コラム

犬の吠え癖を治したい!

愛犬の甲高い鳴き声にたとえ家族であっても不快感やストレスを感じることがあるでしょう。
犬の鳴き声は近隣との騒音トラブルに発展することもある深刻な問題です。吠え癖はしつけである程度の改善を目指すことが出来るのであきらめずに問題行動のリセットに取り組みましょう。

犬の吠え癖を治したい!

止まらない無駄吠えはなぜ起こるのか?

突然大声で鳴き始める、あまり鳴かない犬種だといわれたのに実際はよく吠える、兄弟や多頭飼いの中で一匹だけが吠えるなど犬の吠え癖のタイプも様々です。
犬は本来無暗に吠えることはありません。吠える必要があるのは

  • 身の危険を感じた時
  • 群れ(家族)の危険を感じた時
  • 痛みや恐怖を感じた時

です。つまり心身が極限まで追い詰められた時に全力で吠え、周囲に危険を知らせることで助けを求めているのです。
散歩で他犬に吠える時、玄関チャイムに反応して吠える時、中には険しい顔つきで歯をむき出し、今にも噛みつきそうな様子が見られるでしょう。
実は一見攻撃的に見えるこの行動も実は恐怖が原因で起きています。
この仕組みを理解ししつけに取り組むとよりスムーズに問題行動の解決に向かう事が出来ます。

吠えるタイミングを知ると解決策が見つかる

犬の吠え癖が気になる場合、まず愛犬がいつ、どのようなタイミングで吠えるのかを把握することから始めましょう。

例えば散歩中に吠える場合

  • 誰に向かって吠えているのか
  • どのような犬種に向かって吠えているのか
  • 対象物とどの程度の距離をとっているのか

を確認します。
例えば他犬と吠えるという場合でも細かく観察をしてみると、特定の犬、犬種にだけ吠えるという事もあれば視界に入る全ての犬に吠えることもあります。
中にはフレンチブルドッグやパグの様に鼻が短い犬種にだけ吠えるというケースもあります。

このように特定の対象を絞ることが出来る場合、対象となる犬を回避することが出来る散歩ルートを選びましょう。
遠くにそのような犬種を見つけた時は迂回する方法もおすすめです。
犬も人間同様に相性や好き嫌いがあります。これは直感的な感覚でなかなかしつけで改善することが難しい問題です。
苦手な相手との交流を無理強いするのではなく、物理的な回避策を講じることも時には必要です。

他にも犬が吠えるタイミングにはいろいろあります。
比較的多くみられるものは

  • 玄関チャイム
  • 来客
  • 屋外からの騒音
  • 散歩中のバイクや自動車

などです。

一旦これらの音に犬が恐怖を覚えてしまうと同じ音が生じる度に条件反射的に吠えたてます。この行動を改善するには恐怖を感じる必要がない事を理解させることです。
吠える犬ただ人間もお化け屋敷を怖い、苦手と大人になっても感じることがあるように、犬もなかなか頭で理解していても条件反射的な行動をコントロールすることは難しく、改善には飼い主の根気強いしつけも必要です。

留守中に吠えている場合のしつけ法

犬の吠え癖に関する騒音トラブルで意外に多いのは飼い主の不在中に吠えるケースです。
このようなケースは飼い主自身が状況を把握していないことも多く、トラブルも大事になりがちです。
例えば飼い主が仕事に出かけてから帰宅するまでの間の数時間を毎日大声で絶え間なく吠える犬もいます。
このような犬の中には飼い主の在宅中や散歩中はまるで吠えることがないというタイプもいます。
この切り替えは飼い主が一緒にいる場合、心理的に安心できこと、保護されていることを実感できているためです。
このようなケースで多くみられるのは、留守中の自宅で愛犬が自由に行動出来ています。
サークルを使用せず、終日フリーで生活しています。
自由に行動が出来ることでストレスを軽減できる、運動不足にならない、トイレを自由に使えると飼い主目線では考えてしまいがちですが、実は犬の心理学からみるとこれらの配慮が全て逆効果になって犬の問題行動を助長しています。
犬はフリーなスペースを与えられた事で、飼い主不在の自宅全てに目を配り、神経をとがらせ警戒し続けなければなりません。
つまり自分一人きりで自宅の玄関、窓、ドア全ての出入口の見張り番を引き受けている状態です。
これでは日中にゆったりと昼寝をすることも出来ず、些細な物音にも反応し過敏に行動してしまうのも無理がありません。

このような状態を改善するためには

  • 留守番中はサークルに入れる
  • ラジオやテレビを常につけ、静寂を作らない
  • 帰宅が遅くなる場合に備え室内照明をつけ暗闇を作らない

という工夫を講じてあげましょう。
これだけでも犬は自分が見張るべき範囲を大幅縮めることが出来、精神的なプレッシャーから解放され吠え癖の解消をすることが出来ます。
犬のしつけまた物音を察知しその場所へ向かおうと思ってもサークルから出ることが出来ないという仕組みを理解すればおのずと吠えることの無意味さを理解し過剰に吠え続けることもなくなっていきます。

散歩中に吠える場合のしつけ方

散歩中の他犬に過剰に吠えることがあります。このような場合、ドッグランや犬連れOKな施設、レジャーに愛犬を同伴することも難しいと感じるでしょう。
他犬に吠える原因は幼少期の社会化トレーニング不足が主な原因です。
本来であれば生後2,3カ月の時点で他犬との交流の場をふんだんに設け、他犬との接し方を身に着けさせておくことが理想的ですが、成長し問題行動が目立つようになってからではこのような社会化トレーニングの失敗を嘆いても改善にはなりません。
このような場合におすすめの改善策は最近増加傾向にある「犬の幼稚園、保育園」「日中預かりトレーニング」に預け、他犬との交流を経験させる事です。
多くの施設ではフリースペースを設け、複数の犬が同じ場所で過ごします。利用開始直後は他犬に馴染むことが出来ず、ストレスを全面にアピールすることもありますが、何度も通ううちに必ず自ら相性のあう犬を見つけることが出来、徐々に他犬への恐怖心も払拭できるようになります。
このような施設は継続して利用することで効果が出ます。
確実な改善効果があるものの費用が嵩むことを承知しておく必要があります。

愛犬の感情に反比例することが大原則

家の中はもちろん屋外でも激しく吠えたてる愛犬の声を聞く度にストレスを感じたり、周りへの迷惑を感じ居心地の悪さを感じることでしょう。
このような心持ちに飼い主があると、つい愛犬への声がけも厳しい口調になり、時にはヒステリックになる場合もあります。
でもしつけで愛犬の問題行動を改善するためには、このような場面だからこそ飼い主は冷静さを保ち、包容力のある口調で接することが大切です。
愛犬はどのような理由、タイミングがあるにせよ恐怖を感じ、パニックを起こしています。その時に唯一信頼できる相手である飼い主からも突き放されてしまってはますます混乱の度を強めていきます。
パニックを起こしているからこそ、飼い主の元へ戻り平静を取り戻そうという気持ちに愛犬が成れるように接してあげましょう。
その為には愛犬の感情と飼い主の感情が反比例するように意識しておくとよいでしょう。愛犬が恐怖、不安、怒り、警戒を感じている時は飼い主はあえてその逆を意識します。笑顔、包容力、優しさ、楽しさなどです。時にはおやつを持ち出し愛犬の気持ちをガラッと切り替えてしまうという方法も効果的です。愛犬との反比例を心がけることで問題行動の解消に取り組んでみましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加