コラム

犬の体臭、原因を知ってニオイ対策をしよう

この記事は2017年6月30日の記事を再編集しました。

愛犬と生活している中で、犬特有のペット臭に悩んでいる飼い主も多いと思います。シャンプーをしているのにニオイがなかなか消えなかったり、自宅にニオイが染みついてしまっていることが気になってる場合、原因と対策方法をしることで解決の糸口が見えてくると思います。
今回はそんな犬のニオイについてご紹介致します。

犬の体臭、原因を知ってニオイ対策をしよう

ニオイの原因

犬特有のニオイの原因は、皮脂量と体質、皮脂に紛れた汚れと言われています。たとえばビーグルなどの狩猟犬は猟の時に自身の存在を仲間に知らせるために、あえて強い体臭を放つと言われています。猟の最中、通り過ぎた場所に体臭を残すことによって、後からついてくる仲間の犬に道筋を伝えるためです。

元々狩猟犬だった犬をペットとして飼育する場合、やはり特有の体臭が気になるという方がたくさんいます。しかし、体臭は犬本来の特質であるため、根本的な解決をすることは難しいものです。

一方、犬種本来の体臭はあまり強くないのに、体臭が気になることもあります。よく言われる犬種としてシーズー、プードル、ヨークシャーテリア、チワワなどです。
これらの犬種は元々愛玩犬として誕生しているため、強い体臭は本来ありません。しかし、日頃の食事で添加物や脂肪分が多いものばかり与えていると、皮脂が過剰分泌し、その皮脂に汚れが付着した結果、不快なにおいを発してしまうことがあります。

中にはオシッコのニオイが気になることもあります。特に被毛の長い犬種は、トイレをトイレシーツで済ませていても、被毛にオシッコが付着してしまったり、お腹がオシッコで汚れてしまう場合もあります。

シャンプーする犬ニオイが気になってシャンプーをすることもあると思いますが、頻繁に行うことは禁物です。シャンプーのし過ぎは、最低限必要とされる皮脂まで洗い流してしまう可能性が高く、乾燥やフケ等のトラブルを招きやすくなってしまいます。シャンプーの頻度は月に1回を目安とし、散歩や外出で汚れてしまったり、体臭が気になる時には月に2回を目安に行いましょう。

もし、犬の体臭が気になる場合は、被毛の状態を確認してみましょう。健康な被毛は、根元が軽く立ち上がっています。汚れていたり、皮脂が過剰分泌されている場合は、根元がべた付き、被毛が寝てしまっています。
皮脂の分泌が多くなると全体的にベタつきが気になり始めます。こういった場合には、食事を見直し、シャンプー頻度を少し増やし、そのシャンプーの洗い方を見直すことで改善の見込みがあります。

シャンプーを選ぶ時は必ず低刺激なものにしましょう。洗浄力を宣伝している製品もありますが、その洗浄力の高さが必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性があります。低刺激で丁寧に洗うことが大切ですし、結果的に愛犬の負担軽減にもつながります。

部屋に染みついている犬のニオイを取る方法

帰宅時や来客時など、部屋に染みついてしまったペット臭が気になることがあります。部屋に染みついたペット臭の原因は以下です。

  • トイレの残り香
  • 壁紙
  • カーペット
  • 愛犬の寝具

ニオイは見えないし、至るところに染みついてしまいます。部屋掃除をする時に、掃除機で抜け毛を掃除するだけでなく、ニオイの対策も必須と言えます。
ニオイ対策の方法として、以下が効果を示します。

  • サークルやトイレトレー等も定期的に洗浄する
  • トイレシーツはこまめに交換する
  • 愛犬のベッドやタオルはこまめに買い替えをする(洗濯だけでは完全にニオイが取り切れないため)
  • ソファーやクッションなど、愛犬が触れる場所にあるものはこまめに洗濯、日干しをし、消臭剤を吹きかける
  • 天気のいい日は換気をする
  • ペット専用消臭剤を使用し、愛犬の生活エリアの招集をする

