コラム

犬の風邪、その症状と対処方法

この記事は2017年6月30日の記事を再編集しました。

人間と同じように犬も免疫力が低下することがあります。季節の変わり目やストレスを感じている時等が原因となって風邪を引いてしまうことがあります。
「ただの風邪」と思いがちですが、治療をすることや栄養を取るといった管理は飼い主自身が気づき、行わなければ犬は辛い状態が続きます。風邪のケアには家族のフォローが必要なのです。

犬の風邪、その症状と対象方法

犬の風邪、症状は?

不調の犬犬が風邪を引いた時、以下のような症状が見られます。生後間もない子犬や老犬、生活環境が変わった直後は、症状の進行が早い為、数日で重篤な状態に陥る場合もあるので注意が必要です。

風邪の初期症状として多くみられる症状が「咳」です。咳はケンネルコフとも呼ばれ、特に子犬に多く見られ、軽く乾いたような咳を繰り返します。

症状が悪化してくると痰が絡んだような湿った咳をし始めます。子犬は咳をするだけで相当量の体力を消耗してしまうので、放置すると食欲不振や発熱などの症状も出てきてしまいます。
子犬に限らず、犬に咳の症状がみられたら早期に病院を受診しましょう。

鼻水

人間と同様、犬も鼻水を出すことがあります。風邪によって鼻水が出ている場合、初期症状は鼻の周りが湿り小さなしずくが出たり、くしゃみの回数が多くなります。その後、鼻水が大量に出たり、緑色の鼻水が出たり、鼻の周りが乾燥して黄色くなっている等の症状がみられる場合には、ただの風邪ではない可能性があるので早期に病院を受診するようにしましょう。

発熱

犬の平熱は37℃前後と人間よりも少し高めです。これが風邪によって発熱した場合は、39~40℃と高温になり、体への負担も相当なものとなります。しかし、犬は不調を隠す傾向にあるため、熱があっても自力で普段通りの生活をしようとします。

愛犬に咳や鼻水が出ていたり、他の症状もみられる場合は熱があるかを確認し、発熱している場合には病院を受診しましょう。
※犬の体温は肛門で測ります。安全設計がされているペット専用の体温計を使用しましょう。

食欲不振、下痢

食欲不振や下痢の症状がみられる場合は、発熱していないかを確認しましょう。そのうえで、動物病院を受診し、獣医師に状態をきちんと説明できるよう下痢の回数などもメモを取るようにしましょう。そして獣医師の指示通り適切な処置をするようにしましょう。

風邪の対処方法

もし、愛犬に初期症状がみられた場合は、十分に保温した環境で安静に過ごさせましょう。以下のような環境を整えてあげることが好ましいです。

  • エアコンの風が直接体に当たらない場所
  • タオルや毛布を多めに用意し、寝心地の良い寝床を作る
  • 食べやすく、消化に良い食べ物を与える
  • ※食欲がない場合、ドッグフードをふやかしたり、手作り食を与える方法がおすすめです。ただし、牛乳は消化の際に負担がかかるので控えるようにしましょう。

安静になかなかできない場合は、サークルの中に入れ、四方を布で覆って目隠ししてあげると良いでしょう。冬期ならペットヒーターをサークル内に入れて、保温することが効果的です。

尚、下痢の症状がある場合は、愛犬の負担とならない程度に屋外トイレや散歩に連れ出し、こまめに排泄ができるように工夫をしてあげましょう。

脱水症状に注意!

下痢、嘔吐、食欲不振がみられた場合、心配なのは脱水症状を起こす事です。普段よりも十分に水分摂取できるように、飲み物や食べ物に工夫が必要となります。

以下に工夫例をあげますと、

  • ドッグフードをふやかす
  • パンに水を十分含ませて食べさせる
  • 飲み水に犬用牛乳や粉ミルクを少量混ぜ、進んで飲むよう工夫する
  • ※野菜や果物は消化の際に負担がかかるので、体調が戻るまでは控えると安心です。

