コラム

人気の犬種に多い病気とは?

この記事は2016年3月16日の記事を再編集しました。

ペットブームなこともあり、ペットが同伴で宿泊できるホテルやカフェ等も増えてきています。ペットがいる生活が世間に浸透していることを感じます。

今回はトイ・プードルチワワダックスフントの人気犬種3種がかかりやすい病気とその理由をまとめて紹介します。

人気の犬種に多い病気とは?

トイ・プードルがかかりやすい病気

人気ナンバーワンと言われる犬種のトイ・プードルは、小型化するために繰り返し交配を経て誕生した犬種です。本来のプードルは「スタンダード・プードル」と呼ばれています。

プードルは元々水猟犬として活躍していた歴史があります。プードルの被毛をトリミングするのは、かつて鴨等の水鳥や魚を狩るときに、被毛が多いと水分を含んでしまい泳ぎにくくなってしまうため、「毛量を減らす」ためにカットしたためです。

犬種には成り立ちがあり、プードル(スタンダード・プードル)は、本来とても軽快で、関節を支える軟骨が丈夫な犬種と言われています。

しかし、人気犬種のため、乱繁殖や異種交配、小型化を繰り返すことによって元々丈夫であるはずの骨や関節が弱くなってしまい、簡単に骨折をしてしまったり、遺伝子異常を持つ個体が生まれるようになってしまいました。

こういったことから、トイ・プードルは膝蓋骨骨折(脱臼)や、先天性網膜萎縮、突発性てんかん等が発症しやすいと言われています。

チワワがかかりやすい病気

現在公認されている犬種の中で、チワワは最も小さい犬種とされています。身体が小さく、華奢で弱々しく見えますが筋肉質な個体が多いです。しかし、脚が細いために膝のお皿がずれてしまう膝蓋骨脱臼を起こしやすいです。

また、頭が小さく鼻先が短いという特徴から、気管支が狭く気管虚脱のリスクを持っています。首輪やネックレス等のアクセサリーを着けるときには、気管支を締め付けてしまわないように緩めに着用する必要があります。

気管支が狭く、呼吸がうまくできない状態が続くと、舌が青紫色になるチアノーゼという状態になり、倒れてしまいます。呼吸異常を感じた際には、すぐに動物病院を受診してください。

その他、チワワの遺伝子疾患として水頭症という病気があります。
水頭症は、頭の中に脳脊髄液が溜まり脳室が圧迫される病気です。先天性と後天性のものがありますが、チワワの場合は先天性であることが圧倒的に多いです。

身体が小さく飼いやすい犬種ですが、様々な病気にかかりやすい可能性があると言えます。

ダックスフントがかかりやすい病気

ダックスフント
ダックスフントは胴が長く、短い足が特徴的な犬種です。穴の中に生息する動物の狩猟をするために、このような体形に改良され誕生した歴史があります。

ダックスフントは筋肉質な個体が多いですが、胴が長く胃腸が強い性質のため、食欲旺盛で太りやすい犬種でもあります。

足が短いため、太ってしまい身体が重たくなってしまうと、その分負荷がかかりヘルニアになってしまいます。ダックスフントは全犬種の中でも最もヘルニアになりやすい犬種です。

腰のヘルニアが重症化してしまうと歩行困難になる危険性があるため、体重管理と食生活の管理は徹底して行う必要があります。

また、耳が垂れているのが特徴的な犬種ですので、耳の中が蒸れやすく、雑菌が繁殖することで外耳炎や中耳炎にもなりやすいです。

外耳炎や中耳炎だけでなく、耳の病気は定期的にトリミングを行い、耳掃除をして清潔な状態を保つことで予防することができます。

先述の通り、ダックスフントは太りやすい犬種です。そのため、必要以上のたんぱく質を摂取してしまうと、未消化たんぱくとして涙になり、涙やけを引き起こすことがあります。
シャンプーだけでは涙やけを改善することはできません。食事量を減らしたり、栄養バランスを見直し、タンパク質や脂質が少ない食事を心掛ける必要があります。

異変を感じたらすぐに病院へ!

犬種による特徴が影響して病気を発症するリスクもある犬ですが、犬は飼い主に悟られないように異変を隠し通す性質があります。そのため、飼い主が異変に気付いた時には、手遅れの状態である可能性があります。

普段と比べて食欲がない、身体がかゆそうにしている、息づかいが荒い等、小さい変化でも敏感に察知することが大切です。

動物病院では、知識と経験豊富な獣医師、看護師があらゆる方向から病気の特定を行います。たとえ犬自身が元気に振る舞っていても、いつもと違う行動が見られた場合には、動物病院へ相談することをおすすめします。

エコー等の設備を備えた病院もあり、定期的な健康診断をすることもできます。
定期検診は積極的に受け、日頃から健康管理に注意しましょう。健康管理をきちんと行うことで、愛犬も健康的に過ごすことができるようになります。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加