コラム

犬がご飯を食べない原因と対策

犬は満腹を感じる機能が備わっていません。そのため、どんなに大量の食事をした後でも、直後にはもう別の食べ物を催促するものです。満腹を感じることがない為、犬は常に空腹状態で、目の前の食べ物を食べないということは起こりえない動物のはずです。
しかし、実際には多くの小型犬が様々な理由から食べ物をえり好みしたり、食べないという行動をとっています。

犬がご飯を食べない原因と対策

なぜご飯を食べなくなったのか考えられる理由

本来、満腹中枢をもたない犬が、食事を拒むにはそれなりの理由があると考えられます。その最も有力な理由は、「誤ったしつけ」「わがまま」です。

空腹な犬犬が満腹中枢をもたない理由は、野生の環境下で肉食性動物として生活をする上で、安定的に餌を入手することができない為です。目の前に食べるものがあるその時、食べ物を手に入れた時に食べておかなければならないという危機感から、満腹感によって餌を食べ残すことがないようにするためです。

この機能はペットとして人間と暮らし、毎日一定のリズムで安定的に食事が供給される生活になっても変化はありません。

その反面、犬はとても学習能力が高い一面もあります。人間と共に暮らす中で、様々なことを覚えていきます。私達は日々熱心に犬に「お座り」や「待て」を犬に教えることと同時に、実は無意識ながらも犬に食事に関して誤ったしつけをしているのです。

誤ったしつけとは以下のようなことです。

  • 食事はいつでも提供される
  • 食べ残しをしても、誰かに横取りをされる心配がない
  • 食事を拒否すると、次はより嗜好性の高い食事が提供される
  • 人間の食べ物は犬用よりも風味が強く、嗜好性が高い

上記のことを無意識のうちに犬に覚えさせてしまっている結果、犬はより嗜好性の高い食事を求めるようになります。野生の環境下で培われた食事への危機感は薄れ、次第に単なるわがままばかりが増していきます。
そうなると飼い主は日々愛犬が気に入り、喜ぶ食事を追い求めるようになります。ペットショップの店頭に新商品が並ぶたびにドッグフードの銘柄を切り替え、愛犬が拒否をすればまた別の銘柄を探します。

このような状況は日本特有で、「フードジプシー」とも言われるほどです。愛犬の好みに応じて日々の食事を用意していては、次第に愛犬自身が食への関心を薄れさせ、益々悪循環に陥ってしまいます。

体調が悪いことが原因?疑われる病気

単なるわがままではない食欲不振には、次のような行動が見られます。

  • 食べものに関心を示さない
  • ニオイすら嗅ごうとしない。特定のフードだけでなく、食べ物全般に関心を示さない。

  • 体重減少がみられる
  • 体重減少、筋力の低下がみられる場合は何らかの不調のサインです。

  • 下痢、嘔吐、咳、鼻水、発熱などを伴っている
  • 軽度の風邪であれば、本能的に食事をするものです。完全に食事を拒絶する場合には、重篤な病気の初期症状の可能性もあります。

  • 口の中に赤み、腫れがある
  • 犬も口内炎になること、虫歯、歯肉炎になることがあります。この場合、想像以上の痛みを伴うので食欲が減退します。食事のニオイは嗅ぐものの、食べようとしない場合には口内トラブルを考えてあげる必要もあります。

  • 高齢になり硬い物を食べられない
  • 今や10歳を超える長寿犬も珍しくありません。高齢化と共に犬にも歯に関する悩みが増えています。硬いドライフードを食べる事が出来ないこともあるので、食事中の様子をしっかりと確認してあげることが必要です。

この他にも、以下のような症状がみられる場合、食欲減退がみられることがあります。

  • 食後に嘔吐をする
  • 食事と食事の合間に胃液を吐いている
  • 重度の下痢をしている

嘔吐や下痢によって体内の水分量が減少し、脱水症状を起こしている場合、元気がなくなり食欲も減退します。このような時は、無理にドライフードや缶づめを与えるのではなく、白米のおかゆなどで数日様子を見てあげるとよいでしょう。極力消化吸収に負担のならない食べ物が最適です。

