コラム

肥満は病気の始まり?犬の肥満について

日本で暮らす犬の半数以上が肥満もしくは肥満予備軍にあります。この状況は実はとても深刻な時代で、肥満のまま高齢期を迎えると途端に様々な不調を引き起こしたり、低下した筋力で体をさせることが出来なくなることもあります。
愛犬の肥満は家族の取り組み次第で解消することが出来るので、肥満に今以上に関心を持ち、愛犬の健康管理に取り組んであげましょう。

肥満は病気の始まり?犬の肥満について

何キロから肥満?肥満の見極め方

ペットショップの店頭には、ショーケースに並ぶ子犬の将来の標準的なサイズが数値で記載されています。トイプードルであれば3㎏前後、ダックスでも4,5㎏が目安です。でもこの数値は血統証発行団体が犬種の標準的なサイトとして認定している数値であり、大抵の場合は成長後はより大きなサイズになります。
同様のドッグフードのパッケージに記載されているサイズや犬種毎の給与量の目安も、この血統証発行団体の数値が参考になっているので、大抵の場合は当てはまらないでしょう。
日本で犬の肥満が増えている原因は

  • ドッグフードの与えすぎ
  • ここの理想体型の明確に把握していないこと
  • 慢性的な運動不足

愛犬が標準サイズより大柄に育った場合では、愛犬自体の理想体重、体形はどの程度なのかをしっかりと考えずに、つい曖昧にしてしまいがちです。中にはややぽっちゃりとしていた方が愛嬌があってかわいい、日常生活に支障がないと軽く考えてしまう事もあります。
でも、犬の肥満は日々骨格や内臓機能に負担をかけ続ける深刻な問題です。愛犬が生後一年をむかえ、体の成長が止まった時点で改めて理想の体重、体形について確認し、正しく把握をしましょう。

犬の理想体型は、小型、中型、大型にかかわらず基本の見分け方があります。

  • 背骨は軽く触れると骨の凹凸がわかること
  • 腹部に触れるとあばらの凹凸がわかること
  • 後肢の付け根は引き締まり、ひきあがっていること
  • 上から見下ろした時に、腰に適度な窪みがあること

このすべての項目をクリアすることが出来る体形が標準で理想的な体形です。
骨の凹凸がわかることは決して痩せすぎ、かわいそうなことではありません。犬は本来活発に活動をすることを前提とした体形をしているので、余分な脂肪で負荷がかかることの方がかわいそうなことなのですから。

ただしパグやフレンチブルフドッグ、コーギー、ダックスのように特殊な体形をしている場合、愛犬の体形が犬種の許容範囲なのか肥満なのか見極めることが難しいものです。でもこれらの犬種も胴回りの肉付きがしっかりとしていても、背骨は凹凸がわかり、腹部のおあばらが確認出来ることが目安になります。
肥満犬決して犬種特有の体形だからと肥満を許容していいというわけではありません。
これらの犬種は胴回りと足腰との関係がとても微妙ですから、一般的な犬よりさらに厳密に肥満を管理する必要があります。

肥満がもたらす病気とは?

犬も肥満にいって様々な問題が起こります。
例えば

      ・糖尿病
      ・高脂血症
      ・心臓病
      ・血管に関する病気
      ・内臓脂肪に関する病気
      ・ヘルニアなど骨格に関する病気

と様々です。中にはいくつかの症状を併発することもあります。
ただこれらの病気は、肥満を解消し健康的な生活に戻すことで予防することも完治することも可能です。
愛犬の長生きのためにも、予防できる問題は積極的に取り組みましょう。

ダイエットには食事制限と運動どちらが効果的?

犬がダイエットをする場合も人間同様に食事制限や運動が効果的です。ただ犬の場合、運動で体重を減少させるには、毎日ドッグランへ行き、愛犬の体形にあった十分な運動をさせカロリーを消費させる必要があるので、飼い主の側も十分な時間的余裕が必要になります。つまり飼い主と一緒に歩調を合わせながら散歩をする程度ではたとえ30分、1時間と歩き続けてもダイエットの効果は望めません。
例えばコーギーを運動でダイエットさせようと考えた場合、コーギーは本来海外の広大な牧場を走るまわることを前提に輩出された犬種ですから、それ以上の運動をさせなければダイエットにはつながらないのです。ダックスも同様で猟犬ですから、猟に出る以上の運動量が必要になり、現実的ではありません。

また肥満状態にある愛犬を無理に運動させるという方法は、骨格や関節に負担がかかり、炎症や痛みを発症することがあり危険な行為です。
運動をさせる場合はスイミングなど専任のインストラクターのいる環境で骨格への負担を考え取り組みましょう。

愛犬のダイエットを家庭で取り組むには、食事制限、管理が何より効果的で確実な方法です。
まずは愛犬の理想体重、現在の体重を把握しましょう。ダイエットのペースは月に10%づつ体重を減らすことです。無理に体重減少のペースを上げるとストレスが増し、かえって効果が出にくくなるので、焦らず計画的に取り組みましょう。

ダイエット期間中はダイエット用フードに変えるべき?

愛犬にダイエットをさせようと思った時、大抵の方はダイエット用ドッグフードへの切り替えを考えるでしょう。でも実は必ずしもドッグフードを切り替える必要はありません
ダイエットのためには、いつも食べているドッグフードから10%ほどを削減することから始めます。毎日200gのドッグフードを食べている場合、今後は180gを数回に分け一日量とします。この分量を数週間継続し、体重が減少する効果がみられればそのまま継続します。
もし体重減少がみられない場合は、さらに10%を減らし、一日量を160gに変更し、再度数週間継続します。
ドッグフードの必要量、適量はそれぞれの年齢、体質、生活環境、運動量によってさまざまです。必ずしもドッグフードのパッケージに記載された目安量が愛犬にとっての適量とは限りません。そのため、つい過剰に与えすぎてしまい肥満につながっているので、ダイエットを期に愛犬にとっての適量を見つけてあげましょう。

市販のダイエットフードの原材料を確認してみると、大抵の製品は肉や魚など動物性たんぱく質を配合せずに、低カロリーで脂肪分の少ない穀物を主原料とし、動物性油脂で風味付けをしています。この方法は一般向け製品に比べカロリーをカットすることが出来ますが、犬の必須栄養素が含まれていないので、栄養バランスの乱れから別の不調を起こしかねません。
人間も犬もダイエットの仕組みは同じで、ダイエットをするからといって、特定の栄養素を除去したり、完全に摂取を控えるという極端な方法はかえって効果がありません。そのような方法よりも、様々な栄養素、必須となる栄養素をバランスよく摂取しつつ、摂取量を減らすことの方がより効果的です。
犬とおやつダイエットに取り組むときは、いつものドッグフードの量を減らし、おやつを見直すことで十分です。おやつを与える習慣があるご家庭では、おやつを完全に取りやめてしまうのではなく、野菜など低カロリーなおやつに切り替えるという方法は主食として与えているドッグフードのうちの一部をおやつとして与えるという方法で対処しましょう。

愛犬の肥満は早期解消で健康的な生活を

犬も高齢になると新陳代謝が低下し、ダイエットをしても効果が出にくくなります。愛犬の肥満が気になる時は若く、健康なうちかダイエットに取り組み、早期に解消をしておきましょう。シニア期には様々な不調が起きやすいので、肥満を解消しておくだけでも病気予防の効果があります。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加