コラム

犬や猫の去勢・避妊手術

この記事は2016年6月7日の記事を再編集しました。

近年ペットの健康管理の一環として、犬や猫の去勢・避妊手術は動物病院からも推奨されています。

それは生殖器に関わる病気を未然に防ぐことができたり、発情期の問題行動の抑制につながるためです。健康的な生活を心掛けていたとしても、病気は突然やってきます。病気にかかるリスクを減らす可能性が高いのであれば、検討してみたいと思う人も少なくないでしょう。

しかし、手術をする時期が生後半年頃という成長過程の間にある上に、健康的な状態の身体に手術をすることに抵抗を感じてしまう飼い主もいることも事実です。また、動物病院でも推奨している事とはいえ、手術の時期の有無についての方向性が異なることもあり、飼い主にとっては判断に戸惑うところでしょう。

犬や猫の去勢・避妊手術

去勢・避妊手術はなぜ必要と言われるのか

獣医と犬と猫オスの去勢手術は、多くの動物病院でも推奨され、自治体によっては手術費用の助成制度を設けているところもあります。

しかし、飼い主にとっては健康な状態の身体に手術をする以上、去勢手術をすることの必要性とその効果を予め理解しておきたいと考えると思います。

去勢手術を早期に行う理由は以下にあります。

  • オスとしての精神的な成長を抑制し、他犬との余計な闘争を避ける
  • マーキング等の縄張り意識の芽生えを抑制する
  • オス同士の喧嘩、威嚇行為を抑制する
  • 発情中のメスとのトラブルを回避する

縄張り意識が強くなってくる

犬の場合だと、生後半年だとまだまだ子犬のですので、縄張り意識や力の上下関係を意識することがほとんどありません。
しかし、2~3歳くらいまで成長すると、同じ年代のオス同士で縄張り意識が強くなり、縄張り内で遭遇をすると、一発触発の事態を招きかねません。

散歩中、一見大人しく挨拶を交わしただけのように見えていても、刹那に激しい喧嘩に展開することも未去勢のオス同士であれば珍しくないことです。

オス同士の喧嘩は、飼い主でも仲裁が難しく、無理に一方を抑え込もうとすると、かえって大けがをしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

発情によるトラブルを回避

犬の場合、オスには定期的に起こる発情期というものがありません。オスの発情というのは、発情中のメスの臭いを感知することで起こります。メスと直接触れ合わなくても、メスの排尿後の臭いや、メスが使用したタオル等を通じても臭いで感知する事ができます。
メスの飼い主の中には、自身の犬が発情中であるということに気付いていないことも多く、知らず知らずに多くの犬が集まるドッグランやトリミングへ連れて行ってしまうこともあります。

一度発情状態が起こったオスはそれまでと打って変わって、思いもよらない程の強い力でリードを引っ張り、メスへ向かっていきます。

これは望まない交配が起こってしまわないように、去勢手術を済ませておくことも飼い主にとっては保険にもなります。加害者となるのはオス側となり、余計なトラブルを回避するためにも、予め去勢手術を済ませておくことが望ましいと言えるのです。

猫は特に注意!!

日本では野良犬を見かけることはほとんどありませんが、野良猫を見かけることは多くありませんか?

完全室内飼育じゃない場合、避妊手術をしていない猫が外出したことで、ある日突然子猫が生まれてしまった、といこともあります。逆もしかりで、去勢手術をしていないオス猫が、外でメス猫を妊娠させてしまうこともあります。

自宅で出産し、子猫が誕生してしまった時に、里親を探し、里子へ出すことができれば良いのですが、面倒を見ることができず、最終的に保険所へ引き取られるケースが多く、社会的な問題となっています。
同じように、外でメス猫が妊娠した場合、結果的に野良猫が増えることとなり、こちらも最終的に保健所に引き取られることが多くなってしまいます。

飼い主が責任をもって、予め去勢・避妊手術をしておくことで、こういった不幸な動物を増やしてしまうことを回避することができます。

病気の予防

オスだけが去勢をしていれば良いということではありません。もちろんメスも手術をすることが必要です。オス、メスどちらも去勢・避妊手術をすることでメリットとなるのが病気の予防です。