普通に生活しているだけでも、犬のニオイは室内に染みついてしまうものです。壁紙は難しいですが、カーテンやソファーなどの繊維製品は定期的に買い替えるくらいの心構えはしておいた方がいいでしょう。
汚れて臭う犬
犬の体臭を軽減させるサプリメントや香水も市販されていますが、何より効果的なのは「清潔」な状態を保つことがベストです。ジャンプーや香水等でついてしまう香りは、犬にとって多大なストレスを与えることになってしまうので注意してあげましょう。

犬のニオイはシャンプーで対策

犬のニオイ対策としてシャンプーはとても効果的です。自宅でシャンプーをする際のポイントは以下となります。

  1. ペット専用の低刺激シャンプー剤を用意する
  2. シャンプー前にしっかりとブラッシングをし、抜け毛や毛玉を取り除いておく
  3. シャンプー前に全身を十分に濡らして、汚れを先に落とす
  4. シャンプーは指の腹を使い、被毛の根元や地肌をしっかりと洗う
  5. すすぎ残しがないように確認しながら、しっかりとすすぐ
  6. タオルドライをしっかりとし、ドライヤーで被毛の根元から乾燥させ、自然乾燥で済ませたりはしない
  7. 首、脇、腹、内股、お尻は乾かし残しになりがちなので、特にしっかりと乾燥させる

シャンプーをしたのに、ニオイの問題が解消されない時は、被毛の表面しか洗えてない可能性があります。ニオイの原因は被毛の根元、皮脂、皮膚にあるので、シャンプーをする際は被毛をかき分け、根元の部分にしっかり指が届くように意識して洗うようにしましょう。
また、シャンプー後はちゃんとドライヤーで乾かしましょう。自然乾燥させてしまうと生乾き臭が発生し不快なニオイが強まってしまいます。面倒でも必ずドライヤーを使ってしっかり乾燥させましょう。

被毛量が非常に多い柴犬、コーギー、シェルティなどの犬種は自宅でシャンプーが出来ても乾燥させることが難しいことがあります。抜毛の多い春や秋の時期だけでもトリミングサロンを利用することをおすすめします。
季節に応じてプロに依頼し、抜毛を取り除いてもらうことによって、その後の自宅でのケアがスムーズになります。

一番効果的な方法は生活エリアを区分すること

犬と共に生活する以上、完全に消臭することは難しいでしょう。家族は毎日一緒に暮らしているので気にならない程度かもしれませんが、他人からは不快に思われてしまうこともあります。

犬のニオイを染みつかせない方法として、生活エリアを区分する方法が最も効果的です。たとえば、自宅玄関、リビング、客間、寝室には犬を立ち入れないようにすることです。
散歩へ出るときは勝手口や裏口を利用し、玄関付近には犬を近づけさせないルールを徹底すれば来訪者に対するニオイの不快感を軽減することが出来ます。リビングでは家族が利用するソファーには犬を載せないようにし、客間や子ども部屋、寝室などに犬を入れないように家を使い分ける方法です。

生活エリアを完全に分ける分けることが難しい場合、インテリアを選ぶ工夫をすることが効果的です。繊維でできているカーテン、タオル、カーペット等はニオイを吸収しやすい性質があります。そのため、購入時に丸洗いが可能かどうかチェックしておくとよいでしょう。中でもカーテンは特にペット臭はもちろん生活臭の温床となっているので、定期的に買い替えたりして、ニオイの対策予防に努めましょう。また、家具等はフローリング調のものを選ぶと、日々の掃除やお手入れがスムーズにできるのでおすすめです。

おわりに

犬を飼っている家庭にとっては、ニオイの問題はなかなか解決できない難しい問題です。一緒に生活しているとニオイに慣れてしまって鈍感になりやすいものです。またどの程度の対策が必要になるかの判断にも困るものです。来訪者がペットを飼っているかによっても、感じ方が大きく異なると思います。

家族も来訪者も快適に過ごす為には、ペットがいる以上は何らかのニオイ対策が欠かせないということを意識し、工夫していきましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加