コラム

犬の白内障について

犬の高齢化が進む中で、人間同様に白内障を患う犬が増えています。白内障とはシーズーやペキニーズ、チワワなどに多くみられる症状で、眼球が白濁し、次第に視力を失う病気です。白内障は予防することの出来ない病気なので、発症後に家族がケアをすることで日々安全に暮らすことが出来ます。白内障の仕組みと発症後の家族の心構えについて事前に考えておきましょう。

犬の白内障について

白内障のメカニズム

犬の白内障のメカニズムは、目の中にはある水晶体いうレンズの役割をする部分が白く濁り、視力を低下させてしまうことで起こります。
このレンズは人間の眼鏡のような存在で、眼鏡が白く曇りはじめ、初期であればぼやけつつもある程度の視界を保てるものの、症状が進行すると完全に真白く曇ってしまい、何も見えない状態になります。

白内障が起こる原因

この水晶体を白濁させる原因は、体内のたんぱく質です。
たんぱく質は健康を保つうえでなくてはならない大切な成分ですが、この白内障という病気を引き起こす原因には

  • 遺伝的体質
  • 後天的な影響

の2つが関係しています。
遺伝により発症することが多い犬種は以下の通りです。

      ・シーズー
      ・ビーグル
      ・コッカー
      ・キャバリア
      ・柴
      ・プードル
      ・マルチーズ

これらの犬種は早ければ6歳ごろから次第に白濁は目立つようになり、10歳を超えるころには視力の大半を失うこともあります。
後天的な原因として多くみられるのは

  • 加齢
  • 糖尿病、肥満
  • 外傷
  • 中毒症

シーズ-
などです。シーズーなど目の大きな犬種は日ごろから眼球に刺激を受けることが多く、小さな傷を繰り返す負う事で高齢になってから症状が悪化し白内障を発症することもあります。

白内障の症状

白内障を発症すると、愛犬の目がうっすらと白みがかって見えるようになります。少し離れた場所から愛犬の顔を見ると、特によくわかるでしょう。ただ初期の状態であれば、ある程度の視界を保つことが出来、住み慣れた部屋の中や毎日の散歩道であれば支障なく歩きまわり、まるで異常を感じさせないほどです。
白内障自体は痛みを伴う事がないので、症状が進行し視力を失ってからも飼い主が気が付かないこともあるほどです。
ただ白内障が進行し、緑内障を患ったり、ブドウ膜炎、水晶体脱臼といった別の病気を発症すると強い痛みを伴う事があります。
愛犬の目の異変に気が付いた時は、日常生活に支障がないように思えても、まずは動物病院を受診し、その後のケアについて指導を受けましょう。

白内障の治療と手術という選択肢

白内障という病気は人間と同様で、予防をすること薬で完治させること出来ません。可能な方法は早期に発見し、定期的に点眼薬を使用することで少しでも症状の進行を遅らせるという方法です。
ただ犬は大抵の場合、点眼薬を極度に嫌がる上に、高齢になってから毎日の点眼を習慣化させることはなかなか難しく、家族の根気強い取り組みが必要になります。
日常生活には支障がない事、痛みを伴わないことから、過剰な治療をせずに日々穏やかに生活をさせてあげたいという飼い主さんがほぼ大半です。
ただ白内障を手術と治療するという選択肢も現在の発展した動物医療では可能です。
この技法は大変高度な技術なため、施術が可能な動物病院は限定されてしまいますが、白内障を患い白濁した水晶体を一旦粉砕し、目の中から取り除き、新たに人工的なレンズを装着するという流れで手術を行います。
この手順は人間と同じですが、人間に比べ犬の水晶体は硬く、取り除くことが難しい上に、症例数が少ない事、術後一定期間は目の保護をしながらの生活が必要なことからあくまでも選択肢の1つと考えておきましょう。
この施術はその特殊性から費用も高額で30~50万円で片目分が費用相場です。術後のケアを含めると費用はよりかさむでしょう。