例えば、オスは前立腺肥大症や会陰ヘルニア、メスは子宮蓄膿症や乳腺腫瘍といった病気が再発する可能性が高く、深刻な病気に対するリスクを下げることができます。

去勢・避妊手術が望ましくない場合

もし、「繁殖」や「ショーへの参加」を予定しているのであれば、去勢・避妊手術は行わない方が良いでしょう。

例えば、ドッグショーの場合、去勢済みであることは犬本来の形質を維持してないとの評価をうけ減点の対象となります。また、高得点を取得しても、その後の交配が難しいとなると、それまでの費用回収が厳しく、ドッグショーへ参加した意義自体不明瞭となってしまいます。

適切な去勢・避妊手術の時期

ペットショップで購入した人の中には、ショップ側から動物病院の受診を勧められることがあると思います。犬の場合、フィラリア対策や法律で定められている狂犬病の予防接種等のためというのもあります。もちろん、今後のことも考え、早いうちにかかりつけの動物病院を決めておくことが大切です。

初めて動物病院を受診すると、大抵質問されるのが「去勢・避妊手術」についてです。

犬も猫も医学的に去勢・避妊手術をするのに適切な時期が明確にあるわけではありません。一部の間では、若く元気な6歳程度までに行うのが良いという意見もありますが、動物病院では飼い主の事情に合わせることが多いようです。

ただし、オス犬を例とすると、一般的には生後半年頃を去勢手術をする時期と考えられています。この時期は、小型犬であれば身体的な成長が止まっている頃で、大型犬になると、この頃から次第に行動が活発になり、他犬との関りも増える時期になります。

マーキングを始める前に手術をしよう

身体的な成長が止まると、次第に精神面の成長が進んでいきます。すると縄張り意識も芽生え始め、この頃から散歩で見かける他犬の様子を見本に、マーキングをするようになります。

このマーキングを室内でされると特有の強い臭いが充満し、その臭いは大変不快なものです。癖がついてしまうと厄介です。そのため早い段階であったとしても生後半年頃に去勢手術をするのが良いと言われています。

室内でマーキングさせたくない場合には、愛犬が足をあげようとした瞬間に厳しい口調、短い言葉で叱ることが効果的です。

ただし、去勢手術をした後でも、縄張り意識や力の誇示意識が強い場合には、マーキング行為を行うことがあるので、手術と併せてしつけもきちんと行っていきましょう。

ペット保険への加入を考えている場合

ペット保険への加入を検討している場合には、早い段階で去勢・避妊手術をしておくことで、お得となるケースがあります。
これは去勢・避妊手術をすることで特定の病気へのリスクが低くなるため、数パーセントではありますが、保険料が安くなる会社もあります。

エリザベスカラーを付けた猫もちろん去勢・避妊手術をすることで、すべての病気を防ぐことはできません。しかし、生殖器に関わる病気を予防することはできます。去勢・避妊手術をし、若いうちにペット保険へ加入しておくと、保険料が通常よりお得になり、経済的負担を減らすことができます。

去勢手術方法

去勢手術は、全身麻酔をし、患部を切断するだけの簡単な手術です。麻酔時間を含め手術自体の時間は15分程で完了しますが、手術当日は麻酔時間も含めて病院滞在時間が決まるため、数時間~半日程は所要時間を見込んでおく必要があります。

手術後一週間程経過した後、患部の確認と抜糸を行います。
場合によって、睾丸を取り除くと陰嚢部分が小さく縮小するため、抜糸をしないこともありますし、中にはそのまま自然消滅する糸を使用して手術するケースもあります。

