コラム

犬を飼うために準備しておきたいこと

この記事は2016年9月7日の記事を再編集しました。

これから犬を飼おうと考えている方もいると思います。しかし、犬を飼うためには、飼育に必要な生活環境を整えておくことはもちろん、将来予想される医療費の備えなど、飼い主さんにとっては必要となる準備がたくさんあります。また、ワクチン接種等は飼い主としての義務であると、法律で定められていることもあります。

今回は、犬を飼う際に準備しておくことについてまとめました。

犬を飼うために準備しておきたいこと

ワクチン接種は忘れずに

人間は何かしらの感染症を軽減することを目的として、ワクチンを使用します。犬も同じようにワクチン接種によって症状を軽減することができます。

犬を飼っていると狂犬病予防法によって、年に一度狂犬病予防ワクチンの接種をすることが義務として定められています。

犬を家庭へ迎える際に、狂犬病予防法に従って登録を行います。すると年に一度、通常4月~6月に飼い主さんが登録した住所へ自治体から予防接種の通知が届きます。ワクチン接種の費用は自治体によって異なりますが、平均して3,000円前後であることが多いです。

狂犬病の他にも、犬にはジステンパーやパルボウイルス、コロナウイルス等の感染症が存在し、これらの感染症はワクチンによって予防することが可能です。このようなワクチンを「混合ワクチン」とも言います。混合ワクチンは組み合わせにもよりますが、犬のワクチンは11種類程度に分類されています。

混合ワクチンの接種は任意ですが、ジステンパーウイルスとアデノウイルス、パルボウイルスのワクチンは特に接種が推奨されています。

混合ワクチンの費用は、2015年のデータによると、5~6種の混合ワクチンの場合は、5,000~7,500円前後、8~10種の混合ワクチンだと5,000~10,000円前後のようです。

医療費や食費など、お金がたくさんかかります

犬を飼うということは、食費だけでなく、先述の狂犬病ワクチンや混合ワクチン等の他にも医療費等の必要経費が出てきます。

仮に小型犬を飼う場合、フィラリアの予防薬は平均6,500円前後、フィラリア血液検査は平均2,000円、ノミやダニの予防費用は平均12,000円前後が医療費として必要となります。この他にも病院の再診料だけで平均して500円程度必要となります。また、健康診断を受けるという場合には、血液検査等を含めると平均10,000円前後の費用がかかります。

これらの医療費は、病気の予防や症状の軽減を目的としたものですが、犬が実際に病気にかかったり、ケガをしてしまった際には、治療費を別途支払うことになります。

なお、年間でかかる食費はドッグフードの種類によって変わりますが、平均して36,000円前後です。この食費に去勢・避妊手術代やトリミング代などを含めると、仮に12年間の生涯として計算した場合、合計金額は1,500,000円となります。

このように比重が大きくなりがちな医療費の負担を減らすためには、ペット保険を検討するのがおすすめです。

ペット保険は子犬のうちに検討しよう

これまでの話でも動物病院を受診する際、医療費が安いものではないことが分かります。犬は人間のような健康保険の制度がないため、医療費の負担も10割になるのです。

子犬の頃は病院へ行く機会もあまりないと思いますが、高齢になってくると病気にもなりやすく、病院を受診することも多くなる傾向があります。もちろん子犬のうちに病気が見つかるということもあります。

こういった時に安心して病院へ行くことができるように検討しておきたいのが、ペット保険です。ペット保険は加入しておくと、病院での医療費の何割かを補償してくれるものです。(補償内容は、通院や入院、手術とそれぞれプランによって異なります。)

しかし、ペット保険へ加入する際に注意しなければならないのが「犬の年齢」です。ペット保険のほとんどが加入時の年齢に上限を設けています。定められた年齢までなら新規加入ができますが、上限を過ぎている年齢であればもちろん加入自体ができません。

高齢になってからのほうが病院へ通う機会が増えるのに、その段階ではすでにペット保険に加入ができなく慌ててしまうということにもなりかねません。また、子犬のうちに加入しておくことで、保険料が高齢になってからも高くならないという保険もあります。

こういったことを避けるためにも、子犬のうちに加入を検討しておくことが大切です。

準備しておきたい日用品

犬を家族として迎える当日、もちろん必要になるものが多いです。事前に日用品の準備をしておきましょう。

  • 食事用の器
  • 食事の時にはドッグフードを入れるための器と水を飲むための容器が必要となります。犬の成長によっては食事量も変わってくるので、買い替えをすることがあることを前提に選ぶのがおすすめです。

  • 犬用のリードやハーネス(首輪)
  • 犬を繋ぐためのリードも必要不可欠なアイテムです。犬のサイズに適しているリードを選びましょう。また、ハーネスや首輪も犬のサイズに適しているものを選び、飼い主の情報を明記することで、犬が行方不明になった場合でも捜索ができるように備えましょう。

  • フード
  • ドッグフードは総合栄養食と表示されているものがおすすめです。犬の栄養バランスが理想的になるように調整されているので、水とフードのみでも必要な栄養素を全て摂取できます。

  • トイレ、ハウス、ケージ
  • 必要に応じてトイレやハウス、ケージも準備しておくと安心です。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加