コラム

知っておきたい!犬のてんかん

この記事は2016年11月16日の記事を再編集しました。

愛犬には健康で長生きして欲しいと望むものですが、人間と同じように生きていれば不測の事態に陥ることもあります。特に犬の場合、犬種によってかかりやすい病気もあるので日頃から健康管理には注意が必要です。

たとえば「てんかん」は突然起こるものなので対処ができない病気の一つです。しかし、事前にどのような症状が見られるのか、どういった予防方法があるのかを知っておくことで、万が一に備えることはできます。

知っておきたい!犬のてんかん

てんかんの症状と原因

<症状>

てんかんで見られる症状は、全身や身体の一部に痙攣が起こります。てんかんは発作的に起こりますが、発作が起こる数日前、数分前に以下のような症状が見られることがあります。異変を感じた際には、注意が必要です。

  • よだれを流す
  • 落ち着きがなくなる
  • 活動性に不自然な増加・減少が見られる

<原因>

てんかんの原因は、主に脳腫瘍等が引き金になることが多く、脳を形成する神経細胞に異常が発生することによって、発症します。

てんかん「症候性てんかん」と「突発性てんかん」二つのタイプに分かれます。
「症候性てんかん」は、水頭症や犬ジステンパーによって起こる脳炎が原因となり、「突発性てんかん」は、検査をしても異常が分からず原因不明です。犬種によっては「突発性てんかん」にかかりやすい遺伝子を持っていることがあるので、注意が必要です。

病的な原因の他に、環境的なことが原因で発症することがあります。ストレスを受けることで心身に負担をかけてしまうことでてんかんを発症することもあるのです。
犬は頭の良い動物なので、コミュニケーション不足で疎外された状況に置かれたり、負担不安を感じることで、心身に弊害が起こり、てんかん症状を起こすことが考えられます。

てんかんの対処方法

犬がてんかんの症状を起こした時、飼い主はどうしたら良いのでしょうか?

まず、動物病院に連れていきましょう。しかし、てんかん発作が起こるのは必ずしも日中の時間帯であるとは限りません。てんかん発作の厄介なところは、犬が眠っている夜間や早朝に起こるケースが多く、発作を起こしているのを見つけてもすぐに病院へ連れて行くことができないことです。

もしも診療時間外にてんかんの発作が起きた場合には、慌てずにてんかんの発作が治まるのを待ちましょう。家族の一員である愛犬のことですから、治まるのを待つことはなかなか難しいことだと思いますが、汗って身体を動かしてしまうことは、逆に危険な状態にしてしまうので注意しましょう。

ただし、嘔吐等の症状が見られる場合には、気道が詰まる恐れがあるので、呼吸困難が起こらないように気道確保をする必要があります。また、口内に吐瀉物等がある場合も取り除く必要がありますが、不用意に指を入れると噛まれるケースがあるので注意が必要です。

病院へ行った際に、診察で聞かれても答えることができるように、症状や発作の回数等はメモをしておくようにしましょう。

てんかんの予防方法

診察を受ける犬
犬のてんかんは命に係わる病気で、大切なのは原因を知り予防をすることです。てんかんの原因は脳の病気だけでなく、遺伝性、環境等がかかわっていることもあるので、まず検査を受けるようにしましょう。

人間の健康診断と同様に行ってくれますので、健康診断によって原因が解明されることもあります。そして、問診の際には、普段の犬の様子を説明できるように日頃からしっかりと鑑札をしておくことが大切です。てんかんの発作を起こした時には、動画撮影をしておくとそれを獣医師に見せることに役立ちます。

食生活も大きく関わります。偏食や肥満気味の場合は、食生活の改善が必要です。また、適度な運動することで健康を保つことができるので、病気になりにくく、てんかんの発作も起こしにくくなります。

大切なのは定期的に健康診断を受けること、そして健康的な生活を心掛けることです。

動物病院は費用がかかるので、リスクに備えてペット保険へ加入しておくことも大切です。病気になった際に、費用の関係で適切な治療を受けさせることができないといったことにならないように、備えておきましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加