去勢手術の費用

去勢手術にかかる費用は、2~5万円程です。事前にお住いの自治体で助成制度があるかどうか確認してみましょう。

基本的に日帰り手術となり、患部の化膿止めの飲み薬が数日分処方されるます。

※自治体によっては予算の関係上、手術を先送りし、次年度の申請を勧められることもあります。

去勢・避妊手術はペット保険の対象外

ペットには人間と同様な保険制度がありません。動物病院ごと自由診療になるので、同じ手術でもA動物病院とB動物病院では発生する費用が異なります。
さらに、動物の医療技術は進化しており、治療費が高額になることもあります。このような時、経済的な負担を抑えることができるのができるのがペット保険です。ペット保険に加入していることによって、高度な治療であっても経済的な負担を軽くすることができます。

しかし、一般的にペット保険は「病気」や「ケガ」への補償を対象としており、「手術」とはいえ、病気治療に関係がない去勢・避妊手術はペット保険の対象外となります。補償を受けることはできないので、費用は全額自己負担として支払うことになります。

先述の通り、手術費用は2~5万円程です。しかし、去勢・避妊手術をせず、病気を発症することによって通院や入院、手術をするとなると、週1回の治療でも数万円以上になることも当然のようにあります。

このように、万が一のためにも、去勢・避妊手術を行い、病気のリスクを予め低くしておくことやペット保険で備えておくことで、安心して日々の生活を過ごすことができるのではないでしょうか?

後々、保険対象となることも?

睾丸は本来、生後1~2ヵ月で体内から体外へ移動します。しかし、この移動がスムーズに進まずに体内に停留してしまうことがあります。いわゆる「停留睾丸」と呼ばれるものですが、停留睾丸だからといって涯何の不調もないまま過ごすことができる場合もありますし、腫瘍化してしまうこともあります。

停留睾丸になった場合は、その処置の言う形で病気扱いとなり、保険の適用対象となるケースもあります。予め各保険会社、動物病院へ確認しておくとよいでしょう。

去勢後、猫の耳カット

避妊手術された猫街中や公園で見かける猫。よく見ると片耳先端が小さくカットされている猫を見かけたことはありませんか?この猫の耳カットは、「去勢済」であるという印なのです。

地域によって野良猫の過剰繁殖が起き、様々な問題となっています。未去勢、未避妊の猫が増えると、ますますこの問題は深刻化するので、ボランティア団体や地域住民が協力して、猫を一旦捕獲し、動物病院で手術を受けさせ、その後再度もといた場所に解放するTNR活動を行っています。

  • TNRとは
  • 野良猫を捕まえて(Trap)不妊手術をし(Neuter)元の場所に放す(ReleaseまたはReturn)こと

手術済みであることが一目で分かれば、何度も捉えられ手術されることを防ぐことができます。そのため耳の先端をカットしています。つまり、飼い主のいない猫は一代限りとし、その後の繁殖を抑制するという取り組みが行われています。

この時の手術費用は、ボランティア団体や地域住民の寄付、自治体の補助金によって賄われているものもあれば、完全に自腹を切ってその活動にあたっている方もいます。

去勢・避妊手術後、性格は変わる?

去勢・避妊手術をすると、「性格が穏やかになる」「喧嘩をしなくなる」「おとなしくなる」「無駄吠えや威嚇吠えをしなくなる」と言われています。

これはある意味正解である意味誤解とも言えます。

まず、「おとなしい」という基準は飼い主によってそれぞれ感じ方が異なります。そして同じ犬種や猫種であっても、個体によってそれぞれ性格も異なります。さらに、しつけの程度によってもこの性質は大きく左右されます。

去勢・避妊手術が推奨されている時期は、生後半年頃と言われています。しかし、しつけに関しては、生後1.5ヵ月頃から生後半年頃までに基本的なことを終えておく必要があります。
そのため、将来手術をするからと過信し、しつけを怠ってしまうと、後々何かと手を焼く結果を招きます。

例えば、オス犬が手術後おとなしくなるというのは、オス犬同士の優劣関係における判断であり、犬同士の縄張り争いにおける評価です。そのため、日常生活においては大きな変化を感じることはないのです。

ペットをおとなしく、飼い主の指示に従いやすい性格に育てるためには、家族へ迎え入れたその日からきちんとしたしつけを行うことが必須です。「まだ小さいから…」と甘やかさず、守るべきルールをきちんと教えて、無用なトラブルを回避しましょう。

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加