散歩には行ってますか?また、オス犬に多いマーキング問題ですが、去勢手術は済んでいるでしょうか?

対策

むやみやたらのマーキングは、去勢手術をすること、日頃からしっかりとコミュニケーションを取ること、散歩と遊びの時間をきちんと設けることが大切です。
また、マーキング問題も間違った認識で格付けされていることが原因で起こることもありますので、主従関係を理解させ、信頼関係を構築することで問題を減らすことができます。

留守中に部屋を散らかす

原因

この行動には、二つの原因があります。

一つ目は、分離不安という心の病です。犬は元々群れで生活していたので、ひとりになるのが苦手な寂しがり屋です。不安を感じることがストレスとなり、これが過剰になると心身ともに耐えることができなくなります。酷い状態になると、飼い主が違う部屋へ移動する等、室内に飼い主の姿が見えないだけでも問題行動を起こすようになります。

二つ目の原因は、単に退屈です。何もすることがなく、暇を持て余していることが原因となります。

対策

犬に留守番は「嫌なこと」「怖いこと」と思わせないような工夫をしましょう。そして、きちんと留守番ができたときには、ご褒美をあげることで「留守番をしたらご褒美をもらえる」ということを学ばせましょう。こうすることで、「留守番をすると飼い主さんが帰ってきた時に良いことがある」と思うようになります。

万が一、留守番中の誤飲や誤食が気になる場合は、ケージやサークルを利用することも考えましょう。普段からきちんとコミュニケーションを取り、留守番中に遊ぶことができるようにおもちゃを与えるなどするのも対策になります。

犬のストレスサイン

ここまで見てみると、問題行動に繋がる要因として「ストレス」が大きく関係していることが分かります。問題行動を起こすのは、ストレスのサインと考えることができますが、ストレスサインが分かりにくいこともあります。

たとえば、身体の一ヵ所を舐め続けている場合、「毛繕いをしているのかな?」と思いがちですが、実はストレスによる行為であることが考えられます。
その他、同じ場所を行ったり来たりするような行動や、落ち着きのない行動もストレスが関係していたり、自分の尻尾を追いかけるような遊んでいるようにも見える行為もストレスが関係していることがあります。

犬のストレスに多い原因

「可愛がっているから、うちの犬がストレスを感じるわけがない」と思っているのであれば、それは人間のエゴに過ぎません。ストレスになるであろう当たり前のことはもちろんですが、思いがけないこともストレスの原因となっています。

  1. 身体的負担
  2. しつけとして、叩いたり引っ張ったりするようなことはしてはいけません。大人がしつけと言い行うことで、小さい子どもは分からずに危害を与えてしまっていることがあります。そのため、子どもが犬と遊んでいるときは注意して見る必要があります。

  3. 散歩の時
  4. 散歩をしているときに、犬が別の場所へ行こうとしたり、止まったりするようなことがあると思います。それにも関わらず、人間のペースで散歩を続けると、犬は消化不良のような気持ちになってしまい、これがストレスとなります。
    また、激しい運動も負担が大きいため避けたいところです。

  5. 家族の不仲
  6. 精神的な負担として、家族の不仲がストレスになります。犬も家族の不仲は敏感に察知し、怒りの感情などを目の当たりにすることで悲しい気持ちになります。

  7. その他
  8. 旅行や引っ越しなど、普段とは違う環境の変化もストレスとなります。

ストレス解消方法

問題行動を避けるためにも、日頃から犬のストレス解消が必要です。犬にストレスを感じさせないためには、もちろん可愛がることが大切です。しかし、過度なスキンシップや、寝ているところを起こすような行為は逆効果となるので注意しましょう。

犬のことをやさいく撫でてあげたり、おもちゃなどで遊んだりすることは非常に大切な行為です。口を大きく開けて、楽しそうな表情をしている様子を見ることができると思います。

毎日の散歩もとても大切で、多くの場合散歩へ行こうとすると犬もとても喜びます。それだけ散歩を楽しみにしているということが分かります。また、散歩コースを定期的に変えてあげると良い刺激になり喜びます。

犬自身が楽しむことができる、ガムやおもちゃを用意したり、普段と違う食事やおやつをあげることも良い刺激を与えることができるので喜びます。
犬も人間と同じように、美味しいものを食べることで幸せを感じるので、好物を把握している場合には、健康に影響がない範囲で与え、ストレス解消に繋げましょう。

ストレスを減らすことは病気やケガの予防になります

人間同様、過度なストレスを感じると犬も病気になります。そのためできる限り、日頃からストレスを減らしてあげることが病気の予防や、ケガの予防に繋がります。

犬も人間と同じように生活習慣病になります。病気の原因は、食事や運動習慣が大きく関係しますが、ストレスも見逃すことができない原因の一つです。

そして、犬もうつ病などの精神疾患になる可能性があり、ナイーブであることを認識しましょう。ストレスが原因で落ち着きのない行動から、転倒し、ケガをしてしまうこともあります。
ストレスを減らし、病気やケガを未然に防ぎましょう。

おわりに

問題行動と犬のストレスについてを書きましたが、思い当たるところはありませんでしたか?問題行動を起こす犬を、ただただ叱っていたということはありませんか?

問題行動のほとんどは、飼い主さんの工夫で解決することができます。ただ叱るのではなく、正しいしつけと、コミュニケーションを心掛け、ストレスを減らしてあげることで問題行動を減らすことができると思います。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加