コラム

犬を飼っている家庭の引っ越しと、ご近所付き合いの大切さ

この記事は2017年6月30日の記事を再編集しました。

家族が想像する以上に、犬にとって引っ越しはストレスがかかり、新しく始まった生活に馴染むまで時間を要します。環境の変化は、人間だけでなく動物も一時的に生活リズムを崩す原因になるということをしっかりと理解し、接してあげましょう。

犬を飼っている家庭の引っ越しと、ご近所付き合いの大切さ

引っ越しをすることが犬のストレスになる

犬にとっての引っ越しは、たとえ現状よりいい環境になったとしても、ストレスになります。今までよりも広いスペースがある生活は、一見環境が改善されて過ごしやすいと考えがちですが、それ以前に環境の変化、それ自体が犬にとってはストレスなのです。引っ越し後、犬が新しい環境になれるまでにはある程度の時間が必要なのです。

犬と家犬にとっての引っ越しは、人間で例えると、言語が通じない、知り合いもいない、全く土地勘がない場所で生活を始めることに似ています。さらに、人間と違い犬は引っ越しの日程など知る由がなく、ある日突然見知らぬ場所へ連れていかれることになるのです。

事前に日程を把握し、心の準備がある程度できている人間でさえも、生活環境が大きく変わることはそれ相当のストレスになります。このように考えてみると、犬の心の状態を少しは理解することができると思います。

しかし、犬は必ず環境に順応します。環境に慣れるまで時間がかかり、一時的にトイレを失敗したり、食欲不振になったり、いたずらなどの変化が起きることもあるのですが、厳しく叱るのではなく、優しくフォローしてあげましょう。

引越しをスムーズに進める為の準備

犬を飼ってる家庭の引っ越しは、事前準備と現地での段取りを考えておくとスムーズに進みます。引っ越しをする際に考えておくべき準備を以下にまとめてみました。

  • ハウスやキャリーケースで過ごす練習をする
  • 食事は引っ越しの前後1~2か月は切り替えることなく同じものを与える
  • 器やベッド等、新調することを考えている場合、引っ越し後環境に慣れるまでは使用している愛用品を使う
  • 引っ越しした先周辺に動物病院がどこにあるのか事前に調べておく
  • トリミングや動物病院の受診は引っ越し前に、行きつけの店舗・病院ですませておく

新しい環境に慣れるまでは、極力これまでと変わらない生活をさせ、自宅でのんびり過ごせるようにしてあげましょう。

引っ越し後のストレスでトイレができなくなるトラブル

引っ越しをして環境が変わることで、これまで完璧にできていたトイレを失敗してしまう場合があります。失敗の理由は以下のようなことが考えられます。

  • 環境が変わったことにより、トイレの場所を正しく認識できていない
  • 家族の関心を引きたい
  • 環境が変わったことにより、トイレの場所を正しく認識できていない

新居でトイレの失敗があった場合は、極力叱らず優しく、根気強くトイレのしつけをやり直すつもりで接しましょう。

引っ越し後のトイレトラブルの対処方法

トイレを失敗してしまう

使い慣れているはずのトイレトレーを設置したのに、トイレを失敗してしまう場合があると思います。このような時は犬の行動範囲に制限し、トイレの場所をきちんと認識できるように工夫をしてみましょう。
犬が自由に行動ができる範囲を一部屋だけに制限し、その部屋の中で寝たり、食事をしたり、トイレができるようにしましょう。トイレトレーは犬から見える場所に設置します。

正しい場所でトイレをすることができた時は、大いに褒めてあげましょう。限られた部屋の中でトイレが完璧にできるようになったら、少しずつ行動範囲を広げ、他の部屋にも自由に出入りさせてあげると良いでしょう。

食糞行動や寝具への排泄が見られる

引っ越しをした後は、片づけのために家族が慌ただしく動き回るようになります。こういった普段と異なる雰囲気が犬にとってはリラックスができない原因となり、不安を感じて家族の関心を引きたいと考えるようになります。
家族にとっては今後長く生活する新しい家ですが、犬はそれを認識することができません。「元の場所にいつ戻るのだろう」「この場所は安全なんだろうか」と不安を感じてしまします。

