コラム

犬の子宮蓄膿症について

中高齢期のメス犬に多くみられる病気の1つに子宮蓄膿症があります。
この病気はその名前の通りに子宮で起こるトラブルですが早期発見、早期治療で完治させることが出来ます。
病気の仕組みやその症状に関する予備知識をしっかりと持ち、日ごろの健康チェックに活用しましょう。

犬の子宮蓄膿症について

子宮蓄膿症のメカニズム

子宮蓄膿症とは陰部を通じて子宮に雑菌が入り込むことで起こります。
子宮内で増殖した雑菌が膿となる子宮に排泄されつつも、子宮内に増殖し子宮が大きく腫れあがる病気です。
この病気は

  • 発情期
  • 病中病後
  • 産中産後
  • 交配
  • 育児、授乳

など免疫力が低下した時期に発症のリスクが高まります。
通常の生活でも屋外で排泄をすることで陰部を通じて雑菌が入り込むことがあるため、完全な予防が難しいとされています。
この病気を予防するために、生後一年未満で避妊手術を受け子宮の切除をするという考えが動物医療の分野では主流となっています。
健康で発育途中の子犬の体から子宮を摘出する避妊手術に抵抗を感じることもありますが、中高齢期を迎えてから子宮蓄膿症や子宮癌を発症し手術を受けるリスクを考えると、予防策としては十分にメリットがあります。

子宮蓄膿症の症状

子宮蓄膿症の症状は体内、子宮内で徐々に進行します。
初期は痛みや目立つ異変がみられないことから、発見が遅れてしまう事も少なくありません。
そのため初期に発見し治療をすれば完治をすることが出来る一方で、発見が遅れ子宮が破裂する、毒素が体内にめぐってしまうという状態になると短時間で死に至ることもあります。
子宮蓄膿症にみられる症状は

      ・食欲減退
      ・元気がない
      ・下痢
      ・嘔吐
      ・水を多量に飲む
      ・陰部を頻繁に舐める
      ・陰部から出血がある

などです。
症状の進行とともに食欲の減退は深刻さをまし、次第に元気がなくなり、表情もくもりがちです。
子宮内にたまった膿が陰部から排泄されると、犬自身が不快に思い頻繁に陰部を舐める様になります。
この行為によって再度雑菌が陰部や体内に入り込む危険性もあり放置できる問題ではありません。
犬は発情期、生理を迎えると自身で陰部を舐め処理をすることがあります。そのため子宮からの膿の排泄の処理を生理の一環と勘違いしてしまう方もいますが、似たような行動であるものの子宮蓄膿症は深刻な症状なので見落とさないよう注意をしましょう。
子宮蓄膿症の場合、生理と同様に陰部が肥大しますが、先端から黄色や透明の膿がにじんでいることがあります。
この膿に気が付いた時は即座に動物病院を受診しましょう。
もし即座に動物病院を受診できない場合は

  • 清潔なトイレシーツで毎回排泄をさせる
  • 陰部を清潔に保つ
  • シャンプーや入浴は避ける
  • エリザベスカラーをつけ陰部を舐めないよう工夫をする

などの方法で一時的に対処をしましょう。
ただし雑菌の増殖は目には見える愛犬の健康状態を的確に判断することはできません。
動物病院の受診を先延ばしにすることで、症状がますます進行する危険があることをしっかりと理解しておく必要があります。
中には子宮内が膿でパンパンに腫れあがっていても体外に排泄されないケースもあります。
この場合発見が遅れ、子宮破裂を招くこともあり大変危険です。
愛犬の異変に気が付いた時はすぐに動物病院を受診しましょう。

