コラム

犬の食事に関する悩み

愛犬の食事に関する悩みは様々で、同じ犬種・兄弟でもその内容は異なります。その上、飼育本を読んだり、情報を集めてもなかなか思うように改善をすることができず、頭を抱えてしまうことも多いと思います。

そのような時には、「こうでなければいけない」という固定観念を取り払うと以外にもスムーズに解決できることがあります。

犬の食事に関する悩み

犬が餌を食べない(食欲がない・好き嫌い等)

「犬にも好き嫌いがある」「小食な犬もいる」ということは、飼い主さんなら誰でも耳にしたことがあるのではないでしょうか。初めて犬を飼ったとき、あまりの繊細さと、食へのこだわりに驚くこともあります。

しかし、実際犬には「満腹中枢」という脳内機能がありません。そのため、どんなに大量の食事をした後でも、さらに別の物を欲しがることもあれば、飼い主さんの目が届かない隙に食べ物を手に入れようといたずらをすることもあります。

この「満腹中枢」機能がない以上、犬は常に空腹感を感じていて、いつでも食べ物を欲しがるということになります。

野生の習性が影響

犬に満腹中枢機能がなく、満腹感を感じない仕組みになったのには、オオカミの頃の野生の習性が影響しています。

オオカミとして野生で生活をするには、いつどこで獲物が手に入り、食事ができるか予測ができません。そのため、運よく獲物を手にすることができたときに、すべて食べつくせるように脳内の機能がこのように発達したのです。

目の前に獲物があるのに、脳が満腹と感じてしまっていては、せっかくの獲物を食べ残すことになります。それでは不安定な野生での生活が成り立たないのです。

獲物が目の前にあるときにすべてを食べつくし、あとはゆっくりと消化をする。まだお腹が膨れている状態でも、次の獲物があれば捕まえて食べておく、これが野生の習性から身に付いた犬本来の食性なのです。

逆しつけ問題

今やペットとなった犬にも、先述のような脳内機能が受け継がれているため、犬が好き嫌いや満腹を理由に食事を食べ残し、食べないということは本来なら起こらないはずなのです。

しかし、実際には小型犬の多くが何らかの食事に関する悩みを抱えています。その多くは「食べない」「飽きてしまう」「食べ残しをする」といった内容です。

このような症状が起こる原因の一つに、犬による「逆しつけ」という問題があります。
本来しつけとは、飼い主が犬に向かって指示を出すことです。しかし小型犬の場合、この立場が逆転してしまいがちで、その状況に飼い主さんが気が付いていないということがあります。

食事に関しては、以下のようなことが繰り返し状態となります。

  • 愛犬が進んで食事をしない
  • 飼い主が心配そうに声を掛ける
  • 愛犬の食が進むように、別の食事を用意する、より風味に強いトッピングをしたり、ドッグフードの銘柄を切り替える
  • 愛犬が新しい食事は喜ぶものの、数日経つとまた食欲の減退が始まる

この状態は、愛犬の意思表示や指示に応じて、飼い主さんが行動を起こし、愛犬の欲求を満たしているという構図が成り立ちます。
しかし、次第に愛犬からの欲求がエスカレートし、食事を作り替えるサイクルも短くなっていきます。

そうなると、朝夕で異なる食事を用意しなければならなくなり、市販のドッグフードをすべて食べつくしてしまい、人間の食事の取り分けでなければ食べないという、事態が深刻な状態になることも珍しくありません。
また、この逆しつけは小型犬に限らず、中型犬や大型犬でも起こります。

逆しつけの状態を改善するためには、食事に関する逆しつけのリセットが必要です。
愛犬の健康管理に食事は何より大切なことです。以下のことを意識し、誤った関係性を修繕、品質・安全性を第一に考えた食生活ができるように心掛けましょう。

  • 主食となるドッグフードを一銘柄決める
  • 主食は健康上の理由がない限り、むやみに切り替えない
  • 主食を与え、食べないときにはすぐ片付ける
  • 終日、食事の入った器を置いたままにはしない
  • 人間の食事の取り分けを与えるときは、愛犬の器でいつも食事をする場所で与える