この時期、それまでしなかった食糞行動をする犬も少なくありません。犬が不安を感じると少量ずつ数か所に渡ってオシッコをしたり、飼い主の寝具に排泄そしたりという行動を見せることもあります。
この行動に対し、厳しく叱ったり、叩いたり、犬を驚かせる行為はかえって犬の不安を煽ってしまい逆効果です。

このような行動を犬が取った場合は、あえて何も声をかけず、さっさと片づけを済ませ、上手にできている時は大いに褒めてあげましょう。

屋外トイレを失敗する

屋外でのトイレを徹底している犬でも、引っ越し直後は環境の変化からトイレを失敗してしまう場合があります。いつもはしないはずの室内で排泄をしてしまったり、飼い主の寝具に排泄してしまったり、トイレ自体を何日間も我慢してしまうこともあります。

これは新しい環境で、外に出ても知らない犬のニオイばかりである環境に戸惑っているサインです。
犬小屋
犬にとって屋外でのトイレは縄張りの主張であり、自分の存在を周りに知らせるという意味があります。そのため、むやみに屋外でトイレすることは、敵を刺激し、攻撃を受けるかもしれない、自分より強い犬の縄張りに進入してしまうことになるかもしれないと考えます。

このような場合は、犬の散歩時間を工夫し、他犬の行き来が少ない早朝などの時間帯に散歩へ連れ出してあげることで、安心してトイレをすることができるようになるころがあります。
また、芝生や草が生い茂る場所は、比較的犬がトイレを行いやすい場所でもあります。近隣にそのような場所がある場合には、散歩の際に真っ先に立ち寄ってあげるのが良いでしょう。

犬は屋外トイレを身に付けると、生涯に渡って継続します。引っ越しを機に室内トイレにしつけ直す事は難しいです。犬の習性を理解した上で、安心してトイレができる場所を見つけてあげるようにしましょう。

引っ越し後、ご近所への挨拶は大切

引っ越しをすると新しいご近所付き合いが始まります。犬を飼っている場合は、以下のことを心がけておきたいところです。

  • 挨拶する際には犬を飼っていることを伝えておく
  • 犬は玄関や門扉付近に近寄らせない
  • 無駄吠え癖がある場合は、騒音に十分配慮する
  • 散歩のルートは事前に下調べしてからきめる

特に中大型犬を飼っている場合は、近隣に事前に伝えるようにしましょう。しっかりとしつけができている場合であっても、外見とイメージだけで誤解や恐怖心を抱かれることもあります。また犬が苦手な方には散歩ですれ違うだけでも恐怖を感じさせてしまうものです。良好な人間関係の構築のためには、犬を苦手とする人への配慮も忘れないようにしましょう。

引っ越し直後は、犬もとてもナーバスになっています。些細な物音でも無駄吠えをしてしまったり、訪問客に対しても吠えてしまうことがあります。宅配業者などの出入りや近隣の方の訪問もないとは限りませんので、不快な印象を与えてしまわないように配慮しましょう。

犬が新しい環境に慣れるまでは、室内用サークルをリビングなどの訪問客が利用する部屋以外に設置しましょう。庭での遊びも飼い主が立ち会える時のみにし、通行人や業者、訪問客にむやみに吠えたててしまわぬことがないよう、十分注意をしましょう。

散歩のルールもご近所付き合いの要

犬に関するご近所トラブルで騒音に並んで多いのが、トイレのマナーについてです。うんちをした後のゴミを持ち帰ることを心掛けている方は非常に多いのですが、トラブルの原因となっているのはオシッコです。

電信柱や標識、マンションの外壁や植栽など、個人の所有物ではないようなものでも、何頭もの犬が毎日代わる代わるオシッコを掛けていくことで変色し、悪臭を放つようになってしまいます。

おしっこする犬こういった行為が近隣トラブルの原因になるので、オシッコをした後は必ず水で洗い流すよう心がけましょう。散歩に出るときは、洗い流し用にペットボトル等で水を持参するようにしましょう。

引っ越し先の環境に犬も早く馴染めるように、散歩へ出られるようになったら、近隣の他犬とも触れ合いを持つようにすると良いでしょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加