コラム

ペットの脱走対策を考える

この記事は2017年4月5日の記事を再編集しました。

ペットの脱走対策はしていますか?脱走というと、犬よりも猫のほうが多い印象です。
室内飼いしていたペットが、玄関の扉を開けた途端に飛び出してしまい、そのまま迷子になってしまった…ということは絶対に避けたいことです。

今回はペットの脱走対策についてまとめました。

ペットの脱走対策を考える

なぜ脱走対策が必要なのか

ペットを飼っている家庭で、なぜ脱走対策が必要なのか、その理由は以下となります。

繁殖能力が高い

避妊・去勢手術をしていないペットが脱走してしまった場合、外で予期せぬ妊娠をしてしまう、させてしまう、ということが考えられます。

猫の親子特に、猫の繁殖能力は高く、生後半年ごろからは妊娠が可能となります。また、一度の出産で3~5匹程度の子猫を出産し、1年間で2~3回出産をすることができます。

そのため、1年間の間に、猫の個体数は10~15倍に増える可能性があると言われているのです。
参考記事:第32話 猫道の猫達 その5 外猫の大群の避妊去勢へ

予期せぬ妊娠や出産を経ても、自宅で飼育が可能であれば良いですが、里親探しをするとなると簡単な話ではありません。猫は環境の変化によって強いストレスを受けるため、里親に出すことが好ましくないこともあります。

また先述の通り、万一外で出産をしてしまった場合、野良猫となる命が続々と誕生してしまい、近隣住民へ迷惑をかけてしまうこともあれば、保健所へ連れて行かれてしまい、最悪の場合は殺処分となることもあり得ます。これについては絶対に避けたいことです。

当事者にならないためにも、脱走対策と併せて、避妊・去勢手術をしておくことが大切です。

事件・事故に巻き込まれる

近年、野良猫をターゲットとした虐待事件や、野良猫餌やり被害等、猟奇的な事件も多く発生しているのが事実です。

大切なペットが事件に巻き込まれることは、考えるだけでもぞっとします。

どのような対策が必要か

猫はジャンプ力があるため、中途半端な柵を作っても飛び越えたり、よじ登ることが簡単にできてしまいます。そのため、脱走対策用の扉を作ることが薦められています。
玄関付近に脱走防止扉を作ることで、玄関からの脱走を防ぐことができます。

洗濯物を干す時等、窓を開け放してしまったことが原因の脱走もあり得ます。
窓の開け閉めには十分注意することがもちろん大切ですが、ベランダや窓には脱走防止用のフェンスを設置することで、猫の脱走を防ぐことができます。

フェンス脱走防止扉やフェンスは、100均等で手に入る素材を使って作ることや、本格的なDIYで作ったり、その手法は様々です。インターネットで調べてみると、様々な情報が掲載されているので、一度どのようなものがあるのかを見てみるのもおすすめです。
簡単なものであれば、初心者の方でも意外と作れたりしますよ。

賃貸の場合

賃貸住宅では脱走防止扉やフェンスを設置することが難しい場合があります。また、不器用ゆえにDIYなんてできないと考えている方もいるのではないでしょうか。筆者自身、賃貸住宅に住み、不器用なのでDIYは苦手だと感じています。

このような時どうしたら良いのか、我が家を例に挙げてみます。

我が家はリビングと台所兼玄関をつなぐ扉が引き戸になっており、愛猫が自力で扉を開けリビングから出ようとしてしまうことに困っていました。
いろいろと試した結果、愛猫が苦手としている掃除機を扉のところを立てかけるようにしてみたところ、ピタリと脱走癖が治りました。

今では掃除機を立てかけていなくとも、脱走しようとさえしないようになったので助かっています。このようにして愛猫との脱走対策攻防戦は幕を閉じました。
脱走をしようとする場所に、猫が苦手とする何かを置くということも効果的かもしれません。

猫によって何が一番効果的であるのかは違いがあると思いますが、いろいろと試してみるのが良いと思います。意外なものが効果的かもしれません。

脱走対策にマイクロチップ

脱走を防止することが何より大切ですが、万が一実際に脱走してしまった時のことを考えてみましょう。

ペットとはぐれてしまった時、ペットにマイクロチップが装填されていると再会できる可能性が増えると言われています。マイクロチップは「外れない迷子札」とも言われ、ペットを探しやすくする一つの方法です。
名札を付けた猫
参考記事:マイクロチップを使うメリットとデメリット

我が家の愛猫は、まだマイクロチップを装填していません。しかし、脱走だけでなく、非常時のことを考え、マイクロチップの装填を検討しています。皆さんもぜひ検討してみてください。

おわりに

野良猫を保護し、家庭へ迎えた場合、猫は外の世界へ興味を持ちやすく、外へ出ようとしてしまう子が多いと言われています。実際、我が家の猫も元野良猫で、外を眺めることが多い子でした。

ある日、網戸が開いていて「あれ?」と思ったら外から帰ってきたことがありました。わたしが気付かないうちに、自力で網戸を開け、脱走していたようで、その後も何度か同じことがありました。

今は当時の家から引っ越し、その後は脱走をすることがなくなりましたが、今でも外への興味があるようなので、また脱走をしてしまうかもしれないため、脱走対策に努めなければならないと思っています。

ペットの脱走というのは一大事件です。愛犬、愛猫の姿が見当たらない、何日待っても帰ってこないというのは、とても悲しいことです。その上、虐待事件や事故に巻きこまれたりするようなことも「絶対にない」とは言い切れません。

事件や事故に巻き込まれないためにも、普段から脱走対策をきちんと行いましょう。皆さんのおうちでは脱走対策はされていますか?

ペット保険を探そう!
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加