コラム

犬の歯周病は予防ができる!

この記事は2017年3月29日の記事を再編集しました。

犬の虫歯はとても稀で、口内の病気としては歯周病がダントツに多いと言われています。口内の病気は、見た目には分かりづらく飼い主さんが気づきにくいため、犬が異変を示したときには、すでに手遅れの状態となっているケースもあります。

今回は犬の歯周病についてまとめました。

犬の歯周病は予防ができる!

歯周病とはどんな病気?

歯周病とはどのような病気なのかを調べてみました。

歯肉に炎症が起こることを「歯肉炎」と言い、歯肉炎が進行すると「歯周炎」となります。そして、この歯肉炎と歯周炎の総称を「歯周病」と呼ぶようですが、歯周病の中には、「歯槽膿漏」も含めれる場合もあると言われています。

歯槽膿漏になってしまうと、顎の骨が溶けてしまったりと、大事になります。

歯周病に至るまでの進行の流れ

  1. 唾液や食物が歯に蓄積し、菌膜(ぺリクル)ができる
  2. その菌膜(ぺリクル)に細菌が増殖し、歯垢(プラーク)になる
  3. 歯垢(プラーク)が石灰化し、歯石になる
  4. 歯垢(プラーク)が歯石などの影響による歯肉に炎症が起こると、歯肉炎と言われる病気になる
  5. 炎症が進行していくと、歯肉や歯を支えている歯茎等の組織が破壊され、痛みを感じるようになり、これが歯周炎と呼ばれる段階になる

(出典元:めるてぃんぐぺっと

菌膜と言われるぺリクルは、唾液由来の薄い膜で、通常の歯には必ず存在するものです。本来、口内を保護し、潤いを保つ役割を担っていますが、時間の経過と共に細菌が発生します。

ぺリクルは歯磨き等で簡単に取れるようなので、適切なケアをしていれば問題ないと言われています。

歯周病の主な症状

歯周病の主な症状は以下のものが挙げられます。

  • 歯茎の赤み
  • 口が臭い(腐敗臭)
  • 歯茎からの出血
  • 歯がグラグラする
  • 歯が長くなった様に見える
  • 食べるのが遅い
  • 嘔吐(尿毒症による)
  • 副鼻腔炎の併発
  • 心臓、腎臓、肝臓、肺への悪影響等

(出典元:子犬のへや

歯周病の原因

歯周病を起こす主な原因は、口の中の傷や歯垢です。また、老犬や小型犬は歯周病になりやすいという研究結果が出ているようです。
歯周病犬
老犬は加齢によって唾液の分泌が少なくなるため、口内洗浄機能が低下し、細菌感染への抵抗力も落ちてしまうからと言われています。
また、小型犬は顎が小さく、歯が密集しているためと考えられています。犬は個体の大きさに関係なく、歯の本数が42本と決まっているため、小型犬の場合はより一層歯が密集している状態となります。

そして歯並びが悪い犬も歯磨きがしづらいことから、歯周病になりやすいと考えられています。

歯周病の予防

歯周病を予防するためには、毎日の歯磨きが重要です。

ぺリクルがプラークになるまでにかかる時間は、おおよそ24時間と言われているため、毎日きちんと正しい歯磨きをしておくことで予防ができるのです。

きちんと歯磨きができていなく、歯石になってしまった場合は、動物病院で歯石除去をしてもらいましょう。
歯石が確認できなくても、気になる場合には一度動物病院で診てもらい、歯磨き指導をしてもらうことをおすすめします。

デンタルケアグッズの使用がおすすめ

毎日の歯磨きと併せて、デンタルケアグッズの使用がおすすめです。

犬用のデンタルケアグッズは、歯磨き効果のあるガム等のおやつや、口内細菌バランスを補正するサプリメント、口腔洗浄スプレー、飲み水に入れることができるマウスウォッシュなどがあります。

また、普段から缶詰等のウェットタイプの柔らかい食事を与えている場合は、今よりも少し固いフードに変えてみるのも一つの予防方法です。咀嚼が多くなることで、唾液が多く分泌され、口内の細菌を洗い流してくれやすくなります。

歯周病の治療

口内に異常を感じた際には、早めに動物病院を受診しましょう。素人判断で「まだ大丈夫」と判断してしまうのはとても危険です。
実際に歯周病になってしまった時の治療方法を見てみましょう。

まずは歯周病の原因となっている歯垢や歯石の除去が行われます。初期段階の歯肉炎では、毎日の適切な歯磨きで改善できるケースもあるようです。

歯石除去をする場合は、多くの場合全身麻酔を行い施術されます。これは犬が暴れてケガをしてしまったり、治療効果が中途半端になってしまわないようにするためです。

病院では、基本的に「歯」をなるべく残す治療をすることが多いようですが、症状が進行してしまっている場合には、抜歯をすることもあります。

投薬治療を行うこともあります。歯石を柔らかくする生菌剤の他に炎症を抑えるための抗生物質や歯肉炎軽減剤等を投与したりするようになります。

糖尿病等、他の病気が影響して歯周病が引き起こされている場合には、まずそれらの基礎疾患に対する治療が行われます。逆に、歯周病が他の病気を併発している場合も、それらの症状を軽減するような治療が行われます。

おわりに

歯周病は放置していると、顔や顎に穴が開いてしまうことや、心臓等の内臓疾患に繋がることもあるため、とても怖い病気です。

歯石や歯垢の段階で気が付き、病院を受診することができれば良いですが、それ以前にやはり毎日の歯磨きが大切であることに変わりありません。愛犬のためにも、毎日の歯磨きを徹底してあげましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加