犬が餌以外を拾い食いしてしまう(誤飲・しつけ等)

飼い主さんが目をはなしたほんのわずかな瞬間に、愛犬が思いもよらぬものを口に入れてしまうことがあります。

子犬のうちは飼い主さんも何かと気を張り、床や愛犬の背が届く範囲には危険な物、いたずらされたくない物を置かないということを心掛けますが、成長と共にいたずらの機会も減り始めると、つい気が緩んでしまうものです。

犬は成長と共に行動や生活全般に落ち着きがみられるようになりますが、人間のような精神的な成長、大人になるという解釈とは意味が違います。
犬の精神的な成長は、人間の3歳児程度で止まります。つまり、生後1歳でも5歳でも中身は人間の3歳児なのです。そのため、いつどのようないたずらや危険に直面するかわからないものなのです。

愛犬の不幸な事故やトラブルには以下のようなケースがあります。

  • 飼い主が与えた15cmほどのガムを、一本丸飲みしてしまい、喉に詰まらせてしまった
  • 飼い主の指輪やアクセサリーを咄嗟に飲み込んでしまい、排便にも混ざっていない
  • 床に落ちていた画鋲や釘を飲み込んでしまった
  • 散歩中に拾い食べた物が原因で、嘔吐を繰り返している
  • パッケージに入ったままの食べ物を、そのまま食べてしまい、パッケージのビニールも飲み込んでしまった

いずれの場合も、飼い主さんが危険を感じると咄嗟に愛犬から取り上げようとします。しかし、愛犬も必死で歯を食いしばり、無理やりにでも飲み込もうとします。

このように飼い主さんが必死で取り上げようとする行為は、かえって愛犬にその危険物が魅力的なものだという誤解をさせてしまいます。目上の人間が力づくで横取りにきたと考えてしまうのです。

愛犬が一旦咥えたもの、口の中に隠しているものをスムーズに取り出すには、以下のような方法があります。

  1. 物々交換に利用できる食べ物を用意します。
  2. (チーズ、ご飯、肉、ウインナー、何でもすぐに用意できるもの)

  3. 愛犬の注意をひきつけながら、あえて細かく千切り床にばら撒きます。
  4. 愛犬がこの食べ物を拾うには、一旦口を開ける必要があるので、その隙にさっと取り上げます。
  5. 取り上げた直後、愛犬の目に入らない場所へ隠し注意を失せるようにします。

散歩に出るときは、いつこのようなトラブルが起こるかわからないので、常に物々交換に利用できる食べ物を少量持参しましょう。

薬やサプリメントを上手に摂らせる方法

愛犬の健康管理にサプリメントを上手に活用したり、日常的に投薬が必要になる場合があります。
臭いに敏感な犬の場合、食事に混ぜても上手によけてしまい、しっかりと必要量を摂取できていないことがあります。

サプリメントや薬を上手に摂らせるためには以下のように工夫してみるのがおすすめです。

  • チーズなど風味が強い食材に混ぜ込み、おやつとして食べさせる
  • ドッグフードをふやかして混ぜ込む(ふやかすことでドッグフード自体の風味が強くなるので、サプリメントや薬の臭いを軽減できます。)
  • 知育玩具に使用するペーストを購入し、ペーストに混ぜ込む、知育玩具に入れ、遊びながら食べられるように工夫する

食べなれない臭いや薬の臭いは、愛犬も警戒心を持って当然です。無理に食事に混ぜることにこだわってしまうと、次第に食事自体を警戒するようになり、口をつけなくなってしまいます。
愛犬がサプリメントや薬の臭いを気にするときは、食事とは切り離して摂取できるように工夫をしてあげることが必要です。

このように、愛犬のお世話には「こうでなくてはならない」という固定観念を捨て去り、犬本来の習性にそって考えてみると、意外に簡単に解決策が見つかるものです。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加