コラム

犬のヘルニアとペット保険

この記事は2017年6月30日の記事を再編集しました。

ヘルニアというと人間のひどい腰痛というイメージが強いと思いますが、実は同じような症状が犬にもみられます。犬も人間と同じように腰にひどい痛みを伴い、重症化することで日常生活が困難になります。

ペットのヘルニア治療は、相当な費用が掛かる上に完治が難しいとされています。ヘルニアに関する正しい知識を持ち、日常生活で出来る予防策をしっかりとしてあげましょう。

犬のヘルニアとペット保険

ヘルニアになりやすい犬種

コーギー犬のヘルニアは人間と同じように腰の部分の骨格に大きな負担がかかることで、軟骨がすり減り、ひどい痛みを伴う症状です。

腰の骨格に負担がかかる犬種で代表格なのが、ダックスフントコーギーです。これらの犬種は、胴体が長いだけでも腰に負担がかかっています。

日本で室内飼育をする場合、ほとんどの犬が運動不足で肥満となり、筋力不足を発症しています。筋力でカバーすることができるのは若いうちとなり、高齢になることで筋力が衰え、体を支えきれなくなりヘルニア症状が目立つようになってきます。

また、胴長の犬種ではないプードルにも実はヘルニアが多くみられます。
プードルはとても活発で運動量も多い犬種です。食が細く、肥満になることはほとんどありませんが、垂直跳びや後肢歩行をする習性によってヘルニアを発症します。

プードルは他の犬種と比べると後肢の使い方がとても器用で、垂直に高くジャンプすることができます。飼い主へ何かを催促する時や、サークルから出たい時に垂直跳びをすることがありますが、この行動は腰へ大きな負担をかけているため要注意が必要です。

犬のヘルニア、原因と症状

原因

ヘルニアは骨格に過度な負担がかかることが原因となります。負担がかかる原因は様々で、肥満や運動不足、後肢歩行などが挙げられます。中でも肥満による負担は一番の要因です。

犬の理想的な体系は、上から見下ろした時に、腰のあたりに適度な窪みができ、手で触れるとあばら骨を軽く感じられる程度の肉付きです。この体形は、ダックスフントやコーギーの理想でもあります。ダックスフントやコーギーは胴回りがしっかりしていますが、このような理想体型を維持することが大切です。

ダックスフントやコーギーは、本来猟犬として輩出されている犬種なので、1日中でも動きまわることができます。つまり、十分に筋力が発達した状態でこそ、健康でいることができるのです。
しかし飼い犬として暮らしていると、日々の運動は毎日の散歩くらいになってしまいます。散歩も飼い主のペースに合わせて歩く程度では、運動量が足りません。そのため、本来必要な運動量を満たすことができず、十分な筋肉が発達しないのです。

症状

ヘルニアの初期症状は、寝起きが不自由なること、運動量の低下が目立つようになります。寝ていることが多くなったり、起き上がろうとしない等、これまでの生活と比べて異変が見られた場合は、腰に痛みを感じている可能性があります。
その他、散歩中に立ち止まったり、帰りたがる、抱っこをせがむ、といった運動を避けようとする行為も痛みを感じているサインの一つです。

症状が進行すると、歩くときに後肢を引きずったり、腰を左右に振る、突然腰が抜けたように座り込むようなことがあります。

症状が重度になると、自力で立ち上がることができなくなり、後肢の動きが完全に麻痺した状態になります。ひどい痛みが伴うので、飼い主が触れようとすると威嚇をしてきたり、甲高い声で鳴くことがあります。

ヘルニアは一度発症すると、自然治癒することはありません。ダイエットで体重による負担を減らしたり、運動をして筋力を付ける方法は、発症後だとかえって負担になってしまいます。
異変に気付いたときには、出来る限り早期に動物病院を受診し、今後のケア方法について医師に相談をしましょう。

ヘルニアの治療方法

犬のヘルニア治療の方法は、基本的には対処療法となります。生活に支障がないよう、痛みを取り除く治療や腰部分に補強器具を装着する措置が取られます。しかし、いずれの方法も完全にこれまでと同じ元気な状態に戻れるという保証はありません。

車いすに乗った犬手術治療を行うと、稀に後肢に麻痺が残ることがあり、そうなると車椅子を必要とする生活を送ることになってしまいます。しかし、術後経過が良く、リハビリもスムーズに進めば、自力歩行が可能なレベルにまで回復することもあります。

ヘルニアの手術は非常に難易度が高く、術後ケアもとても大切になります。
手術治療をする場合は、十分な実績があり、術後のケアについての相談をすることを考え、信頼のおける獣医師に依頼するようにしましょう。

また、ヘルニアは大型犬にも少なくない症例です。この場合、術後に後肢の麻痺や寝たきりになることもあります。手術によって、手術前よりも生活に不便が出ることもあります。そのため、手術をするかどうかの判断は、獣医師に相談、そしてセカンドオピニオンも受けたりし、十分に検討するようにしましょう。

重度な症状や回復見込みがない場合、そして事前にダイエットをした後に手術となる場合には、痛みをやわらげるケアが必要となることがあります。
薬を使用し、痛みをやわらげたり、鍼灸治療、水泳で体に負担を掛けずに運動をさせる方法もあります。

症状によって治療方法も異なるので、どのような方法が愛犬に合っているのかなど含め、動物病院で相談をしてみましょう。

ヘルニアの予防方法

犬のヘルニアを予防するためには、まずその犬種の適正体重を守り、十分な運動をさせて適度な筋肉量を維持することが大切です。
コーギー適正体重の維持方法は、食事管理が必要です。ただし、ヘルニアにもなりやすいダックスフントやコーギーは、本来とても食欲旺盛な犬種なので、無理なダイエットや食事制限はストレスになることもあります。
食事は良質で栄養バランスの良いものを選び、おやつなどで糖分の摂取は控えるようにしましょう。

犬は1歳を過ぎるあたりで骨格の成長が止まります。このタイミングに動物病院を受診し、適正体重を見極めてもらい、月1回を目安に体重測定を継続するのが良いでしょう。
また、毎日の散歩は飼い主と同じペースで歩くのでは運動量が足りません。ドッグラン等で他犬とじゃれ合うことができる機会を設けてあげられるように取り組みましょう。しっかりと運動をさせることで十分に発達した筋肉を維持することができます。

犬のヘルニアはペット保険で補償される?

ペット保険の補償内容は、それぞれの商品内容や契約内容によっても大きく異なります。たとえば、ある保険ではヘルニアに関する手術費用は保険の補償対象となるものの、術後の通院に関することは補償対象外となることもあります。また、別の保険ではヘルニアは生活習慣に起因する病気であると分類され、補償対象外と定めていることもあります。ヘルニアの要因が遺伝性である場合も補償の有無が異なることもあります。

ヘルニアになりやすい傾向がある犬種は、ペット保険へ加入を検討する際にヘルニア治療についての補償の部分を予め確認するようにしましょう

ヘルニアは手術以外にも服薬やリハビリ、ダイエット用食事管理など、様々な費用が必要となります。治療期間も長期となるため、費用がかさむので、ペット保険で備える場合には補償内容を十分に確認した上で、保険を選ぶようにしましょう。

また、保険によっては鍼灸治療や漢方治療などを補償対象外とする場合もあります。保険を選ぶ際には、必ず特約や特記事項などについても確認することが大切です。保険選びに悩んだときは、かかりつけの獣医師に相談をし、将来的に必要となりそうな治療について教えてもらうのもおすすめです。

ヘルニアは完治はできなくとも予防ができる病気です。日々の生活をきちんと管理し、発症を予防してあげましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加