コラム

可愛いだけじゃない、犬のいびきは病気のサインかも!?

動物の面白い動画や話題で、犬がまるで人間同様に大きないびきをかく姿が紹介されることがあります。自宅の愛犬も同じかそれ以上に大きないびきをかくという方もいるでしょう。
鼻の短い犬種は日頃から息づかいが荒く、いびきをかくことも多く、愛嬌とも捉えられますが、実は中には単なる愛嬌では済まされないこともあります。

可愛いだけじゃない、犬のいびきは病気のサインかも!?

いびきをかきやすい犬種とは?

犬は本来いびきを激しくかくことはありません。それは野生の環境下でいびきをかくほどに熟睡してしまっては身の危険を伴うためです。犬は熟睡しているように見えていても人間とは違い常に神経を張り詰めていて、些細な物音でも反応し、咄嗟の対処が出来る性質を持っています。

しかし、実際にはペットとして生活をする中で敵の存在をまるで意識することなく育ち、自分専用のスペースを与えられることが当たり前と認識してしまうことで寝起きにぼーっとしていることや飼い主の生活音をまるで気に留めることなく熟睡してしまうことも多々あるようです。

いびきの話題に挙がりやすい犬種は、以下が多く見られます。
シーズー

  • パグ
  • フレンチブルドッグ
  • シーズー
  • 大型犬

これらの犬たちは短鼻種と言われ、独特な喉の構造から息づかいが荒くなり、いびきをかきやすい犬種です。日中でも息をするときにいびきと似たような音を出すこともあります。
また、大型犬もいびきをよくかくと言われていますが、これは短鼻種とは意味は違い、体の大きさに比例した正常な生理現象であることが多く見られます。

いびきの原因とは?

動物としての本質的な意味では就寝中のいびきは大変危険な行為でありながら、犬がいびきをかくには理由があります。

犬のいびきは、以下のような原因が考えられます。

  • 生まれつき喉の奥にある軟口蓋と呼ばれる部位が長い
    (本来のサイズよりも長すぎることで気道を塞いでしまっている為)
  • 喉の腫瘍やトラブル
  • 心臓疾患
  • 肥満

軟口蓋による呼吸器系のトラブルは特に小型犬に多く、過度な興奮状態になった時や散歩、激しい運動をした直後に逆くしゃみやアヒルのような息づかいをすることがあります。
この症状が就寝中に起こると、いわゆるいびきのように聞こえます。

数秒で収まる症状であれば健康上さほど問題はありませんが、もし長時間続く場合や呼吸困難による湿疹をするなど、重篤な症状が見られる場合は、動物病院で相談をし、切除手術を行うことも検討した方がよいでしょう。

また、これまで特段いびきが気にならなかったものの、急にいびきが気になるようになる、徐々にいびきが大きくなるという変化が見られる時も早期に動物病院を受診しましょう。

後発的ないびきの原因は、肥満により気道が狭まっている場合や腫瘍が出来たことで気道が確保できないということもあります。
動物病院を受診する際に、どの程度の症状かを口頭で説明することが難しい場合は、携帯(スマートフォン)で動画を撮影したり、発症の頻度、持続時間をメモに残しておくとよいでしょう。

特に高齢の小型犬はいびきの原因を軟口蓋によるものと考えてしまいがちです。しかし、若く健康なうちに軟口蓋による呼吸困難を多発しており、高齢になり別の病気が併発していることもあります。いびきに関連する病気として、心臓病や気管虚脱などは、いずれも危険性の高い病気です。

愛犬が小型犬でありながら体のサイズに見合わない大きないびきをかいている場合や若い頃に比べいびきが目立つ、生活面で息切れや食欲不振、体重の減少などの変化が見られる場合は、早期に動物病院を受診し精密検査を行いましょう。

病気が原因のいびきとは?

