コラム

犬の鼻の色変化する理由

犬の鼻といえば、黒くつやつやとした色をしているものです。でも中には冬の寒い時期になると鼻の色が薄くなってしまう犬もいます。シニア期に差し掛かる時期に鼻の色が薄くなったという話しも多々あります。
また、中には病気のサインとして鼻の色が変化することもあります。

日ごろ当たり前にように見ている愛犬の鼻の色は、実は様々な理由から変化するということについて考えてみましょう。

犬の鼻

レトリーバー種に多く見られるストロベリーノーズ

犬の体の中で唯一被毛に保護されていない部位が鼻です。
鼻だけは地肌がむき出しの状態にあるので、冬の寒さはとても堪えるものです。寒い時期になると犬が丸くなった姿勢で眠り、自分の鼻先をお腹の辺りに突っ込んでいるのはその為です。体の中で一番温かいお腹の部分に鼻をうずめることで寒さをしのいでいるのです。

女医この寒い時期に、レトリーバー種に多く見られる特徴に「ストロベリーノーズ」という特質があります。日本ではブタ鼻やウインターノーズとも呼ばれています。

この症状は、発症の原因もタイミングもまるで解明されておらず、毎年色が変化する犬もいれば、まるで変化しないこともあり、生活環境や年齢、体質など様々な要因が関係していると言われています。

大抵の場合は、寒い時期にそれまでの真っ黒だった鼻がこげ茶色やピンクがかった茶色に変化し、暖かくなると次第に元の色に戻ります。

飼い主でさえ、気がつかない程の微妙な変化なこともありますが、病的な症状ではないので、冬に起きる一過性の笑い話とでも捉えてあげましょう。

日本の東北地方や海外の極寒の地域で屋外生活をする犬達にとって、冬の寒さから鼻を守ることはとても重要な課題です。実はあまりの寒さで鼻が凍傷になってしまうリスクもあります。

体の中で唯一むき出しになっている鼻は犬の急所でもあります。最も痛覚が発達している部位なので、この鼻を怪我したり、攻撃を受けることは犬にとって相当な苦痛になります。
つまり、万が一凍傷になるようなことがあってはいけないのです。

しかし、秋田犬に代表される寒冷地で誕生した日本犬の多くはこのストロベリーノーズの症状が見られないと言われています。この点もなぜレトリーバー種に多く発症し、日本犬に発症しないのかは解明されていません。この点は海外で「日本犬の凛々しさ、逞しさ」として高く評価されています。

加齢とともに変化することもあります

犬も人間同様に加齢とともに皮膚、被毛の状態が変化します。人間が加齢とともに皮膚のクスミやシミが気になるようになるのと同様です。
犬の鼻の色も若く健康な頃は真っ黒で艶があったものの、加齢とともに色が薄くなり、鼻の淵がかさついているなどの変化が現れるようになります。

この変化は体の中で鼻だけに起きているわけではなく、体の全体で起きています。ただ、鼻だけが被毛で覆われていないので、パッと目に付きやすいというだけのことです。
愛犬の被毛をかき分け、皮膚をしっかりと見てあげると、実はかさつきや変色、イボなどが出来ていることでしょう。

このような変化が目立ち始めたら愛犬がシニア期に差し掛かったというサインです。食事や運動、日常生活においてシニアにあった気配りをしてあげる時期と言えます。

皮膚や足裏のケアには専用のケア用品や保湿用品が多数販売されているので、愛犬の体調、体質に合わせて取り入れてあげましょう。鼻の関しては特別なケアは必要ありませんので、そのまま見守ってあげるだけで十分です。

皮膚癌が理由で起こる鼻の変色

犬の鼻は黒くて当たり前とつい思い込み、変化があることなどみじんも意識していないという方もいます。しかし、実は重大な病気の初期症状の一つとして鼻色の変化が起こることがあります。

その病気は、皮膚癌です。鼻の一部だけが変色をする、一部だけがピンク色になり色素が抜けたような状態になる、鼻の色が薄くなるなど症状の現れ方は様々です。

病気かどうかの見極めは視診だけでは獣医師でも難しいとされていますが、変色の部位が拡大するかどうかである程度の見極めや可能性を考えることが出来ます。
確実に皮膚癌であるという診断を下すためには、部分切除を行い、細胞を検査する必要があります。もちろん鼻という大切な部位ですから、簡単に切除という判断を下すことはできないため、十分に獣医師と相談をしたり、セカンドオピニオンを積極的に取り入れましょう。

また、鼻の色が変ったからといって必ずしも皮膚癌の初期症状ということではありません。
皮膚癌を患っている場合、必ず体の他の部位にも何らかの症状があり、血液検査を受けるとどのような不調が生じているのかを突き止めることも出来ます。

鼻は日々飼い主の目に止まる場所でもあり、被毛がないので変化に気がつきやすい部位でもあります。もし愛犬の体調がすぐれない、食欲不振が続く、胃腸の調子が悪いなど、気になる症状がある時は動物病院に相談をしましょう。

生まれつき鼻がピンク色の犬もいます

犬の鼻は本来真っ黒でつやつやとした色をしています。しかし、ここ最近の小型犬ブームや無計画な繁殖、成長不良など、様々な理由から生まれた時から鼻の色がピンク色をしている犬も増えています。

このような症状は病気とまでは言わないまでも、先天性疾患の一種と言えます。本来持ち合わせているべき色素をもたずに誕生しているからです。
先天性疾患を持つ犬の多くは、目の淵の色も薄いピンクや薄い茶色をしています。

必ずしも小型犬だけでなく、大型犬にも見られることが増えています。このような特質を持つ犬は、黒い鼻を持つ犬に比べ何らかの身体的な不調が起こりやすいとも言われているので、シニア期を迎えて以降は、より健康に注意をしてあげると安心です。

また、このようなピンク色の鼻を持つ犬は成長と共に鼻の色が黒くなることはほぼありません。ごく稀に鼻の一部が黒くなり、まだら模様になることはあっても完全な黒にはなりません。

交配を考えている場合は、相手となる犬は鼻が完全に黒色の色素遺伝子の欠損が無い相手を選びましょう。ピンク色の鼻を持つ犬同士で交配を行うと、誕生した子犬はますます色素遺伝子の欠損が強くなり、心臓や呼吸器など、別の先天性疾患を併せ持つ可能性が高まります。

成長後にドッグショーや品評会への参加を考えている場合、鼻の色が薄いことは減点対象項目となります。事前に承知のうえで子犬を家族に迎えるよう考えておきましょう。

気になる症状がある時は…

犬の病気は数か月、数年という期間を掛けてゆっくりと進行をします。その為、早期発見、早期治療が何より大切になります。

犬は人間よりも格段と寿命が短いので、病気を発症してから先が短いとも言われていますが、実際にはさほど進行が早いわけではありません。これは、単に発見のタイミングが遅かったというだけなのです。

食欲不振や体重の減少など明確に分かる変化が生じることで、初めて体調不良に気がつくことが多いためです。特に皮膚に関する病気は、被毛で覆われているのでなかなか早期発見が難しく、気がつけば病気が進行してしまっているということも多々あります。

犬は3,4歳をピークに健康状態が下降の一途とたどります。まだまだ元気で食欲旺盛のように思えても、体の中は次第にシニア期に向かいはじめています。動物病院

気になる不調や症状がある時は、出来る限り早期に動物病院を受診してあげましょう。受診の結果、単なる勘違いや思い過ごしという結果になれば健康の証ということですから、笑い話にもなることでしょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加