偏食になっていないか

ペットとして生活をする中で、犬も本来の脳機能に反して偏食をするようになっています。偏食には以下のような理由があります。

  • より嗜好性の高い食べものを求めている
  • 食べ物をもらうシチュエーションにこだわっている
  • 生理的に受け付けない食べ物である

中でも目立つのは犬用に用意されたドッグフードには見向きもせずに、人間用の食卓に並んだ料理を欲しがるというパターンです。
この状況は、人間用食べ物のほうが風味が強い、食感がいいということもありますが、人間の食卓から分け与えられることに喜びを感じているという理由もあります。

野生の状況では、群れの中の上位者から食べ物の配分が決まります。つまり同じ部位、同じ食事をするということは群れの中で同率の立場にあるということを意味します。そのため、愛犬にとっては家族と同じ食事をする、食卓から分け与えられるということは大変な満足感があるのです。
この様な習慣を愛犬が覚えてしまうと、なかなかドッグフードを食べる生活に戻すことは難しいと言えるでしょう。しかし、栄養面や健康面を考えると日常的に人間用の料理を分け与えることは好ましくありません。愛犬には愛犬に適した食事を用意してあげましょう。

犬の偏食と好き嫌いの解決方法

犬と食べ物一旦、偏食、好き嫌いを生じてしまった愛犬の食生活をもとに状態に完全にリセットすることは相当の覚悟が必要です。特に小型犬の場合、親犬自身が偏食、少食なことも多く、中には数日間に渡って食べ物を拒絶することもあるほどです。

このような食生活を改善するには以下の方法があります。
愛犬の状況や性格、健康状態に応じてより良い方法を講じてあげましょう。

食事の環境を整える

食事を置き餌にしている場合、他同居犬と同時に与えている(個々の食べ具合を把握していない、犬同士の上下関係が明確である)などの場合に最適です。

やり方は、食事を一旦与え、食べない場合は5分ほどで片付けてしまいましょう。次に与える時は、6時間ほど間隔を空けてから与えます。この間、おやつや別の食事を与えることはしません。食事が常に目の前にあることが当たり前でないと危機感を持たせる為です。

また、多頭飼いの場合は、食欲が不安定、食が細い犬だけを個別のサークルや別室に移動させ、安心して食事が出来る環境を整えます。常に安心して食事が出来ることを理解出来れば次第に食欲も安定に向かいます。

ドッグフードの切り替え頻度を変える(頻度を最低限にする)

犬は本来、離乳期に母犬から教えられた食べ物を、安心出来る食べ物と認識して生涯食べ続けるという習性があります。これは野生の環境下で安全な食べ物を得る知恵です。
しかし、ペットとして暮らす中では、飼い主の都合で頻繁に食事が変わり、どの食べ物が安心して食べることが出来るのか判断に迷います。

また、飼い主がよかれと思って切り替えたドッグフードも、実はメーカーによって製法も原材料も風味も大きく変わります。犬にとってはこの変化も不安や警戒心を強める原因になります。人間も白米を主食とした生活をしてきたものの、ある日突然見たこともない食べ物を主食として提供された場合は多いに戸惑うことと同様です。ドッグフードの切り替えは必要最低限にしてあげることも愛犬への心遣いです。

人間の食事の最中の居場所を決める

人間の食べ物を過剰に欲しがる時は、人間の食事中は愛犬をサークルに入れ、食卓とは別の部屋で過ごすように教えます。
この時、当初は愛犬が拒否感を示し吠えることもありますが、妥協せずに静かに過ごすよう教えます。次第に、人間の食べ物をもらうことができないと理解し、自身専用の食事を食べるようになるものです。

食事を与えるタイミングをランダムにする

規則正しく、毎食同じ時間に食事を用意している場合には、あえて食事の時間をランダムにするという方法も効果的です。この場合、愛犬は次の食事がいつになるのかと期待感を募らせ、次第に食欲が増大するものです。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加