心臓が原因の場合

心臓早期の対処が必要な「病的ないびき」とは、軟口蓋による軽度な症状から腫瘍による重篤な症状まで多種要因があります。しかし、飼い主の感覚だけでは原因の緊迫さを判断することは難しいです。その為、気になる症状がある時は、まず動物病院を受診することが必要です。

心臓病を発症した場合のいびきは、心臓の筋肉が肥大したことによって気道が圧迫されて起こります。後天的な理由で心臓病を発症する原因は、肥満や高血圧など生活習慣に関係する理由が多く挙げられます。

心臓病は早ければ4~5歳で発症をすることもあり、必ずしも高齢犬に限った病気ではありません。初期は単なる肥満でも悪化することで心臓病になることもあります。

愛犬の生活の中で肥満や運動不足などが思い当たり、いびきの症状が気になる場合は動物病院を受診しましょう。症状によっては聴診器を当てるだけで呼吸時の雑音を聞くことも出来るので早期発見が可能です。

腫瘍が原因の場合

犬にも人間同様に腫瘍ができることがあります。腫瘍には悪性と良性の2種類があり悪性はいわゆる「癌」と呼ばれる症状です。良性の場合は脂肪の塊など、単なるしこりで、さほど健康面への影響はありません。
しかし、犬の腫瘍は外見や診察だけでは悪性、良性の判断ができません。一旦切除し、検査を行うことで初めて悪性、良性を見分けることが出来ます。

腫瘍が呼吸器に出来てしまった場合、気道が常時圧迫された状態になり、就寝時はいびきとなって聞えます。もし以前はいびきをかかなかった愛犬がいびきをかく様になった、いびきが次第に大きくなっていると感じた場合には、動物病院を受診しましょう。
初期の腫瘍は、飼い主が触れただけでは見つけることが出来ないほどに小さいこともありますが、検査やレントゲンを撮れば早期に発見することも出来ます。

呼吸器に病的な異常がある場合、いびき以外にも鼻水が出る、平常時でも鼻血が出るという症状が見られることもあります。このような症状が見られる際にも動物病院を受診しましょう。

肥満が原因の場合

病気と呼ぶほど深刻な問題ではないと考えられがちないびきの原因に肥満があります。
日本で飼われている犬の実に6割以上が肥満傾向か肥満状態にあるとも言われており、日本は犬の運動不足、食事の管理不足がとても深刻な国です。
そのような背景のもと、犬の肥満も愛嬌とさえ捉えられ、さほど深刻に取り組まずにいる家庭が多く見られます。

犬の肥満も人間同様で様々な合併症を引き起こすリスクを抱えています。肥満を放置すれば足腰の関節に負担がかかり、心臓に負荷がかかり、血圧も上がります。高齢になればなるほど代謝が悪くなりダイエットも難しくなります。

また、肥満傾向にある犬は気道周りにも脂肪がつくため、気道を常に圧迫しています。その結果、就寝時横たわった姿勢になると余計に気道が圧迫され、小型犬でも驚くほどに大きないびきをかきます。
この状態を放置しておくと肥満による直接的な不調が起こらなくても、別の内臓機能に不調をもたらすことになります。

愛犬が肥満傾向にある場合は、シニア期に差し掛かる前に適性体重になる様ダイエットに取り組み、シニア期には現状維持に努めることが大切です。体重が減少することで自然といびきが解消されます。
いびきが解消されるということは日中の呼吸も気がつかぬ間に楽に行えるように改善されたということでもあるので、愛犬の健康状態も自然と回復するでしょう。

いびきの対処法とは

短鼻種の場合、いびきや荒い息づかいがごく当たり前とつい考えてしまいます。いびきは加齢とともに大きくなることもありますが、あまりに大きい場合は念の為動物病院を受診しておくと安心です。

いびきが単なる生理現象であり、病気でないことをしっかりと確認出来さえすれば笑い話になり、そうでなくても病気の早期発見、早期治療につながるのですから動物病院の受診は決して無駄にはならないでしょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加