コラム

犬の腎臓病で多い腎不全の症状と対策

この記事は2017年6月30日の記事を再編集しました。

犬は内臓がとてもデリケートで、特に腎臓機能は哺乳類の中でも弱いと言われています。そのため、加齢等が原因となり腎臓疾患にかかりやすい特徴があります。

今回は犬がかかりやすい腎臓疾患をピックアップし、早期発見のために注意しておきたいこと等を紹介します。予防方法などもまとめましたので参考にしてください。

犬の腎臓病で多い腎不全の症状と対策

犬の腎不全とは

腎臓は血液中の老廃物をこし、尿を作り出す臓器です。また、血圧や造血に関わるホルモンを分泌する大切な働きも持っています。

腎臓の機能が失われると、血液中に老廃物が溜まる、尿が出なくなる「尿毒症」といった症状を引き起こします。また、血圧コントロールができなくなる弊害も出てきます。

犬の腎不全は急性症状と慢性症状があります。突然腎機能が働かなくなる急性腎不全は命を落とす可能性が非常に高い疾患です。加齢とともに少しずつ腎機能が衰えていく慢性腎不全は、治療をすることで命をつなげることもできます。

急性腎不全の原因と症状

急性腎不全は以下のようなことをきっかけに発症します。

  • 熱中症等によって起こる脱水症状
  • 心臓病
  • 細菌感染や事故によって腎臓が損傷
  • 薬の副作用や中毒症状
  • 尿路感染症

急性腎不全では、ぐったりした様子や、嘔吐や脱水症状、排尿をしない、背中を丸めて痛がるような様子等の症状がみられます。

慢性腎不全の原因と症状

慢性腎不全は以下のようなことをきっかけに発症します。

  • 老化による腎機能の低下
  • 糖尿病の合併症
  • 遺伝性疾患
  • 塩分やタンパク質の摂取過多による腎臓への負担

発症した際に見られる症状は、多飲多尿、すぐに疲れるため散歩に行きたがらない、食欲低下等が見られます。このような症状が見られた際に病院を受診し、その時に慢性腎不全であることが分かることが多くみられます。

腎不全の治療

  • 急性腎不全の場合
  • 輸血療法や腹膜透析等を用いた急性期治療が行われます。また、尿毒症となっている場合には緊急透析等で症状を緩和させ、その後慢性腎不全と同様の治療へ移行していきます。

  • 慢性腎不全の場合
  • 慢性腎不全は根治が不可能な病気です。そのため、残された腎臓機能を長く保つための治療を行います。低タンパクの療養食や手作りに特化した食餌療法によって腎臓への負担を減らします。

若い犬や体力のある犬に対しては、造血剤の投与、点滴治療、腹膜透析、人工透析等の選択も考えられます。

意外と気づかない腎臓病の症状とは

急性腎不全は、発症前に犬に起きた出来事が分からなければすぐの治療が難しいと考えられます。一方、慢性腎不全は加齢が原因となることがほとんどです。そのため初期症状というのが特になく、無症状な状態のため飼い主も見過ごしてしまうことがほとんどなのです。

散歩中に異物を口に入れてしまった、飼い主がリビングでこぼした医薬品を犬が口にしてしまった、腎臓病が悪化していたのにも関わらず医師の見立てで風邪の治療を受けたりと、「こんなことで?」と思うような小さな事故であっても突然大きな病気になる可能性があります。

腎臓疾患の疑いがある場合、以下のような症状がみられます。医者

  • 水を多く飲む
  • トイレの回数が多い
  • 排泄量が多く感じる
  • 散歩に行きたがらない

これまでの生活を比べてみると「おかしい」と異変を感じることがあれば、健康診断も兼ねて病院を受診しましょう。

加齢だから」と見過ごしてしまうことが一番恐ろしいです。高齢化することで病気自体の進行は遅くなりますが、治療回数が増えることもあるので、何よりも早期発見に努めることが大切です。

腎臓病の予防法や対策

パピー期と言われる子犬のころから食餌には気を遣うことが大切です。人間の食事は犬にとっては塩分が高いので、人間と同じ食材を食べてることは腎臓に大きな負担をかけてしまいます。
また、腎不全は糖尿病が原因となって起こることが分かっています。犬の食事量は、体の大きさに合った適正量を守るように心掛けましょう。

散歩の際は誤飲に注意が必要です。寄生虫症からの腎不全を予防するためには、水たまりの水を飲ませたり、フンがある場所を歩くことは避けましょう。

家の中ではペットフードをダラダラ食べることや、醤油・不凍液・灯油等の誤飲に注意しましょう。また、家族で日常的に薬を飲んでいる方がいる場合には、犬の誤飲を予防するためにも、薬をこぼしたり、落としたりしてしまうことがないよう気をつけるようにしましょう。
犬は人間が口に入れるものは食べられるものであると認識しています。もしも薬を落としてしまった場合は、必ず見つけて適切に処分をするようにしましょう。

腎臓病を早期発見するために

動物病院腎臓病は生活習慣が原因となることがあるので、子犬の頃から生活習慣には気を付けることが大切です。
慢性的な腎臓病は進行がゆっくりです。日々の生活において様子がおかしいと感じた場合は、健康診断のつもりで動物病院を受診しましょう。病院へ行いき診断してもらうことは安心材料になりますし、早期発見への鍵にもなります。

病気は早期発見すれば、通院回数を減らすことができますし、犬にも負担をかけない治療を選択することができます。

また、動物の病気は医療費が高額になってしまいます。特に腎臓病となると通院が必要になり、長期化することも考えられます。子犬の頃からペット保険へ加入しておくと、わずかな掛け金で通院治療や入院費の補償を受けることができるので検討されることをおすすめします。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加