気を付けたい部屋の温度管理

犬が風邪を引く一番の原因は温度管理です。人間には快適な室温であっても、犬には適した温度ではない場合があることを理解しておきましょう。

夏にありがちな室温管理の失敗

暑さが厳しい時期はエアコンが終日稼働していることが多いと思います。この時、ついつい人間の体感温度に合わせた温度設定を行い、室温設定を下げ過ぎてしまうことがあります。飼い主は家事をし、子供は遊び回るため、エアコンの温度設定が低いことを快適に感じてしまいます。

しかし、愛犬は室内では部屋の一角で眠り過ごすことが多く、人間以上に寒さを感じています。特に生後間もない子犬がいる場合は特に注意が必要です。
離乳前の子犬は、母犬や兄弟犬同士で寄り添って眠ります。お互いの温度で適度に保温され、寒さから身を守ることが出来ます。しかし、一匹だけではサークルの中で過ごす場合、途端に肌寒さを感じ、風邪を引いてしまいます。
体温計
生後間もない子犬がいる場合は、夏であったとしてもペット用ヒーターを用意してあげましょう。サークルやベッドの半分くらいのサイズを目安に、犬が快適な場所を求めて移動できるように工夫してあげましょう。
ヒーターは愛犬が使用しなくなったタイミングを見計らって片付けの時期を見極めましょう。

ペット用ヒーターの使用は老犬も同じです。高齢になると体温が低下してくるため、エアコンを肌寒く感じることも増えてきます。子犬同様に、ヒーターを設置してあげる場所と涼しい場所のそれぞれを犬の生活スペースに用意し、快適に過ごせる環境を作ってあげましょう。

冬もエアコンを使用して室内の温度管理を行うと思いますが、暖かい空気は上に上がっていくため、犬が過ごすことが多い床付近は冷えています。冬もペット用のヒーターを用意してあげましょう。
また、冬の散歩は暖かい部屋から寒い屋外へ連れ出すことになります。急な温度の変化によって体調を崩してしまう犬もいます。屋外散歩へ連れ出す時は、犬の体調に応じて衣服を着用させると安心です。

犬の風邪はうつる?

犬の風邪は人間の風邪と同じようにうつります。咳やくしゃみによって飛沫観戦しますし、病気によっては空気感染をすることもあります。そのため、多頭飼育はもちろん、風邪気味の犬と同室で過ごすだけでも感染する可能性があります。

生後間もない子犬や風邪や伝染病が多発する冬は、不特定多数の犬が集まる場所への出入りは控えるようにすると安心です。愛犬に風邪の症状がみられる時は、他の犬と隔離して過ごすようにしましょう。

また、下痢の症状がある場合は便はすぐに片づけて、ビニール袋に入れ、密閉した状態で破棄するようにしましょう。

尚、犬の風邪が人間にうつることはありません。

風邪をひいているときの散歩について

愛犬が風邪を引き、体調が思わしくない時は、運動や散歩、外出は最低限に控えるようにしましょう。トイレが完全屋外の場合は、短時間でトイレのみを済ませるようにし、すぐに自宅へ戻りようにしましょう。無理な運動はかえって体力を消耗させ、回復を遅らせてしまいます。

トイレは室内ででき、散歩は気分転換程度でありえば、暖かい時間帯に短時間でゆっくりと歩く散歩をしましょう。

おしっこする犬雨や雪の場合は、極力外出は控えましょう。完全屋外トイレにしている場合、どうしても屋外へ行く必要が出てきます。こういった場合は、トイレのみを済ませて短時間で帰宅し、帰宅後はタオルで全身、特に腹部はしっかりと拭き、乾かしてあげましょう。

風邪をひいているときの食事

風邪によって食欲が低下しているときは、無理に食欲を刺激して食べさせる必要はありません。食べ残しをしても体調の回復とともに食欲も戻ってきます。

風邪を治そうと無理に食べさせようと普段は与えない嗜好性の強い食べ物を与えるのは禁物です。風によって胃腸が弱ってる時に、嗜好性の強い食べ物で食欲を刺激させ食べさせると、体力をより消耗させてしまう恐れがあります。

愛犬の症状や状態を見ながら無理のないケアを第一に考えましょう。大抵、風邪の症状は2~3日で自然と改善していきます。症状が長引く場合には動物病院を受診するようにしましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加