白内障を患った場合の室内の対策

愛犬の目が白濁し始めた、室内で家具や壁にぶつかることが増えたなど気になることがある時は、
安全対策を講じてあげましょう。

  • 階段の上り口にゲートをつけ、不意の転落を予防する
  • 家具の上に花瓶や写真立てなど落下することで割れる、破損する可能性のあるものを置かない
  • キッチンなど人の出入りが多い場所への出入りを制限する

などです。
愛犬はこれまでの生活での感覚、嗅覚を頼りに不自由な視界で生活をしています。その為、室内の模様替え、家具の配置換えは感覚がくるってしまい、混乱と不安を招いてしまいます。愛犬の生活エリアは出来る限りそれまでと変わらないよう保ってあげましょう。

白内障を患った場合の散歩の対策

散歩(おばさん)犬といえば優れた嗅覚を持っている、鼻が利くというイメージがあるものの、実は犬は日常生活における情報収集、物事の判断の大半を視覚に頼っていることがある研究結果で明らかになっています。
つまり犬にとって視覚を失うという事は、それまで活用してきたアンテナが無くなってしまい、日々の生活において様々な不安や恐怖に対面することになります。
例えば散歩中に遠くに犬の姿を見つけた時、犬がいるという第一次的な情報を視覚によってとらえます。そのうえで、その犬が以前にあったことがあるかどうかを嗅覚で判断をします。この仕組みのため、視覚が不自由になるという事は、嗅覚で様々な物事を判断しなければならなくなり、とてもストレスがかかるのです。もちろん嗅覚も加齢によって劣化してしまいます。
高齢になると愛犬が頑固になった、神経質になったと感じるのはこのように視覚や嗅覚が機能低下してしまったことで、十分な情報が収集できず、不安を感じているからです。

白内障を患った愛犬を散歩に連れ出す場合は、出来る限り毎日同じ道、同じ時間で習慣化してあげましょう。
ルートや時間をランダムにすることは日々あたらしい刺激があり、若く健康な犬であれば好奇心を刺激されますが、高齢な犬にとっては不安が積み重なるだけです。歩きなれた場所だからこそ安心して歩くことが出来るのですから、出来る限り愛犬に無理をさせないように日々をすごさせてあげましょう。

また散歩中はリードを短く持ち、安全を確保できるよう注意してあげましょう。若く健康な時は、目の前から向かってくる自転車をさっとよけたり、排水溝があれば難なく飛び越えていたものの、高齢になり視界が不自由になると、このような場面でも怪我をしてしまう事もあります。愛犬を安全に誘導できるようにしっかりとリードをコントロールしてあげましょう。

「事前の声掛け」を家族の習慣に

シーズー、コッカー、プードルと白内障を先天的な理由で白内障を発症する確率の多い犬種を見ると、いずれも生涯を通じてブラッシングやトリミングが必要な犬種たちです。
ただ高齢になり視界が不自由になると、つい愛犬自身が神経質になりやすく、家族にさえも攻撃的な態度を見せるようにもなります。
中には家族が体に触れる、そばを通るだけでも警戒心を見せることもあります。そのような時は決して愛犬を叱ってはいけません。叱ってしまうとさらに愛犬を追い詰めてしまい、家族への警戒心を助長してしまうからです。
愛犬の行動に変化がみられる時は、常に「事前の声がけ」をするよう心掛けておきましょう。体に触れる時、抱き上げる時、散歩のためにリードを着脱する時などいきなり体に触れたり、近寄るのではなく、愛犬の名前をよび、ひと声かけてあげましょう。こうすることで愛犬が誰が、何のために体に触れるのかを理解することが出来、攻撃的な態度や警戒心を持たずに済むためです。
高齢になった愛犬だからこそ必要なケアですから、日ごろから心がけ徹底してあげましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加