コラム

犬の食事で知っておきたいこと

この記事は2016年3月16日の記事を再編集しました。

犬たちが普段食べる食事は、人間と同じように非常に大切です。犬の食事はドッグフードを与えたり、飼い主さんの手作り料理をあげたり、食事内容も様々だと思います。

人間は食事内容を自ら変えることができるので、栄養バランスをコントロールすることができますが、犬は飼い主さんが与える食事内容次第でどのような栄養を摂取するかが決まってしまいます。愛犬が口にする食事に関することを知ることで、愛犬の健康寿命を延ばすことにも繋がります。

犬の食事で知っておきたいこと

犬の食事に含まれる栄養素

犬が食事をする際に含まれる主な栄養素は6つあります。

  • 炭水化物
  • 炭水化物は犬のエネルギーになります。運動量が多い犬には特に必要な栄養素です。

  • タンパク質
  • タンパク質は、摂取後に犬の体内でアミノ酸に分解され、吸収されます。犬の皮膚や被毛も、このタンパク質からできています。

  • 脂質
  • 脂質は、炭水化物と同じように犬のエネルギーの一つになります。しかし、摂取しすぎると人間と同様、肥満の原因となります。

  • ビタミン
  • ビタミンは、犬の体調を整える役割を持っています。ビタミンは体内で作り出すことができない栄養素なので、食べ物からしっかりと摂取する必要があります。

  • ミネラル
  • ミネラルもビタミンと同じように体調を整える栄養素です。しかし、ミネラルも摂取し過ぎてしまうのは良くなく、バランスが大切になります。

  • 水分
  • 水分はエネルギーと同じくらい重要です。水分不足となると、いろいろな病気を引き起こす原因となります。いつも新鮮な水を与えてあげるようにしましょう。

ドッグフードがおすすめ

愛犬のために手作りの食事を用意する飼い主さんもたくさんいると思います。手作りの食事は、愛情満点でとても良いですが、犬に必要な栄養バランスが適切なものを毎回作るのは、とても大変な作業です。

普段の食事内容が犬の健康寿命を延ばすことにも繋がることから、いつでもバランスの良い食事が取れるように、ドッグフードが作られています。

ドッグフードには様々なメリットがあります。

まず、食事を作る時間を省くことができます。旅行先などで家を空けるときでも、ドッグフードがあれば犬の食事に困ることはありません。
また、ドッグフードは硬いので、歯石などを取り除いてくれる歯磨きのような役割も持っています。

現在市場には数えきれないほど様々なドッグフードの種類があります。犬の大きさなどによっても種類がありますので、愛犬に合った良質なドッグフードを選んであげることが大切です。

犬に与えてはいけない食材

ドッグフードだけではなく、たまには手作りの食事をあげたいと思うこともあると思います。しかし、犬が食べてはいけない食材があります。手作りの食事を用意する際には、該当する食材を入れないように注意しましょう。

犬が食べてしまうと毒にもなってしまう体表的な食材は以下です。

  • ネギ類
  • ネギ類は、犬の血液に悪い影響を与え、貧血状態を引き起こす可能性があり、危険な食材です。

  • チョコレート、ぶどう、レーズン
  • 甘くて美味しいチョコレートやぶどう・レーズンは、犬が口にすると中毒症状を引き起こします。こういった理由から、ケーキ等の甘いものを与えるのは避けましょう。

  • 生肉、生魚、貝類
  • 生肉は人間と同じように、加熱したものを与えるようにしましょう。
    生魚や貝類は、栄養素のバランスを壊してしまいますので、与えてはいけません。

食事量は適切な量で与えましょう

犬の食事は、栄養バランスが大切であることを紹介してきましたが、バランスの良い食事を与えても、そもそも与える食事量が適切でないと肥満になってしまいます。そのため、食事の量は、適切な量をしっかりと決める必要があります。

ドッグフードを与える際には、パッケージに食事量の目安いが記載されているので、目安通りに与えましょう。
基本的には同じ食事量を1日、2~3回に分けて与えるのが好ましいです。しかし、犬によって運動量等が異なるので、その分食事量も調整する必要があります。(高齢犬は摂取カロリーが少なくなるので、こちらも調整が必要です。)

各栄養素のバランスが取れたドッグフードが多いので、愛犬にどれが良いのかを調べた上で購入するのがおすすめです。

適切な栄養バランスと食事量で、愛犬の健康寿命を延ばし、いつまでも元気で過ごせるように心掛けましょう。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加