子宮蓄膿症の治療法と費用相場

犬の手術もし愛犬が子宮蓄膿症を発症した場合、治療法には主に2つの選択肢があります。

  • 手術によって子宮を摘出する
  • 点滴や服薬によって体内の雑菌を死滅させる

いずれの方法もまずは検査を受け、病状を確認したうえで決定をします。
子宮蓄膿症は一旦服薬で完治をさせても、再発をする危険性が常に身近にあります。
トイレシーツの利用はもちろん屋外での排泄、ドッグランなど不特定多数の犬が利用する環境、自身の免疫力の低下も関係します。
このような再発のリスクを回避するためには、手術を行う子宮を摘出することが最も確実な方法です。
ただ子宮の摘出には全身麻酔が必要になるので、中高齢期の犬にとっては相当な負担になることもあります。

点滴や投薬での治療の場合、治療を開始してから数回の通院が必要になり、完治するまで獣医師と共に経過観察が必要です。
ただ完治までの期間が犬の体力や病気の程度によって異なります。

子宮蓄膿症の治療における費用相場は、開腹手術で子宮を摘出する方法は10~30万円ほどです。
開腹し子宮の状態を確認し患部の摘出だけという簡単な処置であればさほど費用はかさみませんが、子宮が破裂している場合や付近の臓器にまで影響を及ぼしている場合は手術時間も長くなり、費用が高額になります。
点滴や服薬で治療を進める場合、都度の医療費は数千円程度とさほど高額ではありませんが、完治までに数回の通院が必要となるので、総額では3~5万円ほどかかることもあります。
手術をした場合、術後数日~一週間は入院が必要になります。
術後は一時的に食欲が落ち、体力が低下してしまう事があるので、完全看護の状態で経過観察を行う事が安心です。
ただ入院の場合一日5000~10000円ほど費用が掛かるので、総日数で算出をするとさらに医療費がかさむことになります。

子宮蓄膿症になった犬のケア方法

子宮蓄膿症を発症し手術による治療を行った場合、その後の再発を気にすることはありません。
これまで通り屋外に散歩に出たり、トイレシーツを利用できます。
今後は発情期を迎えることがないので、陰部がデリケートになることはありませんが、不衛生な環境では雑菌の侵入を招くことがあるので注意は必要です。
点滴や服薬で治療を行った場合は再発をしないよう万全の注意が必要です。
可能であれば、日々のトイレは室内で清潔なトイレシーツを使い済ませ、定期的にシャンプーをして衛生的な生活に努めましょう。
ペットシート

    発情を迎えている期間はできる限り外出を控え、トイレシーツの交換頻度を上げ特に衛生管理の徹底が必要です。
    もし陰部を頻繁に気にする様子が見られる時はすぐに動物病院を受診しましょう。

    ペット保険の対象になる?

    多くのペット保険では子宮蓄膿症の治療における医療費を補償の対象と定めています。
    補償額は保険サービスごとに異なりますが、中には手術費用の9割を補償するというサービスもあります。
    ただし子宮蓄膿症の予防も兼ねた避妊手術は手術という名前がついてはいるもののあくまでも予防行為とみなされ補償の対象にはなりません。
    一般的に避妊手術の費用相場は30000~50000円ほどですから、将来の子宮蓄膿症の発症を考え早期に手術を受けるという事も前向きな検討をしましょう。
    例えば子宮蓄膿症や子宮癌のように避妊手術を受け子宮の摘出を済ませておくことで予防が可能な病気に関しは自費で医療費を賄い、その他の癌や怪我に関してはペット保険で賄うという方法もあります。
    この場合、補償対象とする病気を限定することで、掛け金を抑えることが出来るメリットがあります。
    ペット保険の掛け金を負担に感じ、加入を躊躇する場合は、未加入という結論を出すのではなく、掛け金の負担を軽減したうえで加入をするという選択肢があることもぜひ知っておいてください。

    まとめ

    子宮蓄膿症という病気は日々衛生管理を気にかけ、定期的にトリミングを行っている環境でも発症をする可能性のある病気です。
    避妊手術を終えていない中高齢期の愛犬には、日ごろから健康状態を気にかけ初期症状と思われる行動があった時はすぐに動物病院を受診しましょう。
    治療方法については愛犬の年齢や健康状態をもとに十分な話し合いを行い、ベストな方法を選択してあげましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加